ボストン市庁舎のネタバレレビュー・内容・結末

『ボストン市庁舎』に投稿されたネタバレ・内容・結末

ボストン行くので鑑賞。
マーティンウォルシュ市長が言う「市民のために働く市役所」とは何かを知れる。
日本の市政もオープンになれば良いなあと思いつつ、ボストン以外のCITY HALLには撮影断られたらしいので稀なベストケースなんだろうねー。
ボストン=茶会事件&ディパーテッドのイメージだったから、こんなに浄化されてるとは思わなかった…。
コロナ禍直前の行政の在り方の記録として最重要。

無料の上映企画があっても良いくらいだ。

海老焼きそばの麺が美味しそう。

それにしても撮影が上手い。
https://numagasa.hatenablog.com/entry/2022/02/11/211043
内容はよかったこと前提やけど、
監督は巨匠なのかしらんが、5時間この手法でひたすら映像を見せるのは、見る人の立場に立っていないと思ってしまった。
個別インタビューもなく、説明もなく、ただただ人々の会議や、討論の様子が流れるのみ。間に見せるボストンの街並みもすぐ終わるので途中から頭が痛くなり、離脱しようか真剣に考えた。途中3回寝ることでなんとか完走。いくら内容がよくても、見続けられるように工夫はしてほしいです、、

出てくる人全員が、自分の言葉で語っていたことにはとてもとても刺激を受けた。
こんな市長、日本に探して何人おるかな。明石市長ぐらい?
移民のルーツや、アルコール依存の経験、黒人差別の現場を見たこと、ひとつひとつがこの人を形作っていて、それを市民に伝えるから説得力がある。
市職員も地域の人たちも、相手を攻撃するのではなくはっきりとモノを言う。
そして話すとき、自分たちにとって、社会にとって良いように、が徹底されている。
そんなふうに意見を言っていいと、少なくともわたしは教わってこなかったなー..と思う。だからいま会社で自分の意見をはっきりと話すと毎回ものすごく疲れるし、わざとトーンを落としてしゃべることもある。相手に強すぎる印象を与えないために。
今日の映画ではだれもそんなことしてなかったよ笑

退役軍人の語りが一番力強く訴えるものがあった。
とにかく、自分の話をすること。それは癒しでもあるということは、
トラウマがなくても日々自分の意見をきちんと言って、それを聞いてもらえることにもつながると思った。自尊心が保たれる。

しかし、国のために頑張ってくれた、あなたたちのおかげで民主主義が保たれた、って市長がお礼を言うところは、うーん。傷を負った当事者の尊厳のため、そう伝える必要があるのはわかるけど、
ベトナムや朝鮮戦争へのアメリカの介入は民主主義を破壊したものだったでしょう。
そこは、アメリカの欺瞞やな...
274分間、非常に興味深い唯一無二の映画体験をさせてもらった。上映時間があっという間だったとも、274分が常に面白いとも、すべてが理解できたともいえないが、本作を「体感」できたことは非常に有意義な時間の使い方だったと思う。

一口にはとても語り切れない作品だったが、通底して「民主主義制度のめんどくささと尊さ」を描いていたと思う。マーティ・ウォルシュ氏はとても素晴らしいリーダーだが彼にすべてを任せていればいいかというとそうではない。ボストン市の職員一人一人、経営者、市民たちがそれぞれ自分で考え、自分と自分の周りの幸せのために何ができるのか、何が必要なのかを常に考え、実現するにもみんなが納得できる案を考えなければならないし、語って発信していかなければならない。

劇中見る限りでもボストンは数々の改革によって日本からしてみればうらやましい限りの先進的都市になってはいるが、けっしてそこに胡坐をかいてはいないし、まだ過渡期で数々の問題も残されている。そして、少なくとも映画を見る限りでは、誰もそれくらいの問題は残ってもしょうがないと切り捨てようとせず、解決に向けて前を向いている。274分という長さはそういった一人一人に求められる真摯さ、それが不可能ではないことを証明するために必要だったと思う。

場面も議題もたびたび変わるし、そのすべてを理解したり集中して聞けたかというとそうではないのだが、この社会を維持するためにはそういう興味を持ちづらい話題でも自分事としてとらえ、少しでもできることを考えないといけないのだと突き付けられた気がした。そういう理解できないことをめんどくさがって蓋をするからトランプ政権で多く見られた分断が起きてしまうのだ。そして分断は社会を弱体化させる。

理想論だけでなく厳しい現実も突き付けてくるが、無理だと思っていたことが実現できている場面も多々あるし、希望をもらえる作品だった。地球上で生きる誰もが無関係じゃない、究極の人間賛歌映画だ。
ナレーション一切なし。
テロップも必要最低限(施設や団体の名称程度)、状況説明する親切な演出もなく、ただひたすら市長の演説と市役所職員と市民の議論が延々続き、時折ボストンの街並みがインサートされる。

すごい退屈じゃね?とかって思ってると気づいたら見入ってて映画が終わってる。これがワイズマンマジック。

多少、演出されてる部分はあるのだろうけど、市民の悩み、それに真摯に応える市役所職員の姿は時間を忘れて見入ってしまう。

よく「お役所仕事」と揶揄されるが、現在において市役所の業務は広範すぎて、しかも担当が違うので半ば仕方のないこと。

そのことは冒頭で市長が「パイプ役がいなくて連携が取れていない」というセリフで説明している。

この作品の市長は演説がうまいので物凄い人と思われるが、日本の各行政だって裏ではどこも頑張ってるということを推して知れるのではないか。

まあ「鷹の目がなんか変」とか「違う市の市役所に連絡してくる」なんてほぼクレームみたいな電話毎日取ってれば職員だって嫌になってくるというもの笑笑

感動的な市長の演説ではなくそうした日常業務の一端をエンドロールにぶっ込んでくるあたり非常に良かった。
アジテーションならぬコミュニケーションとしての「話す力」は、即ち「聞く力」なのだ、そしてそれが対等な対話として、口論ならぬ議論として、「私達」の民主主義の根幹をなすのだ、という、至極真っ当な「主張」。撮影と編集という取捨選択を介して、映画は主張する。
「主人公」の演説で映画を締め括る、とてもアメリカ的な、と言うより、アメリカ映画的な映画に思えた。
そしてそれでいて、たとえばその市長の、飽くまで非カリスマ的な穏当な佇まいは、やはり終幕まで貫かれ、保たれる。それがまた、この映画の志向するアメリカ映画的な節度なのだろう、とも確かに思える。
ラストの警察による国家斉唱から市長の演説はかなりグッと来るものが有った。
解説は一切無く、会議の議論や演説がオムニバス形式で次々に繰り返される。日々の生活の裏に自治体の努力が有るのがよくわかり、改めて感謝しないといけないなと思った。日本の自治体ももっとオープンにすれば良いかも。
ただ、覚悟して臨んだがやっぱり長かった。全編通して集中するのはとても無理。シリーズものとして1話ずつじっくり見てみたい。
5時間、自分がそれぞれの話し合いに
一つ一つ参加しているような感覚になる映画だった。意見や希望をはっきりと伝える市民や、それを受け回答する側、その声をどう受け止めるかの姿勢に心が熱くなり、そして大勢の話し合いでは意見を言えない自分を反省したりもした。

ボストン市庁舎、羨ましいなぁと思いつつパンフレットを読んでいたら、なんと日本の市役所でもやっていると書いており、驚いた!そのくらい市役所の仕事が外に見えてないのだ。投票の時しか役所に行ってないので、これからは用事がなくても訪れてみて、中を見てみたり、掲示物を読んでみたいなと思った。

対話の大切さ、縦と横の連携、そして市民がどんな小さなことでも要望を伝えやすい環境。フードバンクも、日本ではボランティアや企業が行ってるイメージだったけど、市が自ら食料を与えるのは初めて見た。自分の区はどうだろうと調べたら、市民から食料を集めていることが分かった。

大麻ショップの出店とそのエリアに住む市民との話し合いは、凄かった。多様な人種と治安と貧困と、店側が「市から言われたからこの場を開いたんだ!」と逆ギレするとこや。
冬のホームレスシェルター問題も警察官が話し合いに参加してて、簡単に解決できない問題の難しさに私も悩んだ。
個々の場面で見ればいいとこたくさんあっても全体では着実にダメになってきていると再確認。こっちの問題もありそうだけど、市長に焦点当てすぎなせいで『ジャクソン・ハイツ』では気にならなかったリベラル左翼多様性押し路線に疲れてしまった。毎回スピーチで別の例え話持ってくるソツのなさとかスマートさがかえってきつかった。


若い退役軍人の銃とサインの話
強すぎゴミ収集車
子供産まれるタイミングだったから駐禁を見逃してもらう人→がんばって言い訳するがスルーされる巨体のおっさん
野望を熱く語る大麻売りたいアジア系軍団
道路に赤い粉まくとこ
>|

あなたにおすすめの記事