ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこその作品情報・感想・評価・動画配信

「ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ」に投稿された感想・評価

ニューヨーク、クイーンズ区ジャクソンハイツ。167の言語が話され、まさにアメリカの縮図ともいうべき多様な人種が住む街。
フレデリック・ワイズマンのいつものダイレクトスタイルの撮影。
ほんとうにただ街の様子を、カフェや集まりでおしゃべりしている人々を映しているだけ。しかし、それが面白い。
本当にひとつの街なの?と思うほど画面が転換するたびに装いや人種が変わっていく。
もちろん、そこには貧困やヘイトクライムの影がない訳ではないだろうが、おしなべて活気に溢れている。
巨匠の視線は静かだが、あたたかい。

コロンビア移民の人たちが街に繰り出しワールドカップを応援しているから撮影は2014年頃だろう。
今は昔、といった感じだが、その後のトランプ政権下で、この街の様子は変わってしまったのだろうか。
右傾化していく世界の潮流の中で、このタイミングでこの街の様子を捉えたワイズマンの意図とメッセージを思う。

映画のもうひとつのテーマはジェントフィリケーション。
ちょうど映画「インザハイツ」を想起させられたが、その波はマンハッタンからクイーンズまで拡がっているのだ。
この映画から5年経った今、この街の人々や風景も様変わりしているのだろうか……
神

神の感想・評価

4.0
自由の国とか多様性とか言うけども、何にせよ他所者は生きてくのが大変で個々の想いが入り混じった地区だった。
編み物婆さん集団とタクシー運転手養成講座のとこが好きで、数年前にみたにもかかわらず鮮明におぼえている。
まつこ

まつこの感想・評価

3.6
クイーンズの一画にあるジャクソンハイツの素顔。人種のるつぼだけあり、住んでいる人も、抱えている問題も様々。住居不足から地上げに耐えている店主、老いと寂しさの中で暇を持て余している富裕層、違法な手を使って国境を渡った人たちの言葉。ぶつ切りの中で見えてくるホンモノの日常。ただ眺めているだけたのに見えてくるアメリカの今。マーケットや公園の何気ない風景を挟んで落とし込んでくるのがさすがだねぇ。(精肉過程まで見ることになるとは!)ただ今回は町だったからか家で観るのは少し退屈でした。オヤツ休憩を取りながら完走。いつか日本もこんな風になっていくのかなぁと眺めていました。
ynyn

ynynの感想・評価

3.0
This is america!という感じ。。
ドキュメンタリーだけど多くの人物のショート・ミドルストーリーがどんどん出てきて、監督の提起したいテーマとか主題とかは明確にならない(これは他のドキュメンタリーと圧倒的に違うと思う)しかも超長い…!
ニューヨークというとブロードウェイとか人の多いあの通り?の映像が圧倒的に多い気がするけど、リアルなニューヨークはこっちに近い気がした

このレビューはネタバレを含みます

ニューヨーク、ジャクソンハイツ。

人種問題、LGBT、商店街の立ち退き問題、雇用問題、文字通り多種多様。

映し出される街並みはとにかく綺麗。しかしその向こうには、一口では言い表せない様々な問題がひしめいている。

一つのテーマに絞らず、複数のテーマが次々に展開する。それは「ジャクソンハイツ」そのものがテーマだから。

散漫な印象も受けなくはない。だけど、「生きている街並みのありのまま」を見ているようで非常に面白かった。
さうす

さうすの感想・評価

3.0

こういうのを観ると
いかに自分が世界の上澄みばかりを
見ているかが分かる。
昔のルールに固執する必要は無い
説明が不十分なら自ら知る努力をする
自分の考えを持つことの大切さ
だけど頑固じゃなく柔軟であること
誰もが納得いく世界にはならなくても
少しでも生きやすい世界になるように
一人一人が考えないといけない

428本目 WOWOWオンデマンド
okawara

okawaraの感想・評価

3.7
周縁都市に変わりつつある郊外を捉えた1本として、貴重な作品に思う。
その様は、建国以来、他人の土地を略奪しそれを守ることで歴史を紡いできたこの国の縮図に他ならない。

食用加工された鶏が、まるで交通機関や自家用車によって運ばれていくかのような画面連鎖に、ドキュメンタリーを飛躍する劇映画的作法を感じる。
じえり

じえりの感想・評価

3.0
ニューヨークジャクソンハイツ

多種多様
長尺ドキュメンタリー何回かに分けて鑑賞
コインランドリーの演奏
ひもで顔剃
ガラス製品と芸術的なタトゥー
町長の誕生日
鳥の解体
立ち退き問題

ボランティアの人に父の為に祈って下さいって普通にある事なんですか?


何処にも行けないから街並みを見るだけで楽しい
ニューヨークは無理だけど早く旅行したい
igoo

igooの感想・評価

2.7
『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』('15米仏)観た。クイーンズ地区にあるジャクソンハイツのラテン系アジア系ユダヤ系様々な人種宗教のアメリカ人、LGBTや街並みの変化(大型店舗の進出)の様子を3時間以上観せてくれるドキュメンタリー。
ニューヨークのジャクソンハイツに焦点を当てたドキュメンタリー。

色々な社会問題が出てきたが、なかでも国境を越える話が印象に残った。
>|

あなたにおすすめの記事