ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦1990年製作の映画)

Dragon Ball Z : Tree of Might

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.2

「ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦」に投稿された感想・評価

piro

piroの感想・評価

2.0
敵と悟空が似ている理由が意味不明。
作画はいいけど内容が酷すぎてこの評価です。
信長

信長の感想・評価

3.3
懐かしいすぎる
野沢雅子悟空、悟飯、ターレス役してんのいかれてやがる
最後敵の武器に頼ってるのおもろいな
ターレスめちゃくちゃ強いじゃないか!悟空と何か関係あるのかなと思ったら関係なかった。最後界王様の解説なかったら、よく分からないまま終わってた。
ドラゴンボール 劇場版6作目





悟空とソックリ?

自分に似た人は3人いるって言いますが、サイヤ人は顔のタイプが少ないという設定らしいです。
なんちゃらライダーやウルトラなんちゃらのニセシリーズ的なもんですかね😁
なんだかんだで熱い設定です!

ターレスの声はもちろん野沢雅子!ここに悟天やバーダックも登場させてもらいたいです笑!


今作の見所はターレスの他に、Z戦士が揃って戦っているのが最大のポイント!意外と珍現象なんです。チャオズは原作ではナッパ戦が引退試合でしたからね😞


界王拳はやっぱりカッコイイ‼️
時音優

時音優の感想・評価

3.4
悪党のターレスが悟空そっくり。
調べてみたけど、血縁ではなく完全な他人の設定だった。

そしてそのターレスの最後があっけなかったf(^^;小さい元気玉であっけなく死んで、でっかい木も爆発?してなくなった。

設定が突っ込みたくなるけど、まあいいか(f(^^;
jankro

jankroの感想・評価

3.5
戦うシーンはやっぱり迫力あるし
ワクワクするし男心をくすぐるいい作品だが
クリリンや界王神さまの説明台詞が邪魔
なんか鬱陶しいというか昔の映画って感じ
ターレスは名悪役なんだよなー!
ターレスが本編でも出てきてくれないかなー。
アロー

アローの感想・評価

3.4
ドラゴンボール制覇を目指して第一歩

ドラゴンボール映画第6作、悟空と瓜二つなサイヤ人
ターレスの出演作品

ヤムチャ天津飯餃子など、のちの作品で徐々に
影が薄くなってしまう(主に王子のせい)彼らの出番が多めな作品。
敵キャラの魅力などが良い作品のため、DB映画では
割と上位に入れたい作品である。

ネットを気ままにさすらって、好きな映画を鑑賞し、
上手い菓子を食い上手いドリンクに酔う…
こんな楽しい生活はないぜぇ
悟飯が可愛い!
悟空とドラム缶風呂で息止め対決したり、ハイヤードラゴンの世話して一緒に昼寝したり。

ヤムチャかわいそう!
栽培マンの時みたいなやられ方してた!

悟空以外のみんなよえー!

大猿悟飯が寝そべってハイヤードラゴン眺めてるのシュール!

バトルシーンはこの頃もカッコ良くて、
ターレスがピッコロの魔貫光殺砲止めての少しは効いたぜとか名シーン!

神精樹とんでもない!
スーパー元気玉であっさり解決!
最後のピッコロの魔貫光殺砲は何だよ!
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.7
ドラゴンボール映画シリーズ第6作目!

凶悪サイヤ人・ターレス襲来!
神精樹によって滅ぼされつつある地球を守る為に悟空たちが激戦を繰り広げる!

ドラゴンボールの映画シリーズの中で一番好きな作品!
世界が滅びゆく緊迫感あるストーリーと、一堂に集うZ戦士たちのバトルが胸熱!

1時間くらいの作品なので、2時間くらいの作品としてリメイクして欲しい!

悟空そっくりな顔をした、でも性格は正反対の凶悪なターレスがとても魅力的な作品です!
基本的に東映春の(夏の)まんがまつりの中の1本として上映されたものですから、時間も50分程度と特に子どもが集中していられる時間でおさめているのがいいですね
特にZになってからは顕著ですが、ストーリーラインはほぼ変わらず「Z戦士たちが楽しい日常を過ごしていると」「宇宙などから何者かがやってきて」「敵の幹部たちをやっつけて」「元気玉あるいはフルパワーでやっつける」「ふん!」
上記のストーリーラインはすでにテンプレのようなものだし文句を言っても仕方ないので、敵に魅力があるかどうかしか論ずるところがないんですよね

というわけで『Z』としての第3弾はターレス
サイヤ人の生き残りかつ悟空とうり二つという、成功するべくして登場してきた適役です
もうこれだけで勝利は約束されたようなものなのに。神聖樹なんていうチートアイテムを使ってるんですから面白いに決まってます
>|

似ている作品