ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空1991年製作の映画)

Dragon Ball Z : Lord Slug

製作国:

上映時間:50分

ジャンル:

3.0

「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」に投稿された感想・評価

朝になったらもしかしたら修正とか補正とかする.....かも.....

1991年のドラゴンボール。

この「((ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空))」を、オンデマンドにて見る前々に昨日 日曜日 映画館にて中田秀夫さんの映画 主演メインヒロイン 北川景子ちゃんの👗👗👡👡「スマホを落としただけなのに」を、映画館にて鑑賞済みとなりました。夕方時に鑑賞をしました。満席満席満席状態状態 だったでありました。老若男女問わず問わずお母さん同伴の子供づれも少量で チラホラとカップルさん達も見受けに見受けに見受けられました。感想???投稿???レビューはまた数日中には書きたいと思っております。北川景子ちゃんが今回凄かった.... ⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎ 2018年 (平成30年) 11月18日 日曜日 「スマホを落としただけなのに」鑑賞済み。あと..... ジェイソン・ブラムさん。監督: ダニエル・ゴールドハーパーさんの「カムガール」 cam を2018年 (平成30年) 11月16日 金曜日付けの夜の内に鑑賞済みとなりました。#Netflix。こちらのカムガールもまた近々にと近日中・数日中にはレビュー投稿をしたいとは思っております。本当は篠原涼子ちゃんの人魚の眠る家共迷ったんですけどね。

さてさてドラゴンボールにと戻りますが、「((ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空))」を、ビデオ・オン・デマンドにて鑑賞済みとなりました。スマホを落としただけなのにの後々に家に帰って来た後々オンデマンドで、見まして鑑賞済みとなりました。

監督は橋本光夫(みつおさん) アニメーションの監督・演出家をやっておられる方であります。最近で言いますとアニメ 妖怪アパートの幽雅な日常の監督さんをやりました。妖怪アパートの幽雅な日常 チョット見て見たんですが、......中々にと面白そう.....オープニング曲も好み #一色黎明(いっしきれいめい) #賄い #トンカツ白ご飯野菜付きセット

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空。、脚本は小山高生 (コヤマタカオ)さん。

原作は勿論あの鳥山明さん。

東映株式会社 (東宝)

言語 日本語

51分弱前後前後ぐらいであります.....

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空 簡単にカルゥゥゥゥゥィィィィ解説説明をした後々に一旦には幕引きにとさせて頂きます。😴😴😴zzzzz 今回のドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空 説明にとさせて頂きマスと孫悟空超絶絶絶絶にと絶体絶命のピンチにとなっちゃいます。ファッッット ゥゥゥゥ孫悟空も今度ばかりはヤベェェェェゾと諦めモード言わんばかりに......北の界王様も今回ばかりにはと...... 100%紺色に染まり切った悪....あの、フリーザー・ゴールデン・フリーザーや魔人ブー・伝説のスーパー最強戦士ブロリーさえも、もしかしたらひれ伏すかもしれないと....全面的に倒しちゃうかもしれない....尺モク イチモク一目瞭然な😴😴😴zzzzz敵が今回 ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空で登場にと値をします。それではまた描きますがこの辺で一旦には幕引きにとさせて頂きます。(^人^)歳

2018年 (平成30年) 11月19日 月曜日付け。
悟飯の口笛が今の年齢になっても忘れられない。

スラッグ自体はあまり印象深くはないが、やはりナメック星人を倒すときはつらぬけ波~~!なんだな。

この映画で一番好きなキャラはメダマッチャ。
ドラゴンボール世代ですが、映画はあまり興味なく見ていなかったので、動画サービスを通じて、少年が40を超えたおじさんに成長してからの初見です。

今のドラゴンボールは、年齢的に成長した大人も楽しめる作りになっているけれど、この頃は、子供向けの定例アニメ映画ですね。

制約された時間なので、悟空強がる、あっという間にやられて戦意喪失…の展開が早すぎて、強いやつと戦えてオラわくわくするぞ!的な悟空らしさがないのが残念。よくわからんパワーアップも、前触れなく突然過ぎて、大人になったボクには、突っ込みどころが多い作品でした。

エンディングの変な歌も昭和臭くてある意味貴重です。

スラッグには口から玉子産んで欲しかった。ポコペンポコペン。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

3.0
奇妙な惑星が地球に接近してきた。その首領はスラッグといい、征服しに来た。奇妙な黒い雲を出し、太陽の光を遮断する事によって、氷の世界と化してしまう、、、。

まだ超サイヤ人になりません。安定の界王拳です。前回と同じ様に地球が危機に陥ります。そしてハイヤードラゴンが引き続き登場。たしかに可愛らしいドラゴンで癒されます。モンストにいそう笑

前回は天津飯、チャオズ、ヤムチャいたのに今回は登場せず。人数の厚みはないですが、戦闘の盛り上がりは凄かったです。あの悟空の最初の余裕っぷりがいいですね。

ドラゴンボール悪用されすぎ問題です。
たむ

たむの感想・評価

2.3
Z編のこの辺りまでは、悟空(父親)が悟飯(息子)を守る、という台詞と展開が多く、子供たちと映画を見に来るお父様方を意識していたのでしょうか?
きっと子供はそんな事には気にも止めずスクリーンをみていたことでしょうが…。
ドラゴンボールのパターンに則った映画なので、特に大きな特徴のない作品です。
界王様が全て解説してくれるので、何も考えずに観られます。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.0
愛くるしい孫悟飯の口笛ダンスとタイトル詐欺が記憶に残る地球規模のバトルを描いた作品。悪のナメック星人スラッグも良いキャラだと思います。折角なので神様や初代ピッコロ大魔王との因縁があれば面白いような気もします。
悟飯のコミカルタイム→戦闘→一旦全員やられる→悟空の元気玉→勝利

パターン化してる
原作でベジータが「スーパーサイヤ人」発言してから悟空が実際にスーパーサイヤ人になる前にできた映画みたいなので、すごい中途半端なスーパーサイヤ人もどきみたいな悟空さが出てきます。

前作かませにすらなってなかったピッコロさんがなかなか活躍してて◎
ただ自分で自分の耳を引きちぎるところは幼少期に観て若干のトラウマシーンでした。

ボスキャラのスラッグの部下すごい好きだったんですよね(๑′ᴗ‵๑)メダマッチャとか見た目も名前もすごい良くて。
この頃は敵キャラもすごく魅力的だったなーとドラゴンボール超のキャラデザを見ると改めて思う😫
懐かしー!!小さい頃観たわ〜 なんかこういうのには点数つけにくいんだよね。ということでスコアなし
Toku

Tokuの感想・評価

-
子どもの頃に1000回くらい見た。おそらく一番見ているドラゴンボール映画。ダンスする悟飯がかわいい。殺されそうになる悟飯をピッコロさんが敵が発出する連続エネルギー波から庇うシーン、これを見ても飯Pとかいうのがまかり通っているのであれば、ドラゴンボールに対して不真面目な態度だと思う。
>|