ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空1991年製作の映画)

Dragon Ball Z : Lord Slug

製作国:

上映時間:50分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空」に投稿された感想・評価

kaz

kazの感想・評価

3.0
通勤鑑賞27作目。

今週は通勤で劇場版ドラゴンボールZを観ることに決めたので、ドラゴンボールZばっかり観る。

これも当時劇場で観た。
前作は全然覚えてなかったが、本作は、ピッコロが耳をブチーンするシーンだけ覚えていた。

スラッグは、実はナメック星人でした的な展開で2秒で気付くやろ、と思ったが、子供の頃、どう思ったのかは、覚えていない。

タイトルに「超サイヤ人だ」とか言っちゃってるが、金髪サイヤ人は出てこない。楽しいから良いけど。

この頃の悟空は、しきりにみんなから元気を分けてもらおうとする姿が印象的だ。

とりあえず、誰かオラに元気を、で大体のことは解決しちゃう。楽しいから良いけど。

星は3つ。

明日は金髪サイヤ人観ながら通勤になるだろう。


あと、界王様のスラッグについての丁寧な解説
超サイヤ人とタイトルについてるぐらいだから、超サイヤ人になってくれるもんだと期待したが、海王拳の延長みたいな状態で倒したので少し残念だった。あと、ご飯の口笛が耳障りだった。私もナメック星人なのかもしれない。
魔族が地球に襲来してくるお話

シリーズ7作目
「ピッコロ、おめぇの気持ちは無駄にしねぇ」
スラッグの声は屋良さん。
ナメック星人が聞く口笛の音が地球人にとって黒板をひっかく音のようなものと思えば非常に耐え難い…。
でもピッコロさん、耳をぶちぃ!しても穴が残ってるんだから口笛の音聞こえるんじゃ、、、と子供の頃から疑問に思ってるんだけどどうなのか。気合いなのか。
悟飯が口笛うますぎて笑う、ピッコロが耳ひきちぎるとこは衝撃やった、あとこれは超サイヤ人ではない
『え!ゴールド?』

悟空はスーパーサイヤ人になってるのかな?

金髪じゃないよ??

界王拳とスーパーサイヤ人を割って2みたいな。

ピッコロさんは、悟飯に優しい。

悟空とピッコロのミックスエネルギー爆発だ!!

でもね、界王神様。

スーパーナメック星人よりフリーザのほうがめちゃ強いと思うよ笑

元気玉。

元気こそ、この暗い社会に革命を起こす。

だから、おいら元気を大事にするね!!
ni3

ni3の感想・評価

2.9
悪のナメック星人。たしか超サイヤ人にはなってなかったような、、
みー

みーの感想・評価

5.0
子供の頃に映画館で観たのを思い出した。
ピッコロかっこよすぎ。
登場から戦闘までたぶん一番かっこよく描かれてる。
古さはたしかにあるけどそれでもここ最近のドラゴンボールには無い良さがある。
音楽の入り方も凄くいい!
味方キャラクターがまだそこまで強くないのもいい。
真世紀

真世紀の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

地球に突如、接近した惑星。スラッグ率いる魔族らが惑星自体をクルーザーに地球侵略を企てていたのであった。

惑星の軌道を変えるべく、かめはめ波を撃ち込む悟空、クリリンは重傷を負う。

魔族に住みやすい環境とすべく、地球は黒雲に覆われ、惑星から分離した宇宙船から降り立った雑兵に立ち向かう悟飯、珍しくチチ。スラッグはドラゴンボールの存在を知り、配下にドラゴンボール集めを命じて若さを取り戻す。

スラッグ配下のアンギラ、メダマッチャらはピッコロらに倒され、仙豆で体力を取り戻した悟空がスラッグと対峙する。スラッグは実はナメック星人の突然変異、神から分離したピッコロと異なる純粋悪の存在でスーパーナメック星人となり巨大化までしでかす始末。そんなスラッグ攻略の糸口はピッコロが明かすナメック星人の意外な弱点だった。

劇場版キャラ、悟飯になついてるハイヤードラゴンも連続出場。悟飯の口笛にあわせて踊って修行中のピッコロがイラッとするのが伏線だったりする(笑)。
Thomas

Thomasの感想・評価

3.3
ドラゴンボールという作品は、どこを切り取っても面白い傑作であることを再認識。
ナメック星人にそんな弱点があったとは。
>|