ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人の作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人1992年製作の映画)

Dragon Ball Z : Super Android 13!

製作国:

上映時間:45分

ジャンル:

3.2

「ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人」に投稿された感想・評価

kaz

kazの感想・評価

3.0
通勤鑑賞30作目。

今週も引き続き、劇場版ドラゴンボールZを。

これも当時、劇場で観た。
ずっと、これ観たかな?観た筈やけどな?と思いながら観ていたが、大ボスが青鬼になるシーンで思い出した。

本作は、とりあえずスーパーサイヤ人を使いたかったのだろう。その意図は成功しているが、ラストの闘いの決着の着き方が、雑。元気玉とサイヤ人でこんな感じでいいんじゃね?という制作側の意図を感じた。

星は3つ。3.3くらいか。
ただ、スーパーサイヤ人のトランクスは格好良い。


あと、ミスこの世で一番べっぴん世界大会
戦闘シーンも多くて好き。変身する前の13号がかっこ良かったが、その反面、バイト先のフリーターのヤリチンみたいに見えてしまって少し腹が立った。
後半、ピッコロのBGM、演出ともにフリの効いた壮大な登場シーンは、笑けます。
『3人』

ドラゴンボールにハマりはじめました。
今作は割と好きなストーリー。

個人的な解釈だけど、
サイボーグ?人造人間VSサイヤ人みたいな。

サイヤ人には、悟空とベジータとトランクス。
このメンバーが揃うだけでも、個人的のごっつぁんです。

ちなみに、クリリンはギャグ路線を担当な感じです。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
超サイヤ人が三人揃い踏み!
って、弱い人造人間だけど、トランクスもかっこ良く、面白い作品でした。

2019年69本目
3人の超サイヤ人&ピッコロ。
迫力ありますね。

この頃の悟飯はクリリンと同じ立ち位置なんですね。開花するのはセルゲーム以降ですか。

劇場版の亀仙人とウーロンの登場率、相当高いですね(笑)

デパートで山ほど買い物する孫家の収入源、気になります。
冒頭のショッピングモールのくだり好き。孫家の家族団欒。

ベジータの登場シーンが過去一ド派手。その分、噛ませっぷりも半端ない。ベジータ、ピッコロオチも最高。
ストーリー的にはシンプルでちょっと地味、バトルアトラクションとしては超一級!!
ベジータとピッコロの登場シーン、カッコいい!!(ベジータどんな登場の仕方やねん笑)にも関わらずやられっぷりがすごい、合体13号戦の2人の倒され方超痛そう。。
そして最後の謎の仲良しさんは?笑笑

三大超サイヤ人ですけど、上記のように個人的なMVPはベジータ,ピッコロなのです!2人を堪能したい方、おススメ❗️
(もちろん悟空も初登場のトランクスもカッコいいし悟飯&クリリンのコンビも微笑ましくていいよ)
2019-23
トランクスかっこよ!!!!ベジータかませ犬!!!トランクスかっこよ!!!!!!!!

て感じでした
さよ

さよの感想・評価

3.8
DB劇場版は悪役気になる順で鑑賞しているので、
そろそろ知らんキャラの作品に差し掛かってきた……とあんまり期待せず鑑賞したら、

こんなところで高得点な作品発見!(DB比)

バーゲンセール前の超サイヤ人大活躍!中〜終盤になるまで温存してくれるから尚更かっこいい〜!

今回のブロリー もそうだけど、出てくるキャラクターを最小限にした方が活躍シーンを分配できるしバランスいいのかもしれない!

悟空が元気玉を溜めてる最中に時間稼ぎをする他キャラの描写もしっかりあって胸アツ。

人造人間の無慈悲っぷりも良きでした。

カカロットは オレのものだァァァ!!
>|