ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!! ぶっちぎりの凄い奴の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!! ぶっちぎりの凄い奴1993年製作の映画)

Dragon Ball Z : Bojack Unbound

製作国:

上映時間:50分

ジャンル:

3.2

「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!! ぶっちぎりの凄い奴」に投稿された感想・評価

時音優

時音優の感想・評価

3.4
セル戦の時の少年ゴハンがめちゃカッコ良かったのを思い出す。

地球人サイヤ人の奇跡。少年ゴハン強しノД`)…
jankro

jankroの感想・評価

3.9
ボージャックつえーーーーって思ってたけど
あっという間にやられちゃうし実はそうでもない
ボージャック軍団は非常にいいキャラデザだよね!
結構ザンギャ好きなんだよなー!!!
子供の頃めっちゃハマっていた記憶がある

天下一武道大会もいい設定だし面白かった!
急に久しぶりに見たくなって鑑賞しました!初めて気づいたのだが、ボージャックの集団は5人で来ていたのですね。一番はじめにトランクスにやられた奴が出番が少なすぎて当時はまったく気付いてなかった。
それにしてもドラゴンボールは少年心は掻き立てるね。
アロー

アローの感想・評価

3.4
これが噂のイケメントランクスだ!

ベジータが不貞腐れてた時期のZ9作目。
ここら辺は悟空が死んでるから悟飯が主役になって
悟空がサポート役になるというね。
そしてZ戦士のだいたいはこの作品を最後、
しばらくの間劇場から姿を消すことになる。
その分、悟飯少年期最後の映画ってのもあって
ターレス以来のオールスター感がある作品。
あとss2の少年悟飯は究極にカッコいい、
山吹色の道着がよく似合ってる。
そして制作陣は悟飯が女性を殺す絵面は作りたくなかったんやろなぁ…。

もう二度と会うことはないだろうとか言ってた天津飯が普通に一緒に大会いるのはご愛嬌。
きりん

きりんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

天下一大武闘大会の出来事 セル戦後の話
セル戦で1番ずたずたになったのはベジータだよね もう闘わないってなってたけど悟飯とトランクスのピンチに来てくれた
ヤムチャと天津飯の久しぶりの登場 2人ともおかしいってなったらすぐ駆けつけてくれるの素敵
悟飯強いまじ 悟空の言葉ってまっすぐだし悟飯は素直だしすんなり受け入れて力にする ピッコロさん大事にしすぎてて忘れるけど悟飯にとって悟空ももちろん重要な存在ということを再確認
2人見てると他人のために怒ってそれを力にしちゃうほんとにすごいこと
怒りの超サイヤ人なのに2人は優しさも持ってる
ボージャックは4人の界王が封印したけど北の界王死んじゃったから復活銀河荒らしまわってた

ボージャック、ゴクア、ザンギャ、ビドー、ブージン
真世紀

真世紀の感想・評価

3.6
セルゲーム後の設定の劇場版。ミスター・サタンへの挑戦権と賞金1億ゼニー、さらには世界の温泉巡りを懸けて富豪のマネー親子開催の武道大会が開催。バトルロイヤルを勝ち抜いた八人が準決勝で四人に絞られた後、さらにサタンの弟子の四人の銀河戦士と対戦、一番早く勝ち抜いた者が優勝というルール。悟飯、トランクス、ピッコロ、天津飯、人類最強のクリリン、ヤムチャもノミネート。

バトルロイヤルを勝ち抜いたZ戦士間ではトランクス対天津飯、ピッコロ対クリリンの対戦が実現。いよいよ、勝ち進んだ四人が決勝へというタイミングでサタンの弟子たちと入れ替わった本作の敵、界王に封じられていたボージャック一味が登場。勝ち進んだ者たちに襲い掛かる。

何分、50分で慌ただしいバトル連続なれども、死人として悟飯を見守る立場を貫く悟空の姿や悟空の死後のベジータの様とか、毎度悟飯のピンチに姿表すピッコロとか、そしてサタンの動向とか色々と愉しく観る。
基本的に東映春の(夏の)まんがまつりの中の1本として上映されたものですから、時間も50分程度と特に子どもが集中していられる時間でおさめているのがいいですね
特にZになってからは顕著ですが、ストーリーラインはほぼ変わらず「Z戦士たちが楽しい日常を過ごしていると」「宇宙などから何者かがやってきて」「敵の幹部たちをやっつけて」「元気玉あるいはフルパワーでやっつける」「ふん!」
上記のストーリーラインはすでにテンプレのようなものだし文句を言っても仕方ないので、敵に魅力があるかどうかしか論ずるところがないんですよね

というわけで『Z』としての第9弾はボージャック一味
ぶっちゃけて言うと特にどころか全くといっていいほど魅力がありません
本編のセルゲームで悟空がセルとともに爆死をしたため、初めて悟飯が主役をはったのはいいものの、これではいたたまれません
今作では鳥山明氏がキャラクターデザインに協力したこともあり、ボージャックはシブかっこいいし、ザンギャはキレイかわいいです、ですが残念ながら焼け石に水でした
今さら天津飯が出てきたところで…ねえ?
keshibeeee

keshibeeeeの感想・評価

3.3
なんか自分の中でブウ編はオマケ感あるから人造人間・セルあたりが一番ドラゴンボールって感じがする。チチが悟飯を参加させるのにもうちょい納得いく理由が欲しかった。あとトランクスと天津飯の握手すき。
【★★★☆☆ 面白い】
ピッコロとベジータはどうしてああなんだろう。
「どすこい」は良かった。
この点数は映画全体的にではなく
悪魔でもドラゴンボール劇場版シリーズの中での点数です。あしからず。

12作目。Z時代というかいちおここで区切って旧Zとでも言おうか。次作から魔人ブウ編に入るのでとりあえずは劇場版もここで区切りと言った感じだとは思われます。本作は初めて劇場版とTVシリーズのパラレルが繋がった作品なのではないでしょうか?

時期は劇中の台詞でも所々オマージュしてきますが、セルを倒した後の出来事です。その為か悟空さは死んでしまっていますが、悟飯を中心に描かれている所やベジータの戦意喪失のたぐいがあるのも原作と繋げてくれてるのも嬉しいところ。そして未来トランクスが帰る間に起こった出来事ですね。しかし忙しい男だw トランクスw

作品全体としてはセルの死闘をオマージュした作風なのですが、ボージャック一味のキャラが魅力的なので最後まで飽きずには観れる。
けど、どうも天下一武道会みたいな設定がある為、なーんか緊張感に欠ける作品でもあるw

ギャグメインのふたり(クリリンとミスターサタン)出てたからどうしてもギャグちっくな感じになっちゃうのはしょうがないかw
しかもクリリンやられた後は後半ミスターサタンがギャグって見事にバトンタッチしてるだけに、やっぱり緊張感に欠けるなぁww

それでも見どころはしっかりとある。
トランクスと天津飯の珍しい戦いやら
ベジータのプチ休日、クリリンつるぴか伝説健在、ヤムチャはヤムチャしてる、サタンは相変わらずやら、そして悟空さがプチ登場し1発かますシーンなど。ざっくり言ったらこんな感じでしょうかw

でもやはり悟飯の覚醒シーン。
あれだけは本当にカッコいいと思う。
普段やさしい悟飯が残酷に敵を倒すのもギャップがあってそれがあるからまたカッコいいだなぁと思う。
そこら辺の感じはなんとなく時代劇に似ている剣を抜いたら実は強いみたいなさ

ところでボージャックについて語っていいかい?まず、各銀河を暴れてる海賊みたいなもんな集団だと思うんだが、超のチルドなんかと争っていたんかなと、勝手に妄想。
でも時代が違うかぁ、もしかしたらチルドの海賊が散らばって受け継がれたのがボージャック一味かもしれませんね。

あとたぶん彼等は全員変身できるのではないかなぁと勝手に思ってる。劇中ではゴクアとボージャックだけだが、きっと緑になる種族なんだとまた妄想してる。
それなる前に瞬殺されてしまった訳だけど、それほど悟飯が強すぎたて事にしとこう。

とろこで悟空トランプゲームできるのね!(笑)
>|

似ている作品