ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦1993年製作の映画)

Dragon Ball Z : Broly: The Legendary Super Saiyan

製作国:

上映時間:70分

ジャンル:

3.3

「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」に投稿された感想・評価

きりん

きりんの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

悟空のスーツから始まる 悟空結構かわいめずっと
悟飯の散髪後の超サイヤ人になれる時とトランクスの長髪の時の
ベジータってフリーザの時もそうだけどなんか絶対無理だ敵わないみたいなこと意外とゆう 現実すごいみてる人なのかな
ブロリーの普通のとき顔怖すぎた
ちいちゃい時弱くてもどっかの星に飛ばされるし強すぎたら脅威になるからって殺されちゃうのね ベジータ王やばいわ
ブロリーかわいそうな人だった ただ強すぎるだけなのに伝説の超サイヤ人 とにかく強すぎてまったく敵わない感じだった
お父さん一見いいひとと思ったらかすでブロリーが退治してくれたからすっきり ブロリーめちゃめちゃ被害者 でもカカロットの隣にいたのめっちゃ一瞬だったのによくわかった
あ悟飯とトランクスが一緒に魔閃光打つそれがとても感動

ブロリー、パラガス
ドラゴンボールファンなら一度は見てる作品、リメイク作品が出るほど現在でも熱狂的ファンがいるブロリー。

今じゃスーパーサイヤ人にも色んな種類があるけど、当時はあの独特の髪色だったり体格とか自我を制御できない設定とか見ても只者じゃない風格を出してたから脅威だったんよね。

だからリメイク版のブロリーは丸くなりすぎたかなーって。
なり

なりの感想・評価

3.5
この時のブロリーは強すぎる。

ベジータも言ってることとやってることが違うけれど、そこが良い。
やはりわしは旧ブロリーの方がすきじゃ
ところでこれベジータのIQ3くらいしかないよね
給食に出てたブロッコリーをブロリーと呼んでいた小学生のしょーもない記憶を思い出した
福ま

福まの感想・評価

3.3
ブロリーが無双するシーンの絶望感、かめはめ波まったくきかんやん
つばめ

つばめの感想・評価

3.7
ブロブロ動画の元ネタ。ドラゴンボール史上最強のZ戦士を観たい方は是非。
基本的に東映春の(夏の)まんがまつりの中の1本として上映されたものですから、時間も50分程度と特に子どもが集中していられる時間でおさめているのがいいですね
特にZになってからは顕著ですが、ストーリーラインはほぼ変わらず「Z戦士たちが楽しい日常を過ごしていると」「宇宙などから何者かがやってきて」「敵の幹部たちをやっつけて」「元気玉あるいはフルパワーでやっつける」「ふん!」
上記のストーリーラインはすでにテンプレのようなものだし文句を言っても仕方ないので、敵に魅力があるかどうかしか論ずるところがないんですよね

というわけで『Z』としての第8弾はブロリー
一瞬拳を合わせただけでベジータが戦意喪失してしまうほどの伝説のサイヤ人、公式に「正面からでは勝てない」「慢心したスキを突くしかない」なんて言われるくらいですからさすがに最強です
彼には取り巻きも幹部も部下もチームも必要なく、むしろそんなところに尺を使う必要なんてありません、だって最強ですから
強いてマイナスポイントをあげるとすれば、彼が最強すぎたため、戦闘シーンの大半を悟空の「ギャー!」という悲鳴が占めることです

このレビューはネタバレを含みます

この作品は自分が生まれた年のもの。
だから実際自分はドラゴンボールの世代ではないが、90年代のドラゴンボール映画は子供の頃みたきがする。

ドラゴンボール本編は全部観たことはなく、
なんとなく内容を知ってるくらいのレベルで観てました。
でも、この世界観は楽しめて
弱きを助け、悪を挫くドラゴンボールイズムは良いと思います。

ラストで悟空がパツイチでブロリーにぶちかますシーンには、うほってなりました。
あとベジータにはなにやってんだ!と終始思ってましたが、こいつの姿勢からも学べというメッセージですねきっと。
China

Chinaの感想・評価

-
ちっちゃい頃何度も見た唯一のドラゴンボールがこれだったような、、わからん。相手が強すぎて見る度夜眠れなかった。

半端なくムキムキの人たちが岩っぽい砂漠っぽいところで戦うやつなんだけど、、、なんのヒントにもならん
>|

似ている作品