ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやるの作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる1995年製作の映画)

上映日:1995年07月15日

製作国:

上映時間:52分

ジャンル:

3.3

「ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」に投稿された感想・評価

ht

htの感想・評価

4.1
ドラゴンボールの映画は短いけど
内容はしっかり詰まった映画です。

南の銀河のヒーロー、タピオンが出演
タピオンかっこいい!トランクスの声ってのがちょい残念なところあるけども。

龍拳炸裂!Z最後の映画にふさわしい終わり方かな!決めポーズがめっちゃカッコいいからドラゴンボール好きな人は見た方がいい!
neko

nekoの感想・評価

3.2
トランクスが可愛いしタピオンのオカリナの曲がめちゃくちゃ耳に残る
すばら

すばらの感想・評価

4.3
敵倒すシーンがとてもかっこいい、映画オリジナルキャラもかっこいい
タピオンの剣がトランクスに引き継がれるのは後付け感もあるが良き
劇場版旧ドラゴンボールZ最後の作品。
ドラゴンボール映画としてはまた風変わりな作品。
敵キャラも今までに無い感じで良い。
ぶい

ぶいの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

トランクスの剣というのは普通に矛盾だらけだし厳しいけどそこに目をつぶれば良い映画だった

タピオンというキャラが好きになれたしストーリーもそこそこ面白かった

ただ無理矢理作った感がすごい
トランクスの剣の秘密がここで解明
ベジータまじで存在感なさすぎて笑った
SS3の時の悟空をもっと見たかった感
soso

sosoの感想・評価

3.2
トランクスの剣の話(色々と無理がありすぎる)、龍拳の映画ですね。
カッコいいんだけど、龍拳ってなんだよと思わずにはいられません。落合政権期にナゴドに出没していた龍に似てたな。

悟天のお父さんが生きていて、悟飯には可愛いガールフレンドがいて、ベジータもすっかり甘くて良かった。タピオンとは対照的で平和。ほっこり。
トランクスの剣に焦点当てたのは良かった。
しかし持ち主の見た目ほぼ界王神じゃん笑笑
劇場版ドラゴンボール 第16作。

幻魔人ヒルデガーンと勇者タピオンのエピソードはデザインや雰囲気がDBっぽくはないのだが、妙にゲームっぽくて好きだったりする。
ジャネンバ第一形態を除けば、ドラゴンボールで巨大な魔物と最後まで交戦する事ってあまり無いような気がするので新鮮味がある。
ヒルデガーン自体に台詞や感情的なものが無いので、ドラクエのラスボスみたいな見た目の怪獣と戦う絵面が斬新に感じて印象深い作品。久しぶりに観たが、細部までしっかりと憶えていた。

オチはやや雑だし、タピオンソードも未来トランクスが所持している経路とするにはやや無理があるが、そこに突っ込むのは野暮ってもの。少年トランクスにも剣はしっかり似合っていたので、問題なし。

本作の見どころは、自宅破壊されて激おこしながらも一般人を守っただけでまるで役に立たなかったベジータと、やはり設定通りの強さが感じられないアルティメット悟飯の役立たずっぷり。

そしてなんといっても、ミニスカに見えるショートパンツ姿の私服ビーデルさん…!
これだけでも観る価値は大いにあるぞ…!!
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品