ドラゴンボールZの作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ1989年製作の映画)

Dragon Ball Z Dead Zone

製作国:

上映時間:40分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ」に投稿された感想・評価

Zの映画一作目でガーリックJr.回。サンショて。
如意棒を使った2対1の戦いは短いけど殺陣の軽やかさと空間・逆光の使い方が良いので一見の価値あり。人間よりはるかに大きな瓦礫がスキンヘッドに脳天直撃しても気絶で済むクリリンはやっぱり強い。悟飯のキャラソンも聞ける。

ドラえもんと同じく劇場版は貧乏ビスタで作ってたらしい。リマスターの時にスタンダードでやればいいのに……。どうしても窮屈に感じる。
Leon

Leonの感想・評価

3.5
劇場版は本編にはない展開やドラマがあると好ましいのだが、悟空とピッコロの共闘と悟飯の覚醒とラディッツ戦の再現のよう。チチが悟飯のために武術の構えをしたりと孫家の両親の一面が見られるのは珍しい。「摩訶不思議アドベンチャー」のアレンジしたBGMは熱い。
Z時代に突入しつつも、まだ無印時代の面影が強く残っているため、原作では殆ど見られない青年悟空の如意棒アクションが見られる。
ガーリックJr三人衆もいかにも妖怪変化という感じで、光線技より功夫主体のアクションが今見ると新鮮。
ht

htの感想・評価

3.5
ドラゴンボール映画作品4作目
ピッコロがまだ孫悟空に敵対心があるとき
悟飯も生まれて、番外編のガーリックJr.と対決する話。

普通にガーリックJr.強いな。
映画の敵ってだいたい悟空より強くて勝てない敵だけど、ミラクル起こりすぎて倒しちゃう笑
窮地に至った時のサイヤ人の成長ってやつが上手くドラゴンボールが成り立っているといっても過言ではない。
ドラゴンボールZといいつつも、悟飯がいること以外はドラゴンボール無印ピッコロ編の延長線上の作品。神様の因縁の相手が敵という発想は初期ならでは。

悟空と互角なライバルだったころのキャラをしているピッコロさんが今となっては懐かしい。
第4作

神に復讐するためDBで永遠の命を得たガーリックJr.と、悟空・ピッコロ・クリリンが戦う映画
Choco

Chocoの感想・評価

2.8
悟飯ちゃん誘拐事件!
牛魔王出てきた!敵キャラの1人がオネエっぽいの気になる!!笑
かすん

かすんの感想・評価

2.5
劇場版ドラゴンボール4作目。

ストーリーシンプルにもほどがあるでしょと言いたくなる。
敵との闘いも単純。如意棒使うのは久しぶりかなくらいのもの。
最後の締めは少し意外だった。
とし

としの感想・評価

3.2
劇場版ドラゴンボール4作目。
「Z」としては初。

悟空が大人になっている!
そして息子・悟飯の登場。

ガーリックJr.に悟飯をさらわれ、悟空が息子を救い出すというシンプルな展開。

ドラゴンボールをそろえ、「不死」を手に入れた敵をどう倒すのかと思ったらまあ、そうなるよね。
死ねないから永遠に苦しみ続けるのだろうか。それはそれで死ぬよりつらい場合もあるよね。

22-111
劇場版ドラゴンボールZ初作品。
「ピッコロ」呼びのイントネーションに違和感あるときがしばしば。
後々のことを思うとどうしても盛り上がりはイマイチ。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品