ドラゴンボールZの作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ1989年製作の映画)

Dragon Ball Z Dead Zone

製作国:

上映時間:40分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ」に投稿された感想・評価

ようやくこの作品からドラゴンボールの映画らしく戦闘シーンが増えていく。せっかく永遠の命を手に入れたのにデッドゾーンに入っちゃうなんて、墓穴掘りにもほどがある。
NAO141

NAO141の感想・評価

3.0
ガーリックJr.、いまさらながらに気づいたが、彼はドラゴンボールによって永遠の命を得た唯一の悪役だった!!
あのベジータもフリーザも叶えることが出来なかった永遠の命を手に入れたガーリックJr.だが、あのような悲惨な末路…永遠の命を手に入れてしまったが故の悲惨な地獄ともいえる…。
永遠の命とは本当に良いものなのだろうか…苦笑

青年になってからはほとんど使用していない如意棒で戦う悟空を観ることが出来る貴重な作品でもある。
ガーリック3人衆もなかなか個性があり面白いが、巨大化時になんであんな意味不明な掛け声を…苦笑
アロー

アローの感想・評価

3.0
生姜焼き!のど飴!うな重!

ドラゴンボールZ記念すべき一作目の映画。
なんだけど…ツッコミどころしかねぇなおい!
ドラゴンボール欲しがってるやつが神を殺そうとしてるのは笑うしかねぇな。
まぁ悟空とピッコロのラディッツもびっくりな共同戦線見れるとこは○。
ただ突っ込み始めると多分界王拳波に疲れる作品…
いやドラゴンボールの映画大半そうだったわ


勉強なんかしなくても 素敵な世界が見えちゃうよ
jankro

jankroの感想・評価

3.3
ドラゴンボールの劇場版の最初の頃は
やたらとミュージカルみたいなシーンが
必ずと言っていいほど入っていた
子供向けだったから仕方ないのだろうけど
ちょっと寒い演出なんだよね。。。

そしてガーリックJrは残念なくらい
呆気なくやられてしまうしガッカリだね。
虚無

虚無の感想・評価

-
冒険活劇的なのは前作までで、ここからはバトルものになっていくみたい。
敵のボスや三人衆もやってることはひどいけど、キャラ的になんだか憎めない感じ。
ね

ねの感想・評価

-
ガーリックJrわろた
なんか、元祖ドラゴンボールって感じがしてよかった笑

チチがまだいいやつ
基本的に東映春の(夏の)まんがまつりの中の1本として上映されたものですから、時間も50分程度と特に子どもが集中していられる時間でおさめているのがいいですね
特にZになってからは顕著ですが、ストーリーラインはほぼ変わらず「Z戦士たちが楽しい日常を過ごしていると」「宇宙などから何者かがやってきて」「敵の幹部たちをやっつけて」「元気玉あるいはフルパワーでやっつける」「ふん!」
上記のストーリーラインはすでにテンプレのようなものだし文句を言っても仕方ないので、敵に魅力があるかどうかしか論ずるところがないんですよね

というわけで『Z』としての第1弾はガーリックJr.
上映当時このキャラクターがなぜか好きで、後にテレビ版に逆上陸されたときはすごい嬉しかったです

点数は実質基準点みたいなものかな
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.2
劇場版ドラゴンボール第4作目!
神の座争奪戦に破れ神を逆恨みしていたガーリックの息子、ガーリックJr.と悟空・ピッコロが激突する!

戦闘シーンの作画がとても好き!
今のドラゴンボールとはまた違う、この頃のカンフーっぽさのある動きもすこぶるかっこよい!

導入部分のアングル等も正体不明の敵の怖さを演出するのにとても効果的で惹きつけられ、この時代のクリエイターのセンスに脱帽。

フリーザもベジータも叶わなかった永遠の命を手に入れたガーリックJr.が、なんだかんだ一番悲惨な末路を辿っているのは皮肉です。
きりん

きりんの感想・評価

3.9
極悪の顔したピッコロさんやっぱいいなあ
悟空もピッコロさんもかっこい
悟飯のとんでもない力は大人になった悟飯でももっと見たかった、
ショウガヤキーッ!ノドアメーッ!ウナジューッ!

ガーリックJr
魔凶星人 ジンジャー、ニッキー、サンショ
なかし

なかしの感想・評価

3.3
悟飯の最強のポテンシャルが初めて分かった作品。酔っぱらった悟飯可愛かったな

ピッコロと悟空が初めて共闘

これからあんなに戦闘力に差が出るとは夢にも思っていないだろう、、、
>|

似ている作品