ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦の作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦1990年製作の映画)

Dragon Ball Z : Tree of Might

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.2

「ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦」に投稿された感想・評価

filmr11

filmr11の感想・評価

2.0
そういえばターレスが何なのかよく知らなかったので観ました。

キルドライバー…笑
15年ローンで買ったんだ😇😇😇

ターレス慈悲深い😇
サイヤ人の王子よりもサイヤ人ぽい。
あの王子は自分のプライドとサイヤ人の誇りを混合している節があるけど、ターレスはサイヤ人の誇りで動いてるぽい。
サイヤ人修行しないし。実で強くなるのもいいんじゃない?
しかも割と頭脳派😇

でも実だけでフリーザに勝つのは厳しそう。
頭脳派のターレスさんなら、フリーザ第一形態の戦闘力を調べて戦いにいきそう。53万ならもうすぐ勝てるし。
でもあいつ3回変身できるから。せこい。
鑑賞回数:〜5
物語:★★★☆☆ 3.0
配役:★★★★☆ 4.0
演出:★★★☆☆ 3.5
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★★☆☆ 3.0

元祖悟空ブラック スーパー野沢大戦
映画ドラゴンボール6作目
当時は悟空と同じ顔の敵と、Z戦士も総登場で大好きだった作品
単純にターレスは台詞も技もカッコよく、強さも相まって敵として魅力的
ただ改めて観ると…ターレスがカカロット(悟空)を知っている理由の説明が一切なく、正直悟空と同じ顔にした意味をあまり感じなかった(やりたかっただけ?)
物語の展開にしても、悟空が敵を全員倒すのではなく、他のZ戦士が雑魚を倒すくらいの活躍があって欲しかったのが本音
新車の無念を晴らす活躍もなく15年ローンだけ背負わせるとは、スタッフはヤムチャに対して厳しすぎる様に思う
随所で見られる悟空の良い父親振りと、最後の全員でやるキャンプが楽しそうで良い
タケシ

タケシの感想・評価

2.9
【Netflixで日本語字幕付き鑑賞】

ピッコロ、、
なぜ劇場版だけは
活躍できないのが不思議w
かませ犬のパターンばかりw
短いのに話の筋は通ってるしキャラもわかるし喜怒哀楽いろんな感情が入り混じってる。
いい映画を見たって気になった。
あおい

あおいの感想・評価

3.2
オメェみてーに、ならなくてよかったよ…

悟空の色違い・ターレスと戦う話。悟空顔のやつは下級戦士みたいですね( ^ω^ )

◎ストーリー
悟飯たちがキャンプを楽しんでいる時、謎の襲撃者が現れる。悟空に似た顔のその男の名は、ターレス。地球に力の源となる実がなる種を植え、星のエネルギーを全て吸収しようと企む彼らに、地球に住むサイヤ人、悟空が挑む!

ターレスは、なかなか哀愁漂う敵ですなぁ。弱いから、必死に強くなる実食べて、力を得たというある意味頑張り屋さんな敵です( ^ω^ )現に悟空をかなり押してましたしね。

でも、結局は元気玉でジ・エンド。仕方ない、それがドラゴンボールや( ^ω^ )でも、一発耐えたの凄まじいと思う。これでターレスが超サイヤ人なってたりしたら、かなりヤバかったんじゃないかな?最後の散り方もなんか清々しい。サイヤ人へのせめてもの配慮か?ナッパとかいうハゲよりよっぽどましな死に方( ^ω^ )

ターレスの取り巻きは、レズン、ラカセイ、ダイーズ、カカオ、アモンド。もうどれがどれか分かりません。なぜなら、悟空に時短処理されたからです( ^ω^ )それでも天津飯とかクリリンよりかは強いみたいです。あの、グルドの出来損ないみたいな2人組だけ覚えてる( ^ω^ )

対する味方ですが、クリリン、天津飯、ピッコロ、ヤムチャ、悟飯、あとはハイヤードラゴン。ヤムチャの操気弾が見れたのはよかったが、空気を読んで退場。ピッコロは、劇場版やとヤムチャ並みに弱い( ^ω^ )やけど、ノーためで魔貫光殺砲してたね( ^ω^ )そして、悟飯は無駄に強い。

一応、自然破壊とかへの危惧もメッセージとして込められてそうな映画。

Amazon Video#344
「オラは本当にガキの頃、頭を打ってよかったと思ってるぞ!オメェのようにならずにすんだからな!このままオメェを帰すわけにはいかねぇ!」
あったけえ片手元気玉再び
顔が似てるのは下級戦士のタイプが少ないかららしい
宇宙海賊ターレス軍団
地球を吸い尽くす神精樹

劇場版てドラゴンボール乱用しすぎなんだね。まさかのオープニングで集めちゃったよ!

今回めっちゃ面白かった。
ナメック星に行く直前辺りかな?
yasu

yasuの感想・評価

5.0
劇場版6作目

前半の父と子のわちゃわちゃした感じが微笑ましくていい!冷酷なサイヤ人とのバトルは見てるだけで疲れたが…1人3役という大変な役回りだった野沢雅子さん、さすがです。

しかし意外と簡単に集められるドラゴンボールってのは…(¬_¬)
>|