ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦の作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦1990年製作の映画)

Dragon Ball Z : Tree of Might

製作国:

上映時間:60分

ジャンル:

3.2

「ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦」に投稿された感想・評価

ターレスがかっこよかった!悟空とは違う落ちついたクールボイス!そしてハイヤードラゴンかわいい
django

djangoの感想・評価

4.0
敵のかっこよさだけで魅せる映画。
ターレスのかっこよさ。
少ししか戦わないがインパクトはある。
使い捨ての下級戦士がドーピングでのしあがったという設定。
強さと残酷さと劣等感、更にサイヤ人の誇りまで併せ持つ、複雑で魅力的な人物。
神聖樹の実を食べ続ければ、いずれはフリーザすら超えたかもしれないと勝手に思っている。
安定の元気玉でさらば!

クウラの話と結構似ていて、悟空一行がキャンプしていたり、自然に対する想いが作品中から感じられる映画だった。
ターレスがかっちょいい。
悟空が割とお父さんしてるのも好き。
ターレスの仲間はレズンとラカセイしか覚えてない。みんな豆だった気がする
面白かった。サイヤ人まだ居るんだ!って驚いた。ターレスみたいに林檎かじって強くなる真似していた。
ragii

ragiiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

今回の敵は、悟空と瓜二つの顔をしたサイヤ人 ターレス!
色黒でサイヤ人の戦闘服を着ている以外は悟空と全く一緒!

声も悟空、悟飯と同じ野沢雅子さんww
本作では1人3役!!

これちょっとスゴイんで見所の1つ!


劇場版の映画の中でも好きな作品の1つだけど、何と言っても本作で注目なのは、敵役のターレス!!

いちいち残虐で、悟飯を大猿にして悟空を襲わしたり、倒れている悟空に向かって連続でエネルギー弾をぶちこんだり

まさに戦闘民族サイヤ人らしい残虐非道ぶり!!
同じサイヤ人のナッパ、ラディッツもビックリww

もう1つの見所は地球の戦士が活躍するところ!

後半の作品になればなるほど、強さのインフレが進んで、サイヤ人以外に(ぎりぎりピッコロさんぐらい)活躍の場が無くなるけど、
本作では、クリリン、天津飯、餃子(チャオズ)、ヤムチャの4人が主力として頑張ります。
特にヤムチャは本作が最後の活躍シーンだったんじゃないのかな?ww

ストーリーも比較的よくまとまっていて
短い時間で愉しめる作品!
Rin

Rinの感想・評価

3.5
弾けて混ざれ!のやつ。
野沢雅子の声は敵キャラにしたらダメだ。
ターレスが悟空と同様までの能力、身につけたら恐ろしいと思ってしまった。
何度でも思うのは元気玉は素敵。
ノッチ

ノッチの感想・評価

4.5
平和な一時を過ごす悟空であったが、サイヤ人の生き残りであるターレスが地球に攻めてきた。

ターレスの目的は星の生命すべてを絶滅させてしまう恐ろしい実がなる新精樹を植えるため。

これに気づいた悟空たちはターレス軍団と戦うことに。

ドラゴンボールZ劇場版第3弾。

今度の敵は悟空そっくりのサイヤ人。

兄弟でもないのに兄貴のラディッツよりそっくり。

ターレスは、悟空と同じくサイヤ人の下級戦士。

サイヤ人の下級戦士はタイプが少なく、それゆえにターレスと悟空は顔が酷似している。

同じ顔をしているということで、ターレス役の声も野沢雅子が担当。

悟空、悟飯、ターレスの三役を演じ分ける野沢さんの演技はまさに圧巻である。

「丁重にお断りする」、「砂漠と化してゆくこの星のど真ん中に、お前の墓を建ててやる」など、悪そうな台詞を演じる野沢さんの声が妙に魅力的。

悟空と同じ顔と声で、戦闘ジャケットを着ているという点では、悟空の父バーダックと設定がかぶっているように感じられるが、違いはある。

バーダックは性格は荒々しいが、悟空の父ということで仲間思い。

それと比べて、ターレスは「純粋悪な悟空」を体現化したキャラクターなのである。

バーダックの隠し子だという噂も・・・

下級戦士なことにコンプレックス持ってそうな台詞がイイ。

その割にはドーピングパワーでかなり強いし、ベジータのやる「弾けてまざれ!」まで使えてしまう有能っぷり。

ブラック悟空とも言うべき純粋悪のターレスがいいキャラすぎるのと、再生能力が無くても気円斬は防げるというシーンがあるのがいい。

【使い捨ての下級戦士】である事に強い劣等感を抱く男。

強さへの渇望は時に悲しく美しい。

それにしても、悟飯の戦闘力10000。

・・・ナッパよりはるかに強いのね。

ピッコロの戦闘力18000。

・・・ベジータと互角。

ちなみに、設定の都合上、ヤムチャ、天津飯、チャオズが生きている(原作、テレビ版双方、公開時期では死亡中)。

よって青年期の悟空、悟飯、クリリン、ヤムチャ、天津飯、チャオズ、ピッコロと、仲間達が勢揃いする貴重な一作です。
はに

はにの感想・評価

4.0
バーダックが好きだったw
非情な人間として描かれてるのに、家族に対する想いはあったんだなぁ