ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれないの作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない1994年製作の映画)

Dragon Ball Z : Broly Second Coming

製作国:

上映時間:50分

ジャンル:

3.3

「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」に投稿された感想・評価

django

djangoの感想・評価

4.0
優しいブロリーさんがみんなと遊んでくれる映画。
新作はブロリー。
なんて楽しみ。
ビーデルには手加減。紳士なブロリー。
呼ばれてもないのに勝手に願いを忖度して消える神龍(現れてもいない)。

敵の魅力で成り立っている映画。
登場人物の行動がこれまでの焼き増しでありながら、親子だから。
みたいな方向に持っていったのは良い。
悟飯がトップ張ってた僅かな期間でもあり、悟空よりも引き出しもなく、粘り弱いが小賢しい頭脳ファイトが印象に残った。
一方、ブロリーはただひたすらに接待プロレスをしていて、世界中で人気になるのも仕方ない名ヒールだった。

1番のニヤリポイントは、ブロリー相手に逃げ隠れするトランクス。
情けないこんな姿を見たら、父さん怒るだろうな…。
ベジータの黒歴史を見せてやりたいものだ。
スタッフの悪意を感じた。
Leon

Leonの感想・評価

2.7
ファンとしては親子かめはめ波見れるだけでだいぶハフーンてなる。
ぶろりーくんのクオリティが最高潮。
Rin

Rinの感想・評価

3.5
ストーカーになったブロリーの話。セリフは「カカロットぉ」のみ。こいつ気持ち悪いな…。とはいえちびっ子コンビが大活躍!悟空のパパモードがかっこよくて、親子三人のかめはめ波は胸熱です。
まさかの復活。
伝説のサイヤ人、強い!
しかも、ご天とカカロットを間違えての闘いだったかな?
それでもクライマックスの、かめはめ波は素敵過ぎる。
この

このの感想・評価

3.5
トラ天好きにはたまらない一品。セル画の時のDBは本当に好きだ。たまらん。
みら

みらの感想・評価

3.5
20年ぶりくらいに再見。孤独な男が死んだ幽霊を追って地球まで来て、圧倒的な力を持ちながらも、幻影に惑わされ、脚本通りに散っていくと思うと泣けてくる。開始早々から山内重保とわかるような作品。ラストはセル戦のセルフオマージュだが、あまりにもなご都合に殺されるブロリーに涙。
記録用
ブロリーって何回も出てきてたんだね。小学生の時なので、忘れてた。
TMK

TMKの感想・評価

3.8
親子三人かめはめ波が実現!

天国から助けに来てくれた悟空
神龍のおかげかマボロシか、、?
お父さんはやっぱり頼もしい

ピッコロさんに待ち受ける超展開に注目(笑)
POKO

POKOの感想・評価

3.8
親子かめはめ波が好きだぁ!!
悟空がものすごく頼もしく父親らしい✨
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.5
ブロリーが出てくるだけでテンションあがる。

それにしてもジャケットが良くできている。