ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだの作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ1994年製作の映画)

Dragon Ball Z : Bio-Broly

製作国:

上映時間:45分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」に投稿された感想・評価

天下一武道会でミスターサタンを賞金全額を条件に優勝させてあげた18号がミスターサタンから金を巻き上げようとするが、、、

まさかのブロリー、3戦目です。その名もバイオブロリー。あの面影はなく汚いドロドロで粘着質な、まさにしつこいよってとこです(笑)人気なのは分かるけどあんなブロリーを見たくはないんじゃ、、、。べつものです(笑)

悟天、トランクスに18号の3人がかり。いつもまたこれかよってクリリンは見せ場あり。悟空は最後にちょっとだけ。地獄で暴れてるブロリーを鎮めてくるって。そっちのが見てみたい気も。。。

ベジータやピッコロといった面々も今回は出番ゼロなのでパンチ力にはちょっと欠けるかなぁ。普段悟天とトランクスがそこまで画面に出て活躍ってことはあまりないので、あと18号も見るならいいかも!いいよー18号。
おでら

おでらの感想・評価

3.0
トランクスとゴテンかわゆい 大人の悟飯ちゃんはダサくてあんまり
ROCK

ROCKの感想・評価

3.3
ブロリー3回目。笑
当時もきっと人気だったんだろうなぁ。

もはや原型をとどめてなように見えるけど相変わらずチート級の強さだ〜
今回はクリリンがかませ犬じゃなく活躍してた!18号助けたところカッコよかったなぁ!
ブロリー三部作の第三弾。クローン技術が当時話題になったタイミングなのかな?DNAから蘇らせたブロリーがドロドロになって復活。通称バイオブロリー。さすがにブロリー擦ったな感があってあまり魅力を感じず。
クリリンの嫁18号の参戦にちょっとだけ上がる。
12月の劇場版に備えて3。

まぁナウシカの巨人兵と
同じ末路です。
何度目だ、ブロリー。(3回目)

劇場版は全てパラレルワールドの設定だが、原作の後日談を描いてるのは面白い。第25回天下一武道会でミスターサタンと18号が交わした約束から物語は始まる。

今作の見どころは、全編にわたって18号が登場していること。
18号が大活躍するのは、今作のみなので18号ファン必見である。
ただ、見どころはそこしかないため、あまり記憶には残らない作品でもある。

悟空、悟飯、ベジータ、ピッコロさんが登場しないのでチビたちで解決するしかないという少し寂しい映画。この4人がいないと、やっぱり盛り上がりに欠ける。悟空は、最後に少しだけ登場するが物足りない。

またもや、ブロリーが復活するがバイオブロリーという劇場版で一番魅力がない敵。最後のブロリーが、こんなんなら登場させない方が良かった。
オリジナルのバイオ戦士で良かったと思うんだけど・・・。
バイオブロリーの見た目が、まんま巨神兵だし、もののけ姫に出てくるドロドロみたいなのも出てくる。おまけに、このドロドロは水が弱点ときたもんだ。パクリじゃないのかと思ったが、こっちの方が公開が先なんですね。じゃあ、もののけ姫がパクったんだね。笑

最後に、悟空は地獄にいるブロリーを退治しに行くところで終わるが、次回作の舞台が地獄の伏線なのかなと思いました。
ドラゴンボールの劇場版は年2回公開してたので、もう企画なんかは出来てたはずだし・・・。

ということで早く次が観たくなる映画でした。
(要するにこの映画は観なくていいとも言える。)

次回予告「復活のフュージョン!!悟空とベジータ」
遂にゴジータ登場。
あんなキャラ、こんなキャラがたくさん登場するお祭り映画。
ジャネンバ、ジャネンバ~。
2,3回目。
ドラゴンボールの女性キャラクターの中で一番好きなのが18号さんの自分にとってはまさに俺得な作品です。18号さんホント可愛いわ~。欲を言えばクリリンとの絡みはもう少し増やしてほしかったかな。
悟空、悟飯がまったくと言っていいほど登場しない作品ってことで否定的な人が当時いたらしいが自分はこういうドラゴンボールもありだと思うけどなあ。
劇場版14作目。いつもの、ボコられてからの謎の逆転ではなく、戦い方を変えて勝つというところは良かった。
tu

tuの感想・評価

2.8
047_2018

【基礎】
★★★
【構成】
映…★★★
シ…★★★
設…★★★
役…★★★★
鑑賞回数:〜5
物語:★★★☆☆ 3.0
配役:★★★☆☆ 3.5
演出:★★★☆☆ 3.0
映像:★★★☆☆ 3.5
音楽:★★★☆☆ 3.5
再見:★★★☆☆ 3.0

ぶっ↑殺↓してやるゾ↑
映画ドラゴンボール14作目
悟空と悟飯不在の異色作
主役を担うトランクスと悟天のコンビに、18号とMr.サタンという珍しい組み合わせ
普段見られない展開に新鮮味はあるが、反面敵が酷すぎて萎える
腐ってやがる…早すぎたんだと言わんばかりのデロデロなブロリーに、手抜きにも程があるバイオ戦士は強敵と言うより最早妖怪であり、小さい子供には怖いのではないかと思う
敵が一応ブロリーという事もあり、強さを知ってるチビ達がいつもの能天気な感じではなく、珍しく本気で戦う点が見所
ラストに少しだけ登場する悟空に、界王から言い渡される依頼
いや、そっちの方が観たいんだけど と思った
>|