ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだの作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ1994年製作の映画)

Dragon Ball Z : Bio-Broly

製作国:

上映時間:45分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

3.2
ドラゴンボールZ大好きな息子と鑑賞。
シリーズ14作目で、Zでは11作目。

相手は、ブロリーの遺伝子を培養して作られたクローン
バイオブロリー。

悟空も悟飯も出ません。
悟天とトランクスがメイン。
18号、好きですね~!
piro

piroの感想・評価

2.9
サタンがいい味出してて、戦いも伝説の戦士ブロリーに悟天、トランクスとすごい組み合わせでワクワクしました。
ドラゴンボール 劇場版14作目





また?

いくら人気キャラとはいえ3度目は…
ドロドロだし……


今作も悟天とトランクスがメイン。そろそろ悟空が欲しいところです。
18号とクリリンの活躍も見所!
やはり守るべきものがある男はかっこいいよねクリリン!
ね

ねの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

こりゃーええね。
悟天と悟飯がお父さん無しで戦うよね。
本当に嬉しい。お父さん無しでも出来るんや!
jankro

jankroの感想・評価

3.6
ブロリー三部作の最後の作品!!
今回はバイオブロリーだから半分ウケ狙い
だけどやっぱりブロリーは強い!
ドラゴンボールの敵キャラ史上最強すぎ。
トランクスと悟天と18号とクリリンだけじゃ
やっぱり物足りない部分もあるよなー。
昔好きだったこと思い出して鑑賞
悟天とトランクスの共闘良い◎
あと、OPで爆上がり
きりん

きりんの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

18号とトランクスと悟天の組み合わせはよすぎる
久しぶりの天下一武道会のあとの話
ブロリーまじしぶとすぎるって
トランクスと悟天って意外とトランクスがちゃんとおにいするからいいよね 悟天いいとこで人助けに行きがちだった いい子だわまじ
トランクスの賢さと悟天の悟空みがまじいいコンビ このままいい子たちで行って欲しいけどなあGTは意外な成長だったかも
前の劇場版もそうだけどいいとこで来んのがクリリン 18号助けたときもおーってなった!
バイオブロリーが巨神兵すぎた感あった またカカロットーが聞きたかったなあ
地獄でも暴れるブロリー パイクーハンと悟空で行ってくるって! パイクーハンもっと今後も出てくると思ってたけどそんな出番ないめだったね

バイオブロリー
ジャガー・バッタ、メンメン、コリー博士、祈祷師
NAO141

NAO141の感想・評価

3.0
またまたブロリー復活!
しかし今回はドロドロな怪物に…笑
巨大化までしてしまって、もはやただの怪獣…笑

サタンがいろいろと笑わせてくれる!
サタン登場!走る!ジャンプ!着地する!…そこになぜかバナナの皮!…で、コケる笑
なんでそこに都合良くバナナの皮があるのか、、笑
子どもの頃はZ戦士が好きで「サタン?なんだこいつ…」と思っていたが、大人になるにつれ、サタンの人間性がとても好きになってきた笑
「威張っているのにセコい」
「形勢不利なら仮病で誤魔化す」
…ウケる(^o^)
どんどん格落ちするブロリー 3作目はドロドロしたきもいのになる
基本的に東映春の(夏の)まんがまつりの中の1本として上映されたものですから、時間も50分程度と特に子どもが集中していられる時間でおさめているのがいいですね
特にZになってからは顕著ですが、ストーリーラインはほぼ変わらず「Z戦士たちが楽しい日常を過ごしていると」「宇宙などから何者かがやってきて」「敵の幹部たちをやっつけて」「元気玉あるいはフルパワーでやっつける」「ふん!」
上記のストーリーラインはすでにテンプレのようなものだし文句を言っても仕方ないので、敵に魅力があるかどうかしか論ずるところがないんですよね

というわけで『Z』としての第11弾はバイオブロリー
バイオブロリーがブロリーと見ていいかどうかはともかくとして、今回は18号回です
最初から最後までずーーーーーーーーーーっと!18号が出てくる!神!
それに比べたら、あんな女神転生版のスライムみたいなやつはどうでもいいってもんです、だって美しくないですし
だからこそ18号の美しさが際立つこの作品こそドラゴンボール史上ナンバーワンといっていいでしょう
>|

似ている作品