ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだの作品情報・感想・評価

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ1994年製作の映画)

Dragon Ball Z : Bio-Broly

製作国:

上映時間:45分

ジャンル:

3.1

「ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ」に投稿された感想・評価

うんこみたいな作品。バイオブロリーもうんこみたいだったが、ストーリーもうんこだった。ブロリーが人気だったから無理やり作った感が否めなかった。これといった戦闘シーンもなく、ブロリーの象徴である圧倒的強さもあまり感じられなかった。無理してブロリー映画を作らなくてもよかったんじゃないかと、感じてしまう作品だった。
18号推しなので、18号が結構出てるの嬉しかった。話も普通に面白い
『18号』

ブロリーの血液から、バイオテクノロジーによって誕生した。

その名もバイオブロリー。

サタンの親戚が、お金とテクノロジーのチカラによってバイオブロリーを生み出した。

そのバイオブロリーと闘うことになった、18号と悟天とトランクス。

18号。
今回大活躍です!

がんばれ!!18号!!
オル

オルの感想・評価

3.0
登場キャラクターに注目。

本アプリのキャスト欄には野沢雅子と田中真弓しか記載されていないがそんなことはない。

だけど、情報はこれだけでいいかもしれない。

中々、面白い試みだったし印象に残るという意味では成功。

ドラゴンボールらしくはないが劇場版はこうでなくては。

主役は誰だ!敵は誰だ!
これはパッケージでわかるけど、それ以外は黙ってみるべし。

これはいいものだ。
ようやくブロリー3部作を制覇し、どんだけ楽しませてくれるのかと思いきやまさかの1作目が一番マシっだったってのに驚きました。今回のブロリーはブロリーではなく腐ってる方の巨神兵でしかないのでブロリー要素はもはやゼロ。なんかドロドロした強力な粘液に落として片付けようとするそれ前回も見たし。
メインの戦闘キャラも引き続き弱い。悟空亡きあと主役を張れるのはベジータくらいしかいないのでベジータに演らせれば良かったのに。
ドラゴンボールZブロリー3作品目。
無理矢理作った感が凄まじく、ブロリーも1、2作品目の圧倒的強さも無く、そこそこの敵扱いで戦闘に大した山場も無く終わる。個人的にはブロリー3作品で1番の駄作。
U3

U3の感想・評価

3.4
ドラゴンボール劇場版がブロリーという事で
ブロリー関係の映画を見てみました

サタン
クリリン
18号
悟天
トランクスが
メインの映画です

このメンバーがメインって
とっても珍しいのでは?


天下一武道館でサタンに勝たせてあげた
18号が、サタンに賞金を貰いに行く所から
始まります

サタンに恨みを持った
サタンの幼馴染が、
サタンをやっつけるために
バイオ生物を育て、

死んだはずのブロリーの血から
バイオ生物として、ブロリーがいて
暴走したブロリーと戦うストーリーです



ブロリーの面影0の
風の谷のナウシカに最後に出てくる
ドロドロの巨神兵と
戦っている映像ですね"笑


風の谷のナウシカと同じような
セリフもありました


女性を助ける時のクリリン
嫁いるよー笑


最後はもしかして??
と思ったら思った通りでした(*^^*)


劇場版ドラゴンボール
懐かしさもあり、
思ってる以上に好きかも

色んな記憶が曖昧なので
ドラゴンボール見直したくなりました

2019年55本目
劇場版登場回数3作目にして、ブロリーがついにバイオ化…。

天下一舞闘会で18号がサタンに負けた後の話なのに、魔神ブウどこいった?という突っ込みは野暮。
子供の頃に観た映画ドラゴンボールシリーズでもこれは何回も観たわけじゃないから序盤とかあまり覚えてなかった!
悟天とトランクスたちじゃブロリーを力で倒せないけから頭を使うのが珍しい!
さすがブルマの息子!
さよ

さよの感想・評価

3.4
悟天トランクス18号クリリンサタンがメイン。

どのキャラも秒殺されなかったし、何よりも18号が活躍してくれて嬉しい〜!
いまんとこクリリン皆勤賞なのにかっこいい〜!と思ったのは今作が始めて!笑 あまりスポットが当てられない2人の活躍が見れて満足。

悟天トランクスがメイントドメ役になったのも良かったし、EDの映像にほっこりした!影山さんのDB主題歌どれも最高すぎんかね。

ブ、、、ブロリー?誰?
>|