アリサカの作品情報・感想・評価・動画配信

「アリサカ」に投稿された感想・評価

バターン死の行進で知られる場所が舞台
そこでの人々の暮らしや風景を観るのノスタルジックになる

後半のタランティーノを彷彿とさせるような展開が良き。
静かな展開と対比されるように、後半では盛り上がるようになってる

ラストのショットシーンを見るための作品と言っても過言じゃない笑
カツマ

カツマの感想・評価

3.8
鎮魂歌が鳴っている。鎮まることなき心を癒すかのように、哀しみの記憶は叫びのごとく銃弾となる。永遠のように苛烈な歩み、それは死を待つだけの非業の極み。虐殺の歴史が一人の女性に乗り移り、そして、メタファーは悲劇の上積みを象徴させる。殺されるだけでは終われない。その地に眠る魂はソッと彼女の背中を押していた。

2021年東京国際映画祭のコンペティション部門に選出された作品が、早くもNetflixから配信スタート。フィリピンで奇抜な作品を撮り続けてきたミカイル・レッドがメガホンを取り、第二次世界大戦中のフィリピンが日本軍から被った悲劇と恐怖をメタファーとして扱った作品となっている。表面上は女性警官が汚職警官から逃亡するという現代劇でもあり、やるかやられるかの決死の攻防がアクションスリラーとしての側面も持つ。一人逃げ続ける彼女に果たして生き残るという未来はあるのか、キーになっていたのは謎めいたタイトルでもあった。

〜あらすじ〜

警官のマリアーノは上司たちと共に、車内で副市長の警護任務に就いていた。その道はかつて日本兵が捕虜たちに100キロの行軍を死ぬまで歩かせた、という虐殺行為から『死の行軍』と呼ばれており、それは上司の口からも世間話のような気安さで説明された。
だが、そんな安寧とした行軍も長くは続かない。マリアーノたちは突然何者かの襲撃を受け、次々と警官たちは銃撃の餌食となった。標的が自分と察した副市長は刑務所内の不正の証拠をマリアーノに託し、そして、自身も銃弾の前に倒れた。
ほどなくして襲撃者たちは去った。命からがら生き延びたマリアーノは、不正リストの名前を反芻し、撃たれた傷痕を塞ぐことに全神経を集中させる。そこへ現れる追手の魔手。マリアーノは応戦しながらも逃走、崖を滑り落ち、何とか一名を取り留めるも、今度は組織のボスと思しき男の執拗な追跡に合い・・。

〜見どころと感想〜

シンプルに表すと、前半は女性警官が不正を働く同僚たちに追われ、後半、逆襲に転じていくという物語である。だが、その裏に隠されているのは第二次世界大戦時に日本兵から受けた虐殺行為を示唆しており、物語、場所、設定、タイトルなど様々なメタファーとして登場している。それは例えばナチスドイツの愚行が未だに映画化されるのと同様、かつて日本が犯した愚かな行為の記録であり、絶対に風化してはならない事実であろう。

主演のマハ・サルバドールはボロボロになりながらも決死の反撃を見せるという壮絶な役柄ながら、同時に美しく芯の強さをも感じさせてくれる。対するボスのソニー役のモン・コンフィアードは『GOYO 若き将軍』などフィリピン国内のヒット作品にも出演しており、恐らく今作では一番のビッグネームなのだと思う。他には部族の役として登場する子役の演技が素晴らしかったりと、思いもよらぬ発見も。主人公を助ける少女が今作のキーとなるだけに、その演技力が大いに活かされていたように感じた。

アリサカとは第二次世界大戦でも使用された有坂銃のことを指す。少し分かりづらい向きもあるが、今作は徹底してメタファーを散りばめることに注力しており、描き方によってはもっと素晴らしい作品になった可能性もあっただろう。だが、何者にも代えがたいのはこの不思議な余韻。主人公が歩く道は果たしてどこに通じているのか。死の行軍の看板は倒れることなく、その場所で悲劇の跡を刻み続けるのである。

〜あとがき〜

昨年の東京国際映画祭でも観るか観ないかの当落線上にあった本作が、早くもNetflixで観れるのは本当にありがたかったです。かつての日本軍の横暴と、『死の行軍』という事実の惨たらしさをこの映画で知ることができて良かったと思っています。

作品としてはやや粗い作りではありますが、逃走スリラーとしてシンプルに楽しむことも可能。主役のマハ・サルバドールもハマっていて、95分という尺がピッタリの作品でしたね。
なんも歴史的背景とか知らんでみたから
特になんの感想もない!w
Ryo

Ryoの感想・評価

3.9
東京国際映画祭で見逃した作品がNetflixで配信されてた!

フィリピン映画。汚職警察官と戦う女性警察官の奮闘。冒頭の不意打ちな展開からぐっと引き込まれて伏線回収していくのが面白かった。歴史を知らないと完全に置いてかれる。タイトルは日本のアリサカ銃のこと。日本のフィリピン領がアメリカの支配下になった時、日本兵がフィリピンの捕虜を徒歩で移送した時の話がキーになっている。原住民の女の子上手いなあ。
犬に追われる所までは良かったけど、その後が酷い
追跡者が間抜け
せっかく森に逃げ込んで現地人に助けられるんだから森を活かして戦うとかにしないと設定の意味がない
日本兵の武器を手に入れて狙撃してるのに最終的に近付く意味が分からん
弾無くなってとか銃が壊れたとかじゃないと
そもそも銃錆びない?
あと証拠壊れて記憶だけで、どうにかしようとしてるけど無理ない?
フィリピンの歴史を折り込みつつ…
今、発生している犯罪。

悪い奴等に追われる女性警官。

逃げる途中、沢山の蝶に囲まれて綺麗!(フィリピンの自然なのか?)
でも、それだけ多くの幼虫がその辺にいると想像して気持ち悪かった。
666

666の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

本作のような雰囲気の映画があんまり好みじゃないってこともあるけど、普通につまらなかった。

最初の襲撃の件までは良かったけど、それ以降は特に盛り上がるところも無く終わった。

敵がすごいのんびりしてるせいで、事態のヤバさが伝わらない。
主人公が既に逃げてるっていう可能性も十分あるのに、川辺にテントとか作って休憩してて、何してるの?って感じ。
よくわからなかったんだけど
ボスグループは侵略してきた日本とかアメリカを指しているのか?
ひろ

ひろの感想・評価

2.8
タイトルが気になった&フィリピン映画?!って事で見てみました!

“アリサカ”の意味を知ってから見た方が少し加点出来るかな?と意味を知らずに見た人の感想。
いざレビューをと他の方はどんな感じかな?とさらっと見たらアリサカの由来が書かれてて「あーなるほど!」ってなりました。
主人公はマリアーノって呼ばれてるし原住民の子どもの名前なのか?一体何がアリサカなのよ!と気になったのが解決してスッキリw

とは言え結構ご都合の良いお話でしたね。
ww2の頃の銃がノーメンテで使えるもんかね?
マリアーノの生命力と言うか治癒力も凄まじすぎる!アドレナリンだなんだと言い訳も出来るけどさすがに一晩経っても出血しててよく生きてられたな〜

まーでも見慣れないフィリピン映画でフィリピンの言葉で新鮮な気分でした。

このレビューはネタバレを含みます

ミカイル・レッドの最新作。

デビューから3作目までは、好きな作風、題材ということもあり、かなり観応えがあったが、その後は何の事情があったのやらポンコツホラーを撮り出し失望した。

本作は2〜3作目からの流れとも言えるもので、フィリピンの暗部である警察腐敗を土台にし、それに先住民族や彼らが住む森の過去を絡め構成している。

細部の詰めは甘く、ヤマ場のラスボス戦はかなり陳腐だった。
証人の関係した汚職事件だかも全くノータッチだし、先住民族の土地を巡る悲しい歴史も表層的にしか扱わない。

この辺り、ブリランテ・メンドーサとは格が違うのは否めない。

ただ、ホラーの商業駄作でかけがえのない才能が消え去ったと諦めていたところで、原点回帰的な本作を撮ったことは明らかに吉報だった。

商売上の絡みがあるのかも知れないが、次作も社会問題と生々しい暴力を組み合わせたフィリピンらしい世界を見せて欲しい。

あなたにおすすめの記事