ココ・シャネルの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「ココ・シャネル」に投稿された感想・評価

Sayaka

Sayakaの感想・評価

2.7
シャネルの強烈さが伝わりづらい。彼女はセンスがいいという描写はところどころあったのでそれはわかった。でもやっぱり強さが足りない。山口路子さんのココシャネルの本を先に読んでいたからかもしれない。晩年のシャネルを演じていた女優の安定した構えはそれらしかった。
古い価値観にとらわれない女性像を創造したココ・シャネルが帽子店を開くまでの経緯を映画にしたものということかな。ファッションに詳しくない私にはなんとも言い難いが、彼女という人間についても、今ひとつ理解が深まらなかった。彼女の人物像を詳しく書いた本でも読んでから観たらまた違ったのかもしれない。
yukico

yukicoの感想・評価

4.0
シャネルという女性がより好きになりました。シャネルの香水が欲しいです。
な

なの感想・評価

2.5
女性として強く生きたシャネルの姿が
描かれている。
穏やかに話が進む感じ。
庭に穴を掘りたい人

A「どこを何で掘ればいいの??」

B 「ココ・シャベル」
TK

TKの感想・評価

2.5
ファッションデザイナーとしてのシャネルというより、一人の女性としてのシャネルが、ストーリーのメイン。
長い割にはシャネルのクリエイション内容が少ない。時系列的に大半が帽子屋。
しかし登場人物の装いや街並み、部屋の内装などは好きな部類だった。こちらの観点では何度も見たい。
shio

shioの感想・評価

4.5
シャネルの生き方がかっこよすぎる♡
真の強さってこういうものかなって教えてくれる。
学生時代に見たけど、感動したのを覚えてる。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

2.7
シャーリー・マクレーン主演のココ・シャネル。ココ・アヴァン・シャネルと違うのね。
って映画観終わってから気づいた笑

彼女は強い。
その彼女の生き様がビシビシと伝わってくるような映画だった。

現代の彼女(といっても生前の)と若い頃の彼女が回想するように交互に出てきて、どちらともが諦めない・信念の強い彼女がマクロな「人生」とミクロな「コレクション」で同時に描かれている。(その映像が切り替わる時の古めかしいビデオ映像みたいな効果は必要だったんだろうか?)
そして内容は伝記のみたいなもんなんだけど、結構その恋愛に焦点を当てた感じ。

激しい愛の劇的な終わり、そして濃密な人生。

男でも憧れるような女性です。
metamegane

metameganeの感想・評価

2.9
後生ナチスに傾倒するココ・シャネルの危うさを暗示的に描いているが、そこまでが冗長かつ物足りない。
yumi

yumiの感想・評価

3.5
私が思っていたブランドイメージとは逆のシンプルで動きやすい女性の服がシャネルのファーストコンセプトだったとは驚きました。