沖田総司の作品情報・感想・評価・動画配信

『沖田総司』に投稿された感想・評価

スタンスとしては東映の『幕末残酷物語』に近く、どん詰まりの暴力組織としての新選組が描かれる。

特長は、やたらとリンチ・拷問・ゴア描写に力が入っていること。
チャンバラシーンも首や血が飛びまくりだが…

>>続きを読む
ShoM

ShoMの感想・評価

-
平目顔でも薄命の美剣士でも、悪戯っ子でもない草刈正雄の沖田総司が良い。

自分が行った拷問に自分で吐いてしまう土方歳三や、調子に乗っている近藤勇など、他の新撰組映画よりキャラクター造形が独特。
さかい

さかいの感想・評価

4.0

若い草刈正雄、ちょっと阿部寛に似てるとか思った。ヒラメ顔どころかむしろ濃い顔族
背も明らかに他よりでかい。
『燃えよ剣』(2020)の土方と並んだら頭1つぐらい違いそうである。
そして当時二十代の西…

>>続きを読む

隊を美化するどころかほとんどおちょくっているような演出が良い。BL臭さも若干控えめで良い。土方拷問のゴア、調子こいてくる近藤、まあとにかく草刈正雄です。濡れ仔犬キャラからシリアスへ。下駄と足。ラスト…

>>続きを読む
csm

csmの感想・評価

4.5

なで肩の美しい稜線から連なる逞しい首筋にスッと乗る小さな顔、草刈正雄の石膏像が欲しい。そんな正雄のあの呻き声から始まるので神代以前でもこの演技だったのかと物凄くハッとする。ズンドコピヤピヤした真鍋サ…

>>続きを読む
nagashing

nagashingの感想・評価

3.0

微妙にニューシネマっぽくて新鮮。『明日に向かって撃て』のパロディもあり。劇伴も時代劇のそれじゃない。近藤・土方・沖田の(おもにフィクションで潤色されてきた)関係性といい、切実で刹那的な「侍ごっこ」が…

>>続きを読む
Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.7

まるで、
アメリカンニューシネマの様だった。
例えば、
明日に向かって撃て、の様な。

実際、明日に向かって撃てをリスペクトしたであろうシーンも見受けられたし、

古さを感じなかったのはそんな作風に…

>>続きを読む

初っ端から野を駆けながら絶叫する草刈正雄に引き込まれる。
しかし、1時間半で沖田の生涯を描いているため、少し駆け足気味には感じた。

土方の古高俊太郎に対する過度な拷問に皆が呆れ果てて立ち去る中、沖…

>>続きを読む
hrt2308

hrt2308の感想・評価

-

以前観た気でいたが今日観てまったく覚えてなかった。ひょっとしたら初見かも。

映画デビュー間もない草刈正雄売り出しのための作品。
草刈のイメージを生かした新しい沖田像を前面に押しだしている。
脇を支…

>>続きを読む
Jim子

Jim子の感想・評価

3.0

乙女が1度はハマる新撰組。その中でも絶大な人気を誇るであろう沖田総司ですが、いくつか見た新撰組モノの映画の中でもかなりヴィジュアルに訴える得る沖田総司だったかと!!!若かりし草刈正雄は正に美男子です…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事