竜馬を斬った男の作品情報・感想・評価

「竜馬を斬った男」に投稿された感想・評価

佐々木只三郎という人物について殆ど知らないのだが、この映画を観る限り殆どショーケン。
どしゃ降りの中で暗殺を遂げ、顔を上げてカーっと雨を飲む冒頭からしてショーケン節全開という感じ。
狂人の癖に愛嬌があり、殺人マシーンの癖に繊細。
図らずも少年剣士を斬ってしまった事を気に病み、「アイツ、母さんて言いやがった!」と情婦に抱かれながら両手を何度もこすり合わせる演技なんかは真骨頂。
主人公を単なるパラノイアに陥らせないところはさすが。

根津甚八演じる竜馬との対の構造がもっと掘り下げられていたら良かったんだろうけど、坂東八十助との疑似ホモドラマに比重が偏っていたのが残念。
三竦み構造にするでもなく、それぞれがバラバラになっていて、良くも悪くもショーケンのワンマン映画になっているのが惜しい。
marumame

marumameの感想・評価

2.0
藤谷美和子をみれて、めちゃ懐かしかったっす!
坂本龍馬を斬った人が佐々木只三郎とゆう人なんですね。
なんか、萩原健一の熱演なんでしょうが、自分はいまいち響かなかったなぁ。
chanmaru

chanmaruの感想・評価

2.0
佐々木只三郎という、幕末京都見廻役の組頭が坂本龍馬も暗殺する話。
冷酷な人斬りにみえて、あたたかい心をもっている人物に描いているんだか、あまり感情移入できなかった……。
キャストは懐かしい面々!藤谷美和子を久しぶりにみて感激!