ザ・スカルズ 髑髏(ドクロ)の誓いの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・スカルズ 髑髏(ドクロ)の誓い」に投稿された感想・評価

 秘密結社っぽくない秘密結社のお話。特に盛り上がる展開もなく、締めの決闘シーンへ。
 そうか、ポール・ウォーカーファンのための映画か。
てるる

てるるの感想・評価

2.5
劇場以来の鑑賞。

面白いか面白くないかでいえば、面白くはないけど、若きポール・ウォーカーが堪能できます。

ちなみに主役は海外ドラマ「フリンジ」の主役でもあったジョシュア・ジャクソン。
当時はお前誰やねんと思ったよ。

スカルズという「秘密結社」に、都市伝説的な面白さと怖さを期待してたけど全然です。
怖さのカケラもありません。

序盤の候補者達の運動会?からして嫌な予感はしましたけどね。
後半になってもこぢんまりした争いが続く。
クライマックスはもはや単なる親子喧嘩w

アクション・サスペンス・人間ドラマ、全てにおいて中途半端でした。

とりあえずポール・ウォーカーさえ観られれば満足!て人くらいにしかオススメ出来ない。
電気羊

電気羊の感想・評価

2.7
若きポール・ウォーカーを見るためだけの映画。イモっぽい主人公(ポール・ウォーカーじゃない)は、ボート部のエースで司法学生。貧乏なため奨学金で大学を卒業する予定だが、卒業後に弁護士になれても多額の奨学金の返済に追われる将来生に嫌気がさしていた。主人公は大学で耳にした、スカルという裏社会に強い秘密結社に入信することで、富と名声が約束されるという話を信じ、同胞(ポール・ウォーカー)たちとスカルの入信試験を受け見事合格する。スカルは主人公の素養を認め、幹部にするべく裏工作を始める。だが、そこでは秘密主義が絶対ルール。主人公を心配した友人から結社を抜けるように説得されるのだが、友人は逆に結社によって殺害されてしまう。主人公は徐々に秘密結社に対して不信感を募らせていくのだが。ラストは、主人公と秘密結社に同期で入会した秘密結社のボスの息子(ポール・ウォーカー)と銃で決闘させられるが、ボスの息子はボスを撃って決闘は避けられ、主人公は結社を退会して一応ハッピーエンド❓。しかしな。警察さえもコントロールできる力を持つ秘密結社からそう簡単に退会できるもんかな。ポール・ウォーカーが出ているだけの詰めの甘い話だった。
riekon

riekonの感想・評価

2.0
秘密結社「スカルズ」💀
凄い結社みたいだけど
選ばれれば意外と簡単に入れる?
秘密を守るのには必死だよ💦
何をやる結社なんだろうね🤣
主人公はポッチャリさんだったな
P.ウォーカーの方がカッコよかった
CSIのグリッソム役でお馴染み
W.ピーターセンがいいね👍
ホンは大味だけど、現場のチカラで跳ね返してる。

お嬢さまの彼女が、カーチェイスシーンでめちゃ口悪くなるのは、ワイルドスピードへの布石を感じる。
ぽち

ぽちの感想・評価

3.2
設定は「アメリカを影で支配する巨大秘密結社スカル」と言うことらしいのだが、あまりに地域に密着していてスケールが小さくまるで「鷹の爪」か「フロシャイム」と同程度と言うのが笑える。

フラタニティがそのまま秘密結社と言うアイディアはありそうではあるが、建物や儀式はほとんどファンタジーの世界だ。

追いつめられて深みにはまって行く過程はそれなりに盛り上がるが、決闘で無理矢理オチをつけ、含みのあるスッキリしないラストは今ひとつ。
彼女が「自家用ジェットを持っている」富豪と言う設定も活かされていない。

OVとTVMだが続編が2作品出ているので興行的には成功したのだろうが、今ひとつリアリティに欠け盛り上がらない作品だ。

おっと!!!
他の方のレビューでラスト一言をなぜきちんと訳さないと文句をいっていたが、もう一度よく観て見たら確かに言っているよ。
「Well done, son.」
え~!!こんな大切な一言落とすか普通?
字幕は「よくやった」
だけど違うだろ!!

上で「含みのあるスッキリしないラスト」とか書いちゃったけど、驚きのラストだよ。得点上げておこう。

これはあの悪名高いオバチャンの誤訳か?と思ったら違いました。
株式会社blueprintだそうです。
犬

犬の感想・評価

3.1


国をも動かす巨大秘密結社にたった一人立ち向かう青年の戦いを描いたサスペンススリラー

カヌー

学園モノ

完全に怪しい

いろいろ大変なことになります
ラストはどうなるか
yuuuk

yuuukの感想・評価

4.2
スカル&ボーン☠️いう秘密結社(Illuminati)の組織に悪魔儀式に参加し入会するエリート大学生が時計が贈られるのは事実だ。
黒人系学生がスカルの秘密儀式の場所に立ち入ったのを目撃され亡くなった事が発端で💩組織を暴きにかかる作品

事実でもIlluminatiはそういう学生を募集し官僚の中に織り込んできたそれがイェール大学(日本だと創価大学)
実際にもスカル&ボーン☠️
元来ドイツの大学の学友会で、W・H・ラッセルが、在学中ドイツへ留学したおり、当地の学生と深い親交を結び、帰国後フラタニティの名前を「322番目の」学生結社を設立

ジョン・ケリー(1966年)とジョージ・W・ブッシュ(第43代大統領。入会時は1968年)が2人ともS&B出身だった。また、ジョージ・W・ブッシュの父である第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュ(1948年)や、祖父プレスコット・ブッシュ(1917年)もS&Bのメンバーだ

国王天皇金貸し金融戦争屋偽善者カルト組織が創立されてきた
セレブカルト連中しか知らない話を
わざと低予算的な映画に見せて💩組織をよく描いている映画じゃないでしょうか

ポールウォーカーさんがワイスピで活躍中に慈善事業自ら行動起こして向かってる最中に亡くなってしまっている事が… もっともっと活躍出来たのにIlluminatiに殺害された事に腹立たしい
Ganchan

Ganchanの感想・評価

3.0
ポールがイケメンすぎる。
登場シーンのオーラ。
ポールが映る前から
きたきた って感じで分かる!


やはり
正しく、自分がありたい方へ
進むべきだね。
MEK

MEKの感想・評価

-
掟によって生き
掟によって死ぬ

アメリカ社会を影で支配する秘密結社に立ち向かう青年のおはなし。

なんかこう世界を揺るがすほどの陰謀かと思ったら規模ちっちぇ。

秘密結社スカルくんに入会できるとオソロの焼印、時計、鍵、本など貰えるよ!厨二心くすぐるね!髑髏の誓いー…!

めちゃめちゃポール・ウォーカー目的でみた、お顔が良い🙏🏻
>|