違国日記の作品情報・感想・評価

違国日記2023年製作の映画)

上映日:2024年06月07日

製作国:

上映時間:139分

あらすじ

『違国日記』に投稿された感想・評価

今期127作目

良いところもたくさんあって優しく強く描いているんだけど、自分の頭とか感性をする〜っと抜けていくような感じでとりとめのない感じだった

原作を読んでみると
意味のないように思える時系…

>>続きを読む
Rio

Rioの感想・評価

-
ストーリーが良いのはわかるけど、何かがとてもつまらなく感じさせるというか、しらけるというか、何かの違和感がすごくて、これ観に行って悲しかった。

瀬田なつき監督     東京テアトル     新宿テアトル


2024年公開映画/2024年に観た映画  目標 36/100です。 現在は21/75



ヤマシタトモコ先生の原作漫画「違国日記」…

>>続きを読む
恵

恵の感想・評価

4.0

自分ならどうするかなと思った。姉との仲は良好だけど、それでも人の子を育てる覚悟なんて持てるかな。。自分の子すら産めないのに。。二人がいい関係を作っているのがとても羨ましくもあったし、憧れてしまいそう…

>>続きを読む
ポ

ポの感想・評価

-
原作を読んだ時の感動とまではいかなかったけど、ガッキーのまきおちゃんも良かった。あとは朝ちゃんがとにかくかわいい。
Kaa

Kaaの感想・評価

-
コミュ障陰キャがっきーが最高すぎた。

内容もとても面白かった。
槙生ちゃんに共感できる部分が多かった。
鳳泉

鳳泉の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

マキオは特別なキャラクターなんかではなく、普通の人間なんだ。
高校生はまだ純粋だが妙に大人びているところがあって、マキオたち大人と堂々と接する図々しさも持ち合わせている。そこで親や教師たちとは違う大…

>>続きを読む
違う国で育って旅をして生きてきた人と人とがわかりあうということはなかなか難しいけれど、寄り添ったり、気にかけあったりすることはできるよね。

と、最近自分がわかってきたことの総復習のような映画だった。
よよ

よよの感想・評価

4.7
まきおちゃんのサバサバだけどケンカ腰ではない、変に同情するんじゃなくて自分の気持ちを正直に伝えた上で寄り添ってあげるような雰囲気がとても好き。

心温まる結構好みな作品でした!
ガッキーの演技はあまり好きではなかったのだけれど、本作の演技は良かった。力の抜けた演技のほうが似合うと思う。

あなたにおすすめの記事