スーパーマン III/電子の要塞の作品情報・感想・評価

「スーパーマン III/電子の要塞」に投稿された感想・評価

ぺ

ぺの感想・評価

3.2
冒頭いきなりサイレント映画でよくあるようなドタバタギャグが始まって見る映画間違ったかと思った。

もともと外伝作品として作る予定だったから本筋じゃやらないようなことをたくさんしていて別の意味で面白かった。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
ゾッド将軍とルーサーという強力が敵が出てこない分、思い切ってコメディの方向へ舵を切ったのは悪くない判断です。冒頭のドタバタコメディから戸惑いますが、考えてみりゃ前作もギャグの要素はあったし、違和感はないのです。

コメディ・リリーフのリチャード・プライヤーがいい味だしてるし、ブラック・スーパーマンが出てくるところもビックリ(「スパイダーマン3」はこれのパクリか?)。質は決して低くはないので、肩肘張らずにみればいいんじゃないでしょうか。
スーパーマン大好きだが、本作は若干の不満が…
だが安定の面白さ
スーパーマンが敵に弱点を突かれて人格分裂。善悪の葛藤の行く末いかに?という話。
TaBllaSA

TaBllaSAの感想・評価

3.0
何気に初見。
シリーズ通してヒロインはロイスだと思ってたけど、今作は始まってすぐフィジーに旅行へ。クラークは故郷のマドンナといい感じに(実家に顔くらい出したんだろうな⁉︎)。どっちかっていうと敵役のガスが主人公みたいな。
「コンピューター=万能」みたいな信仰があった時代。ほのぼのするけどやってる事はエゲツない。ガスいい感じで見逃されたけど、会社から何万ドルも横領してたのはお咎めなしかい?

このレビューはネタバレを含みます

リチャード・ドナー監督の【スーパーマンⅡ】をレイプしたリチャード・レスター監督の作風が爆発してしまった本作は、スタンダップコメディアンのリチャード・プライヤーのおふざけにひたすら付き合わされる修行映画!
スラップスティックなピタゴラスイッチが繰り広げられるタイトルバックがダメだったら最後までダメなのでダメな人は諦めましょう!
それにしてもスーパーマンと物理的に戦うスーパーコンピュータって何だよ!この監督スーパーコンピュータが何なのかわかってねーな!

本来のタイトルは【スーパーマンvs.スーパーマン】だったという事で、みどころはスーパーマンが善のスーパーマンと悪のスーパーマンに分かれて戦うところだと思うのですが、悪のスーパーマンのやる事が、ピサの斜塔を真っ直ぐに直したり、聖火ランナーの聖火を吹き消したり、酔っ払っておつまみの豆を指で弾いて店を壊したり、いたずら程度なので放っておいても大丈夫な気がしてしまいます…

とりあえず、スーパーマンが悪のスーパーマンだった時にセックスしたパメラ・ステファンソンにかます「あれは僕ではない、彼は死んだ」のセリフは要チェック!浮気相手をぶった斬る男なら一度は言ってみたい名ゼリフですね!

ちなみに、リチャード・プライヤーが実行したコンピュータを使って切り捨てられた給料の端数をかき集める方法は、【攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG】の九世英雄の資金調達方法に影響を与えたとみて間違いありません!
はま

はまの感想・評価

3.2
3作目観てて気付いたけど、この放送「4週連続放送!」って書いてて、私てっきりスーパーマンは3部作だと思ってたのでやらかしました。
4作目録画忘れてるな〜〜〜〜 レンタルしなきゃ〜〜〜〜🙄

2作目はヒロインの存在が結構大きかったけど、今作は冒頭からリチャード・プライヤーさん演じるガス・ゴーマンが主人公差し置いてめちゃくちゃ目立つ。
こいつ… 面白いじゃないか…←

Wikiの説明にも「悪になりきれない小市民」って書かれてて、なんというか愛すべきポジションの奴でした。
でもスーパーマン的にはこんな小市民にかなり手こずらされた感。
スパイダーマン3みたいな🕷

個人的にはいろんなクリストファー・リーヴが観れて楽しかったです!
はー かっこよ
って何回も言ってた気がする(⌒▽⌒)
CUT

CUTの感想・評価

2.5
前作、前々作を受けての作品のせいか、ギャグのみならず普通のシーンでも皮肉めいた演出が多くて、変というか、面白いけどちょっと歪な作品だと思いました。

底抜けに明るくし過ぎな感じあって、シリーズの中ではそんなにしっくり来なかったです。
わりかしゆったりと
楽しめる感じになってるかな!

コミカル要素もあるし、
サスペンス要素もあるし、
勿論スーパーマンならではの
展開もいっぱい!!!
konami

konamiの感想・評価

-
すごい!突っ込みどころがすごい!うまいこといきすぎやんっていうのが新鮮で面白かった!
>|