マラソン マンの作品情報・感想・評価・動画配信

「マラソン マン」に投稿された感想・評価

ちー

ちーの感想・評価

3.2
マラソンで鍛えててむっちゃ逃げれるってのアドルフに告ぐっぽい。ダスティンホフマンはキモい男が上手い。かっこいい演出多いけどだんだんくどくなってきて疲れる。食え!は良い。ポリティカルサスペンスが苦手やと再認識しました。
戦後の社会をテーマにしてて興味深い。70年代の背景や服装もgood
とーり

とーりの感想・評価

3.5
「この町は怖い」人がポンポン死ぬ。冒頭から皆やたらと煽りすぎ。ドイツじじい vs ユダヤじじいの車バトルは、あおり運転による事故が多発している昨今の日本の惨状的に笑えない。また謎なのが、その次にやっと出てきたランニング中のタイトルロール主人公ダスティン・ホフマンを抜き去るときに「遅い」とあおる男、あいつはなんだ。主人公がムキになってスピードアップしたら前の男は振り返り指を突き立てる始末。こちらも駅や電車など公共の場で見知らぬ二人がカーッとなった様子で揉めていることを思い出されて、日本の現状に重なった。だからストもやっていこう? 原作者自ら脚色しただけあってていねいな描写にスリリング。彼女はファムファタール。その時々の"現在"を舞台にナチスの残党やらをめぐってのサスペンス映画は昨今でもたまに見るものだから、当時はもっとリアルだったはず。そんな中、ナチスの"白い天使"に扮した名優ローレンス・オリビエのノリノリっぷり。彼が主人公に行う歯の拷問は今見ると映像的にそんなに残酷なものじゃないが、虫歯の治療や抜歯など多くの人が肌感覚で知る痛みだからこそ逆にリアルに響くツラさがあった。という『真夜中のカーボーイ』監督主演コンビによる70年代サスペンス...なんか昔のダスティン・ホフマンっていつも汗だくなって必死なイメージあるなぁ

犯人は探し出す、殺してやりたい
tulpen

tulpenの感想・評価

3.5
やっぱりね、
歯医者嫌いなあたしとしてはあのシーンが何より恐怖でした とメモには書いてある。

あれは痛いよ!
ekn

eknの感想・評価

3.5
拷問シーン以降、逃亡、下水場での駆け引き等、アイデア満載で面白い。老婆が狂人扱いを受ける場面やサッカーボール、収容所の番号の入れ墨など現実から一気に恐怖感を煽る演出が光る。
奇怪な事件に巻き込まれた青年を描いたジュン・シュレシンジャー監督作品。ダスティン・ホフマン演じる主人公の走る姿に重なるタイトルバックから、編集にキレがあって最高。「安全か?」と主人公に迫るローレンス・オリヴィエが怖い。『幻の湖』はここから着想を得たのでは。
超おもしろいサスペンス映画。キャストが全員最高。特にロイシャイダーが異常に格好良し。あとは、やはり歯科器具を使った拷問シーン。前歯の一本の神経死んでる友達がいるんだけど、この映画を思い出してしまう笑
Yuzo

Yuzoの感想・評価

5.0
サスペンス映画のマイベスト。ロイ・シャイダー襲撃シーン、ローレンス・オリビエVSロイ・シャイダーのシーン、ダスティン・ホフマン襲撃・拷問シーン、ローレンス・オリビエ糾弾シーン、そしてクライマックスと本当に怖いシーンが満載。出演陣はみんな素晴らしいが、ロイ・シャイダーが抜群。
 ステディカムを導入した映画として有名。コレ、新しい技術を備えたカメラのことだと私は勘違いしてたんですが、、移動撮影の際に撮影者の体に固定してブレを防ぐカメラの安定支持装置のことなんですね。
 本作(1976年10月6日)と同じ年に公開されたステディカムを導入して撮影されたアメリカ映画に、『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』(1976年12月5日公開)、『ロッキー』(1976年11月21日公開)がありますが、、Wikipediaのステディカムのページでは『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』で初めて映画撮影に使われたことになってますね。その辺りの時系列の認識、情報発信される方には注意が必要⚠️ですね。

 不穏な空気に引き寄せられるかのように、バラバラなシークエンスが繋がってきて、果して最後は!?っていう流れになってまして、何せ終盤の追い詰められる空気感のゾッとする寒気は、なかなか極上な脂汗必至なサスペンスが約束されております。
背筋のゾゾゾ感と名作という点で『何がジェーンに起ったか?』が直感的に浮かんできました。サスペンスもホラーも、私はあんまり😓😔😩なんですが、極上モノや珍味は別腹😼✨。

 物語最大のワルに、俳優として初めて一代貴族に叙されたばかりのローレンス・オリヴィエをハンティングしてきた人決めた人、すごいよ❗その時点で成功の3割以上は確定してますよ。
だぶ

だぶの感想・評価

3.3
兄貴のせいで拉致られて拷問うけて追いかけられる散々な弟の映画

サッカーボールコーロコロの恐怖
>|