MY FATHER マイ・ファーザー 死の天使の作品情報・感想・評価

「MY FATHER マイ・ファーザー 死の天使」に投稿された感想・評価

これは重たい、いろんな考えが堂々巡りになるやつ。
トーマス・クレッチマン主演。
アウシュビッツで残虐な人体実験を行っていたというヨーゼフ・メンゲレと世界的戦犯を父に持つ息子ハンスの苦悩のドラマ。

メンゲレが出てくる映画いくつかあったが最近ので印象に残ってる「見知らぬ医師」ではメンゲレの南米での隠匿生活を、「顔のないヒトラーたち」ではナチスの余波をとんでもない形で受けた戦後世代の姿を描いていた。本作はもっと近い立場の対峙、父と子。

学校教育で自分の父が世界的戦犯だと学ぶ気持ちって計り知れないくらい絶望的じゃないか?
ハンス少年もまさにそれ、いじめには遭うし。

それでも知りたい父の姿。父だからなのか、それとも真実を知りたいのか。両方だろうな。

父に対面して会話するも噛み合わない。戦後教育を叩き込まれたハンスと、当時のありのままの真実を語りたい父。

南米では住民に慕われる優しい医者。出迎える父も優しい。

だけど。

スイッチってどこに潜んでるかわからないもので。本性って出ちゃうもんだね。

でもね。

やっぱりお父さんなんです。

ハンスの苦悩葛藤が伝わりすぎて辛い。

回想形式の父子のドラマ。でも最後まで見るとそこだけミステリー味あるね。


コメント欄にメモあり👇
アウシュヴィッツで残酷非道な人体実験を繰り返した医師ヨーゼフ・メンゲレの話は日本であまり紹介されない。
聞くに堪えない話ばかりだからかもしれないが、人間は人間にこんな酷いことができてしまうのだと知っておかなければならないと思う。
それを主導していたのは、見た目は普通で、それなりに息子に優しくできる父親であり、でも内面には厳然と「人は遺伝子によって設けられた階級の中に存在する」という信念を持っていたおっさんだった。
息子の目から見たメンゲレを抑えた描写で語っていて、終始緊張感が漂う。
日本語で理解できる形で輸入してくれた人に感謝。
映画JP

映画JPの感想・評価

2.0
実話に基づく。時間軸が行ったり来たりする系。父の存在。アウシュビッツ収容所で働いていた医師。ホロコースト。父は数百万人殺した罪人…。戦後、ブラジルにいる父に会うことになる。父を恥じる息子ヘルマンはどういった行動を取るのか…!?
もっと残酷なシーンが多いかと思ったら違った。退屈。ブラジルかつての通貨クルゼイロ。
クレッチマンさん目当てで借りたMY FATHER 死の天使見た。
森で豹変する父親……。葛藤する息子の心情表現がすごくリアルでした。
知らなかった、これ実話に基づいているんだ。この間見た顔の無いヒトラーたちで取り上げてた人物のことだったんだ…。
たてぃ

たてぃの感想・評価

3.8
アウシュビッツで人体実験を繰り返した“死の天使”ことヨーゼフ・メンゲレの息子ヘルマンが主人公で、その父に会うため逃亡潜伏しているブラジルを極秘で訪れた時の話。

ドイツの学校で父のせいでいじめられ先生にすら無視された幼少期。父は死んだものだと言われてきたが15歳の誕生日に伯母から南米で生きてることを告げらる。そして成人し父が本当にあんなことをやったのか、なぜ逃亡を続けるのか、会いたい気持ちが日に日に大きくなってついに極秘で訪問することになるが…

罪の意識を全く感じない父に対する苦悩と「自首しないならこっちから告発…でも血の繋がった父親…」の葛藤の日々…

ドイツ映画ではないのでセリフはドイツ語ではないのは残念でしたが、それでも十分作品に入り込めました。

それにしても、ジャケットは何とかならないものか…これじゃホラー作品…
「MY FATHER マイ・ファーザー 死の天使 アウシュヴィッツ収容所人体実験医師」という邦題でDVD化されています。
先日見た「顔のないヒトラーたち」繋がりで、ヨーゼフ・メンゲレを扱った映画を見ようと思い今作を鑑賞。
ナチスSSの将校でアウシュヴィッツのマッドサイエンティストとして人体実験を繰り返していたとされるメンゲレですが、この映画は題名にあるとおり、メンゲレを父に持った息子の葛藤を描いた映画でした。
また、終戦後に逃亡生活を送るメンゲレを扱ったストーリーなので、興味深いものはなかったです。
「黒い太陽七三一/戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌」にある様な人体実験シーンはありませんでした。
ヨーゼフ・メンゲレ役、チャールトン・ヘストン
息子のヘルマン・メンゲレ役、トーマス・クレッチマン
全編英語。
映画冒頭にアウシュヴィッツ第二強制収容所(ビルケナウ)の鉄道引込線と死の門の映像あり(時期は大戦時ではなく映画製作時期)
e

eの感想・評価

3.8
アウシュビッツで人体実験を繰り返し戦後は南米へ逃亡した医師、ヨーゼフ・メンゲレ。メンゲレはナチ・ハンターの手を逃れ遂に裁かれることなく、逃亡先のブラジルで海水浴中に心臓麻痺で死去したことになっている。実は生前、彼の息子がブラジルまで父親を訪ねていき、居場所を知りながらそれを公にすることはなかったという実話を基にした映画。

「ヒトラーの子供たち」には大別して3つのパターンがある。ヒムラーの娘、グドルーンのように父親の犯罪を認めずナチズムを信奉し続ける者、デーニッツやゲーリングの娘のように、親はナチスの犯罪とは無関係であり立派な人物だったと考える者、そしてポーランド総督府ハンス・フランクの息子のように、親を憎み苦悩する者。

メンゲレの息子、ヘルマンは死んだと聞かされていた父親が生きており、それもナチスの大犯罪者であった事に苦悩しながらも、その事実を確かめるためにブラジルへあいにいく。年老いた父親は質素な家に住み、近所の子供たちからは慕われ、とても「死の天使」には見えない。

しかしこのチャールトン・ヘストン演じる老メンゲレは、一種異様な迫力を醸し出している。父親の犯罪を追求する息子に対し「人を殺したことはない」と言うメンゲレ。しかし終盤、ジャングルで生物の生存競争について説くメンゲレは、自身の犯した犯罪に対し一切の悔恨の情などないように見える。結局息子は父親を理解することは出来ない。

舞台がブラジルなので所謂ナチス物映画とは全然雰囲気が異なる変わり種だが、見て損はない出来と言える。

しかしこのDVDのパッケージはもう少しなんとかならなかったのか、、。
Tomchal

Tomchalの感想・評価

3.0
父親が息子に対して、優生学的な観点から進化論を森で語るシーンは印象深かった。
KICHI

KICHIの感想・評価

2.3
2015/6/6
自分がこの作品に何を期待していたかわからないけれども、なんだか期待していたものと違った。
自ら顔を出してメディアに出るナチスの子孫たちを観たことがあるけど、彼ら同様、メンゲレの息子の辛さも我々には計り知れない。
何千人もの命を奪った父親を持つって、どういう気持ちなんだろう?周囲の反応は?どんな人生を送ったんだろう?
どんなに最悪な殺人鬼でも彼らにとってこの世にたった一人しか存在しない自分の父親なのだ。
もし私の父親がそうだったら?私ならどうするだろうか?
と考えながら鑑賞した。
FukiIkeda

FukiIkedaの感想・評価

3.5
実際にドイツで93歳の元ナチス親衛隊員が殺人ほう助の罪で捕まったところだが、ドイツでは殺人罪に時効はなく、戦犯は今でも裁かれる。この物語は正に、元ナチスの親衛隊医師(博士)の息子が、死んだと聞かされていた父親が生きていてリオで潜伏していると知らされ、かなり大人になってから、父に自主を説得するために初めて会いにいくというもの。
父親として会ったことのない父親が起こした想像をこえるような莫大な罪。どこかで自分の罪のように背負ってきた息子。
どんな殺人鬼でも、人間である限り、根っからの悪人なんて、どこにもいないんじゃないかと、、、。
だからこそ難しい。
正義か、絆か。
どちらも良心なのかもしれない。

あなたにおすすめの記事