有頂天時代の作品情報・感想・評価

「有頂天時代」に投稿された感想・評価

So good!
It’s amazing about last sequence.

終盤どうなるんだろうと思ったら、クラシックムービーらしい、腑に落ちる展開になってくれた。
冒頭のくだりが終盤に活かされるのも面白い。
「Shall we dance?」や「ラ・ラ・ランド」は影響受けてそうだと思った。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.2
LALALANDから鑑賞。

「トップハット」の1年後に公開された作品で、前回と同じ役者も多かった!
1933年~1939年の間、この二人の主演作品が量産されていたらしく、今回はその5作目(共演は6作目)!
一部では、「アステア=ロジャース映画」と半ばジャンル的な扱いをされているらしい。笑(Wikipedia参照)

ストーリーは、ニューヨークに出稼ぎに来た男のミュージカル・ラブストーリー。(展開は、前とほとんど同じ。笑)

全体的には、「トップハット」より楽しめた!

前回に続き、「Lovely Night」の元ネタと見受けられるシーンや、映画の大画面を惜しげもなく使った、列になってのダンスシーンなど、前作以上に観た甲斐があった!

また、コメディ要素は「トップハット」より、パワーアップしていて、とても観やすかった!

挙げるとすれば、

序盤の社交とタップを合わせたダンスシーン、その後のギャグシーン。

少女漫画みたいなキスシーン、その後の自然体なリアクション。

ラストに登場人物の腹筋が崩壊するシーン。

まさかまさかの伏線回収。

などなどのシーンが個人的には、良かった!
ジョージ・スティーヴンス監督作品。
フレッド・アステア演じるラッキーは、恋人と結婚するための2万5千ドルを貯めるためにニューヨークに来るが、ジンジャー・ロジャース演じるダンス教師ペニーに恋してしまう話。

ストーリーは二の次で、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの歌と躍りを楽しむ映画。DVDの解説にもストーリーは二の次って書いてあって笑った。
コメディテイストを含んだメロドラマ。時折笑える。

二人のダンスシーンは本格的。肌を黒く塗ったアステアが躍り、バックの巨大な影も踊るシーンと、アステアが歌っていて、ジンジャー・ロジャースがシャンプーしたままの髪状態のシーンが好きだった。

最後の方でアステアが狂ったように笑う。

このレビューはネタバレを含みます

結局ハッピーエンド( ノ^ω^)ノ

「Never Gonna Dance」でのアステアのダンスに度肝を抜かれた。
黒人に扮したアステアのソロナンバー「Bo jangles of Harlem」のインパクトは大。これは凄い⤴⤴
白黒ミュージカル映画の極み。黒の燕尾服のFアステアと、白のドレスに金髪のJロジャースのデュエットダンスは、白黒映画だからこそ際立つし、堪能できる。ケバケバしいカラーのアニメーションより、シンプルな白黒の漫画の世界の方が好み、そういう気分の時にぜひ味わいたい。
ALIEN

ALIENの感想・評価

2.6
ダンスシーン以外が退屈。そしてイケメンが出てこない。
ふう

ふうの感想・評価

4.0
ハローニューエイジ!
初日から体調絶不調の私は通院からの令和スタートとなりました。

なので、永遠の恋人に慰めてもらおうと、アステア&ロジャースの『有頂天時代』です。1936年の映画ですね。黄金期👑

アステアの映画といえば『グリーンマイル』の「天国にいる天使だ!」と言わしめた『トップ・ハット』が有名ですが、この映画も天使のような二人のダンスを見ることができます👼

特に好きなのは♪Pick it Yourself Up ですね。
ヘタレ(のふりして甘える)アステアに対して、お姉さん感ばりばりのジンジャーが
「立ち上がって!埃払って、もう一回がんばるのよ!一人前の男になるんでしょ!」
と鼓舞するところが可愛くて可愛くて。
仕事に行きたくない朝は、これを聞いてがんばろう!ってするくらい好き😂

元祖ツンデレとヘタレクズのカップルの「もうお前ら早くくっついちゃえよー」な古典的ラブコメですが、麗しいダンスと音楽でここまで芸術作品に仕上げるなんて。

しいて苦言するなれば。
この映画はダンスシーンに物語的必要性が少ない箇所が多いです。ショーミュージカルにはありがちですが、舞台上でない場面はやっぱりもう少しダンスの中で関係性の変化をみたいです。
『コンチネンタル』の♪Night And Day や
『トップ・ハット』の♪Cheek to Cheek ,♪No Strings のような、歌ではなくダンスの中でも物語が進展していくシーンが欲しかったですね。

アステア作品の私的順位は、
1位 トップ・ハット
2位 バンド・ワゴン
3位 コンチネンタル
に次ぐ惜しくも4位の今作ですが、やっぱり♪Pick yourself upの素晴らしさはダントツですね。はああ、本当に天国。至福です。
不快感の塊みたいな映画。結婚式に遅れて金で許してもらおうと上京し、その場で可愛い子口説くとか頭おかしいだろ。そんなやつに娘なんかやらんでよろしい。
Imapotato

Imapotatoの感想・評価

3.5
相変わらずアステアとロジャーズのダンスは恐ろしい

時代を感じる内容だし「いつものか」と思うけどそれがいい。なんか全てを忘れられる
>|