艦隊を追っての作品情報・感想・評価・動画配信

「艦隊を追って」に投稿された感想・評価

アステア&ロジャースのコンビでは、計10本の内の5本目の作品。監督は前作『トップハット』に続いてマーク・サンドリッチ。アメリカ公開は1936年(昭和11年)2月、『トップハット』公開の5ヶ月後。この頃、RKOではアステア&ロジャース映画は年2本がルーティンだった。

音楽はアーヴィング・バーリン。共同コリオグラファーは何時もの通りハーミズ・パンだが、クレジットでは“Ensembles Staged by Hermes Pan”となっている。恐らく、こういった職種は未だ確定していなかったための表記だったのだろうと想像する。

RKOは、アステアが燕尾服の姿で出続けると観客に飽きられるのではないかと恐れ、今回は水兵役になったということらしいが、しかし、どうしてもセーラー服だとアステアのゴージャスな動きとは合わず、ラストの“Let's Face the Music and Dance”で爆発したということなのだろうが、終わり良ければ全て良し。ダンスの天才には多少タガをはめた方が傑作が生まれるという好例。

M#1:“We Saw The Sea”
水兵役アステアの顔見せナンバー。艦上の合唱曲。“仕方なく海軍に来た、死ぬことは無いけど景色は海だけ・・・”と歌う。やはりアステアの水兵姿はちとダサい。

M#2:“Let Yourself Go”
ジンジャー・ロジャースのビッグバンド・バックの顔見せナンバー。“さあ、みんなも踊りましょう、踊れば悲しみも消えるわよ”と。それを見ていたアステア、“なんだよ、シェリーじゃないか!”と再会。

M#3:“Get Thee Behind Me Satan”
ロジャースの姉役ハリエット・ヒリアードが水兵と出会い、日本風庭園で“自分を抑えなければいけないわ、でももう手遅れよ・・・”と歌うラブ・ソング。これ、実はアービング・バーリングが『トップハット』でジンジャー・ロジャースのために書いた曲。何ともロマンティック。

M#4:“I'd Rather Lead A Band”
艦上で賓客向けに披露するジャズ・ナンバー。アステアは指揮棒振りながら変な腰つきで歌う。“野心は俺にだってあるよ、社長になるくらいだったらバンドの方がまし、僅かな金さえあればリッチさ・・・” その後、アステアのソロ・タップから水兵たちのマス・ダンスへ。コミカルでパワフル。『トップ・ハット』の発展形か。それにしても、アステアがチャらくて笑える。

M#5:“Let Yourself Go”(Solo dance)
オーディションのためのロジャースのソロ・ダンス。センス良いけれどちと踊りが重い。アステア&ロジャース共演の映画10本の内で、ジンジャー・ロジャースがソロで踊る唯一の場面らしい。その後、歌えるんなら雇っても良いよ、ってことで、今度は歌のオーディション。アステアに重曹を飲まされ、しゃっくりしながら歌うロジャースが可愛い。

M#6:“But Where Are You?”
恋人に冷たくあしらわれ、パーティー会場の中庭で歌うハリエット・ヒリアード。“私はここに居るのに、あなたはどこ?”と。ダンス・シーンのカメラ・アングルはメダカ(眼の高さ)だが、こういったエモーショナルな歌の場合は、頭一つ分、俯瞰から撮る。こういったこともアステアの映画でフォーマット化された。

M#7:“I'm Putting All My Eggs in One Basket”
導入はアステアのストライド奏法のピアノ・ソロから。ピアノのチューニング・ハンマーでピッチをぐい〜んと上げてから演奏に入る。こういう小技をやるのがアステアは本当にうまいし、ピアノ演奏もメチャクチャうまい。その後、タイトルのデュエット・ソングからペア・ダンスへ。ファッションが酷すぎて珍しくゲンナリしたけれど、ダンスの方はどんどん茶目っ気が出てきてアバンギャルドになってゆく。アステアはこういう時でもチャレンジングなんだよなあ。。。

M#8:“Let's Face the Music and Dance”
『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017年)でもこのシーンが使われてたけれど、映画史に残る史上最高のダンス・ナンバー。重いビーズたっぷりのロジャースの衣装に、アステアは何度も顔を叩かれたという話は有名だが、そんなことは微塵も感じさせない。それに又、このセットが本当に凄い。船上オープニング・パーティーの舞台上に組まれた、海の向こうに摩天楼が見える湾岸に建つアールデコ・スタイルのカジノ。そのシュールなスケール感!1936年当時にこんなトンがったデザインをするなんて、とため息が出る。
ogi

ogiの感想・評価

4.1
Myアステアコレクションより(^-^)/
艦隊を追って!?追ってませんねw
モテたくて海軍に入隊した水兵さん
達が、陸上での休息の時を満喫する
という、ザックリすぎるけどそんな
王道ストーリーのモノクロ作品✨

本作はアステア&ロジャースの共演
としては5作目にあたるようです!
敬愛して止まないアステア師匠です
が…大変申し上げにくいのですが…
あんまり水兵の衣装が似合わない🤭

アステアは一度プロポーズを断られ
た元恋人シェリー(ロジャース)を
発見久しぶりの再会を喜び、二人は
簡単に元サヤに戻るかと思いきや、
良かれと思ってたしたことが裏目に
出たり、誤解を招き上手くいかない
というコメディタッチの作品です!

アステアとロジャース、それぞれの
ダンスソロがとても充実してたな♫
2人のダンスももちろん最高‼️
どつき合い!?もめ気味のダンスも
めっちゃ面白かった笑。ふてり気味
のロジャースに何とか合わせようと
するアステア頑張れ!みたいな🤣

ラストのペアダンスも圧巻だった♪
やっぱりロジャースはロングドレス
をまとって踊るにかぎるなぁ💃
スカート以外の衣装でも踊るけど、
やっぱりドレスか1番好きだな🤤

アステア師匠によるタップダンス風
タイプライター(音だけタップ🤣)
ロジャースがアステアをこらしめる
ための一手、ひと芝居も面白い🤣
素敵なダンスと名物シーンが多めの
作品で満足でした!!
おなじみ そら豆&チンジャオロースのミュージカル映画♪

いつもながらストーリーはテキトーなんだけど、今回のそら豆さんもストーカーじゃなかった( ˙-˙ )
今は別れたけど元々は恋人同士って設定なんだもん
なんかガッカリだよね ←

元ペアダンサーで恋人同士だった2人。プロポーズするも見事に振られたそら豆さんは海軍へ入隊。
チンジャオロースはひとりで舞台に立ち続けてたんだけど、たまたま寄港した街にあるダンスホールで偶然出会う2人♡
みたいな感じなんだけどね。

あ、言うの忘れた。

2人は脇役だからね(あれ?)

主役はそら豆さんの海軍の同僚とチンジャオロースのお姉ちゃんだから!!
つかず離れずのこの2人をくっつけようとドタバタするのがメインだから!!

ま、なんだかんだ2人のダンスシーンは山ほどあったからいいんだけどね~
‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

やっぱ1番の見所は終盤のこれだよね♪

Let's Face the Music and Dance
https://youtu.be/4InpewpkVHY

動画見た??

ピンと来たよね!!(え?)

浮かんだよね!!(何が?)

デルトロさんの顔浮かんだよね!!
(デ、デルトロ!?)


え?
デルトロさんのシェイプ・オブ・ウォーター見てないの??
ほら!!
このシーン がっつりパクっ……オマージュしたシーンあったやん!!

シェイプ・オブ・ウォーター映画館で見た時に ウホッ!そら豆キターって叫んだっしょ!?
(い、いえ別に。。。)



。。。というわけで

この「艦隊を追って」と「シェイプ・オブ・ウォーター」両方見るとニヤニヤ出来ちゃうよって話でした
(๑˙❥˙๑)ウフ
ぼん

ぼんの感想・評価

3.7
フレッド・アステア身軽そうだな〜
相変わらずやり方がめちゃくちゃすぎるが結果オーライなんだろうか…

歌もダンスもとてもよい。2人でショーの練習するところがコミカルで面白い。猿賢い。
lemmon

lemmonの感想・評価

3.7
ん、、、😖


映画だと割り切りたいが、こんな馬鹿どもが国を守るために戦いに出ているかと思うと呆れた😤

だめだ、アステアとスコット演じる水兵が好きになれない。

ロジャースのオーディションシーンは観ていられなかったなあ🥺
お姉ちゃんもかわいそう。


と、思っていたらちゃんとアステアとスコットは、お灸を据えられて一安心🤨
スコットに対しては甘いけど😡


歌、ダンスシーン、完璧!💃🕺
物語も飾りになっておらず、バランスはこれまで観た作品で一番良かった!


あー感情がだだ漏れ、、、疲れた😩
ハマった証拠か😅
イシ

イシの感想・評価

4.6
好き~✨
二人が再会したとこ、アステアがロジャースの手を取って、くるんっ、てロジャースを回してダンスバトルに入るとこがめちゃくちゃカッコいい❗

ラストの曲も大好き‼️
元気出して、って言ってもらってる気持ちになれる。
チャップリンを何度か想起しました。リアルとアンリアルの境界線をボカすセットでモノクロという事の効果。そして劇中劇が更にそれを高めています。
RanUeda

RanUedaの感想・評価

3.9
アステアロジャースコンビ作品の中でもかなりダンスシーンが豪華な作品なのでは?それぞれのソロもペアのタップダンスとクラシカルなダンスシーンもどれも素晴らしかった…水兵さんルック可愛いなーーー。あとアステアが煙草ふかしながらピアノ弾くシーンが最高に格好良くて痺れた。
ストーリーはとりあえずスミスに腹立つのと女は頭悪そうで可愛い方が良いって女が言っちゃってることにモヤモヤしたけど、そういう時代の作品だからな…。
ロジャースはやられたらやり返す!くらいのじゃじゃ馬っぽい役柄が似合う。あと猿が名演でした。
今作品のメイン・スター、フレッド・アステア、還暦の父が絶賛していたがやはり噂通りピカイチだった。ダンスがうますぎる!(特にステップはめちゃ軽快)おまけにピアノも弾けるし社交ダンスもできるし演技もコミカル。これぞスーパースターだ。

そういえば、スミスとコニーが約束していた世界一周航海は果たして無事叶ったんだろうか?(この3年後に第二次世界大戦勃発)またこの艦隊は5年後のわが日本軍による真珠湾攻撃の犠牲になってはいないだろうか?まさか2度目の大戦争が起こるとは皆が思ってなかったこの時代、平和が続けばできたこともあったものを… 不意に彼らの「その後」が心配になる映画でもあった。
犬

犬の感想・評価

3.5
パーティ

海兵隊員2人の恋の行方を描くミュージカルロマンス

見違えるような大変身

恋の駆け引き
見応えありました

歌から始まる
最後も優雅な雰囲気でした

船上や地上
楽しそうです