ブラッド・ワークの作品情報・感想・評価

「ブラッド・ワーク」に投稿された感想・評価

Abu

Abuの感想・評価

3.5
王道より若干ずれている役所がいつも面白い。それもクリント本人のキャラが為す技の話。
期待は裏切らないのは、いつもながらでした。
元FBIのイーストウッドが連続殺人事件にメスを入れる!キーは心臓移植、ブラッド。こういう映画は事件の真相が分かるにつれて、面白くなってくるよね〜!犯人見つけるまではアゲアゲやけど犯人分かってからはぱっとせん感じ。なんせ、年取ったイーストウッドさんのラブシーンとか見られへん〜気軽に楽しめました(^^)
「つながり」の話だけあって繋がるときは毎回アガる。この人とのつながりは『ヒア アフター』に受け継がれているのだろうか。
クリント・イーストウッド監督&主演作だから観たのだが、なかなか面白い映画だった。
映画タイトル以外、何の前知識もなく観た。
まさか、そういう意味で、この映画タイトルだとは知らなかった。。。

冒頭、夜の連続殺人事件の発生現場には「マッケレイブ・キャッチ・ミー」と数字がメッセージとして残される。その事件現場から怪しい男(靴に血が付いている男)をテリー・マッケレイブ(クリント・イーストウッド)が追いかける追いかける。
だが、心臓が悪そうな年齢だ……と思っていると、いきなり2年後になり、心臓移植手術を受けたばかりのテリーが映される。
展開が速いドラマ。

映画タイトルは、血なまぐさい殺人事件から付けられたのかと思いきや、献血や臓器移植などの方面から来ているとは思わなかった。

なかなか面白い映画だった。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
流石クリントイーストウッド。でも、年を取り過ぎてアクションシーンは頂けない
薄

薄の感想・評価

2.8
原作を読んだ時は感じなかったが映像化すると凄く荒唐無稽な話に見える
結局銃をぶっ放すいつものB級イーストウッド映画になってしまったのが残念
トパ

トパの感想・評価

3.5
を馳せたFBI捜査分析官マッケイレブは心臓疾患にて現役を引退、二年の待機を経て適合臓器の移植を受けた。服薬と検査を欠かせないが日常生活に支障はない。ある女性の訪問を受けた彼は、自分の心臓のドナーが彼女の妹だと知る。妹は強盗に殺害された。犯人を見つけてほしい。マッケイレブは依頼を受け入れ、現役時代の経験をもとに独自に捜査を開始する……。
事件構造が特異。その驚きを活かすためか、全体の語りはゆったりとしていて、緊迫感が薄い印象。だが、背景に滲む真相の異常な視点が次第に浮き上がるさまは面白い。
dignified

dignifiedの感想・評価

2.1
中盤のバディーとの掛け合いが凄く気に入ってますが、話の筋は微妙。
じえり

じえりの感想・評価

3.0
再鑑賞
クリントイーストウッドって何歳なんでしょうか?15年前なのに今と変わらない気がします
監督もして主演もして自分大好き感が溢れてます
無駄な恋愛モードも監督のわがままにしか思えない
もちこ

もちこの感想・評価

2.8
アランゴが
なんともウザく
年代を感じました (^o^;

恋愛部分…
必要でしょうか
ラストの
“キミには誰か?”の台詞が
なんかこう………
はなにつく感じが否めない (;^_^A


今リメイクしたら
もっとおもしろくなりそうです。

そしてなんで彼を選んだのかを
教えて欲しいです…。
>|