愛情萬歳の作品情報・感想・評価

愛情萬歳1994年製作の映画)

愛情萬歳/Vive L'Amour

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

孤独を抱えた3人の男女が、とある高級マンションの一室で奇妙な出会いを果たし、やがてすれ違っていく。前作よりもさらにセリフや音楽を削ぎ落とし、独自の演出スタイルを確立させた。ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞し、世界にツァイ・ミンリャンの名を知らしめた作品。

「愛情萬歳」に投稿された感想・評価

ako

akoの感想・評価

-
このタイトルが罪な気がするくらい、愛情を探していながら、愛情がわからない人たちの映画。
愛情がわからないかどうかは本人たちにしか分からない、とはいえ、どんな感情でも行動でも、理由を探れば、欲望と愛情があると思うのだけど、この人たちはそんな自分たちを理解できてないような顔をしていました。
とても新鮮なシーンがあったりするにも関わらず、意外なことは起こってなくて、それでも、私がこの映画に見えた愛情のわからない登場人物たちを前に、どうすることもできないのは、私がこういったタイプの寂しさを知らないからなのかもしれない、とか思いました。が、もしかしたら、自分自身の孤独との付き合い方で精一杯なだけかもしれないです。
ぺピノ

ぺピノの感想・評価

4.9
この映画が大好きなこと、表立っては言えないけれど、あの朝に涙を流したことのある寂しい人達と、密やかに分け合い、赦しを交わし合いたい。そんなさもしい愛情に萬歳。
Marrison

Marrisonの感想・評価

3.7
バッテリー上がってパニくって思わず空き物件へと駆け戻ろうとして何十回目かの横断禁止標示無視でとうとう捕まって360元の罰金くらったからって、そんなに泣かないでよ女子!

というわけで、天才監督にとってもリーカンションにとってもヤンクイメイにとっても空前絶後の集大成的傑作『郊遊 ピクニック』に到達するまでのこれは習作にすぎないんであって、主題の重みが違いすぎる。みんなの若さそのものがシンプルにカワイイっ!!
青春神話と似てて初期はリーカンションの独身者的要素が強いね。しかし思えば覗きという行為はずっと大きなテーマであるな。例えば「西瓜」のAVなんかはまさにそれだ。そしてマンション、納骨堂など容れ物ばっかりで空洞だ。リーカンション完全にぼくじゃん。もう去勢しようかな
2018.5.12@K's cinema(台湾巨匠傑作選2018)
2時間があっという間に感じる映画は久々だった。台詞が少なくても、画だけで充分理解出来る。
突飛なことをし始めるセールスマンが憎めなかった。
osa

osaの感想・評価

-
設定が楽しすぎません???西瓜ボウリングとかジャグジー洗濯とかうれしいサプライズところどころに散らしておきながらやはり孤独が突き刺さるよねぇ、、わたしだったら涙を流す手前で切るかな
1000

1000の感想・評価

3.8
出だしはだいぶ良かったんだがなぁ……。
他作品に比べて、どうも苦悩が抽象的というか、形而上的というか。その辺の叙述が稚拙だった印象。

ただ、冒頭で死を決意していた男が、なんだかんだでしっかり衣食住に取り組むようになる流れは好き。食欲・性欲・睡眠欲を淡々と満たしていくような人生でいいじゃない。

高橋一生と竹内涼真を足して2で割った感じのメンに注目だ。
床ずれ

床ずれの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イケメン男にキスする李康生が可愛すぎて、そこだけ3回繰り返して観た。
xiaoye

xiaoyeの感想・評価

4.5
これは仕草の映画だ。
人の仕草が海のように延々と続いていく。言葉が必要とされていない映像。仕草がこんなに饒舌だったなんて。
気付くと画面の前で拳を挙げていた。大興奮である。男と女が出会いベッドに向かう道程がこんなに素晴らしい映像になるのかよ。セックスの導入過程は人生の教科書に据えたい。

なお、最期のシーンでは時間感覚を無くし寝た。