愛情萬歳の作品情報・感想・評価

愛情萬歳1994年製作の映画)

愛情萬歲/Vive L'Amour/愛情萬歳

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「愛情萬歳」に投稿された感想・評価

DEBBY

DEBBYの感想・評価

4.4
誰のことも本気で好きになったことがない人が共鳴できる映画でもあるし、誰かを本気で好きになったことがある人も共鳴できる映画。私もあんな風に泣きたいよ。
『青春神話』と同じように、性格の異なる2人の青年、葬具屋営業マンのシャオカン、露天商のアーロン、そして不動産仲介屋の女性メイが高級マンションの空き室を通じて織り成すドラマ。

途中まで「え⁈何これ台詞無い映画だったん?」と思ったくらい会話が少ない作品。

「孤独」を象徴するマンションの空き室。集合住宅の中にぽつんとある空き室は、人混みの中で1人だけ同化できない存在のようで寂寥感が漂う。

家具、電化製品、生活用品が一切無い、あるのはむき出しのベッドのみ。都会の喧騒から遮断された孤独な空間の中で、同じく孤独を抱えた3人が互いに愛情を探り合う。

蔡明亮監督はその時代時代の風潮を捉えて、そこに生きる人たちの心情を繊細に描いている。

何も無い部屋に1人でいたら、淋しくてそりゃ西瓜でボーリングでもしたくなりますよね⁈
犬

犬の感想・評価

-
台詞がめちゃくちゃ少なくて良くも悪くも台湾映画って感じなんだけど、やっぱり光の捉え方や絵になるカットが凄まじい。そして、あの頃の台湾俳優って髪型とかスタイルとかかっこいいんだよなあ。

ど変態映画なのにそうと感じさせないのは台湾マジックか巨匠の腕か。

なんと金獅子賞とってるのにレンタル化されてないようで今は特集上映でしか鑑賞できないのかな?観た甲斐は大いにあった。
milagros

milagrosの感想・評価

4.6
今まで見たなかで一番きれいなキスシーンがある。あと、たけしの映画みたいな無邪気な残酷さ。
anakarumik

anakarumikの感想・評価

4.4
設定とか、すごい面白くて、不安定要素で繋がっているからこその、一瞬の希望の輝きがとても良い。
最後の長回しとかグッとくる。あぁ。
tamaom

tamaomの感想・評価

-
こんこんと西瓜を叩き耳を澄ませるシーンが見終わったあとにぐっとくるな 自殺を図る隣ではセックスが行われていたり 西瓜をボウリングにするくだり、突然のハイヒール、ジャクジー洗濯 最後のなみだはわからないようなよくわかるような 閉ざされた眼差しの前でしか愛を表現できない 隣にあるのに気づかない 愛がないから愛情万歳だなんて
sonozy

sonozyの感想・評価

4.0
1994年、ツァイ・ミンリャン監督作。
ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)受賞他

台北に生きる孤独な3人。
ロッカー式納骨棚の孤独なセールスマン、シャオカン(リー・カンション)
不動産仲介エージェントのエロっぽいお姉さんメイ(ヤン・クイメイ)
露天商のナンパ男アーロン(チェン・チャオロン)

ある日、たまたま高級マンションの部屋に鍵がささったままのドアを見かけ、その鍵を盗んだシャオカンは、再び戻り、誰もいない部屋に忍び込み、入浴しながらリストカットをしてしまう。
そこへメイがゆきずりで出会った男アーロンを連れて入ってくる。
絡み合う二人を覗くシャオカンは、手首の傷を押さえ命を取りとめる。

その後、互いに部屋の鍵を持っているシャオカンとアーロンは部屋で鉢合わせし、次第に仲良くなっていく。
メイとアーロン、アーロンとシャオカン。不思議な関係は・・・

極端に少ないセリフ、音楽に頼らない、役者に詳細な人物設定を伝えない事で役者をその人物になりきらせるというアプローチ。
ツァイ・ミンリャン独特の作風が際立っていました。

シャオカン(リー・カンション)はツァイ・ミンリャン監督長編2作目の本作で更にその唯一無二な個性が光り、監督の作品づくりの原動力になっているのが納得です。
Toshiaki

Toshiakiの感想・評価

3.6
無駄な台詞がない。音と映像で都会の中の孤独感を演出してるのが秀逸。
部屋と部屋のコントラストが良かった。
n

nの感想・評価

4.2
『エドワード・ヤンの恋愛時代』や『恐怖分子』を彷彿とさせる孤独な青年たちの台北都会夜話に、変てこな会社員シャオカンが顔を出す。終始画面が暗くてちょっと眠くなってしまった……けど、シャオカンの西瓜ストライクを見られただけでも元は取れた感がある。最高。
『青春神話』にも出ていた陳昭榮さん、ユ・アイン似のすらりとした爽やかイケメンで素敵だった。ソフト買おうかな。
Stream

Streamの感想・評価

4.3
青春神話よりさらに良い。
男女の間で直接会話することはなく、相手を求めているのがかなり面白かった。
リー・カンションの役もかっこよくて男との出会いがかなり大きく彼を変えていたのがよくわかった。
最後の女性がカットなしで泣き続けるシーンはかなりうたれる。
>|