愛情萬歳の作品情報・感想・評価

愛情萬歳1994年製作の映画)

愛情萬歳/Vive L'Amour

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

孤独を抱えた3人の男女が、とある高級マンションの一室で奇妙な出会いを果たし、やがてすれ違っていく。前作よりもさらにセリフや音楽を削ぎ落とし、独自の演出スタイルを確立させた。ヴェネチア映画祭で金獅子賞を受賞し、世界にツァイ・ミンリャンの名を知らしめた作品。

「愛情萬歳」に投稿された感想・評価

1000

1000の感想・評価

3.8
出だしはだいぶ良かったんだがなぁ……。
他作品に比べて、どうも苦悩が抽象的というか、形而上的というか。その辺の叙述が稚拙だった印象。

ただ、冒頭で死を決意していた男が、なんだかんだでしっかり衣食住に取り組むようになる流れは好き。食欲・性欲・睡眠欲を淡々と満たしていくような人生でいいじゃない。

高橋一生と竹内涼真を足して2で割った感じのメンに注目だ。
床ずれ

床ずれの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イケメン男にキスする李康生が可愛すぎて、そこだけ3回繰り返して観た。
xiaoye

xiaoyeの感想・評価

4.5
これは仕草の映画だ。
人の仕草が海のように延々と続いていく。言葉が必要とされていない映像。仕草がこんなに饒舌だったなんて。
気付くと画面の前で拳を挙げていた。大興奮である。男と女が出会いベッドに向かう道程がこんなに素晴らしい映像になるのかよ。セックスの導入過程は人生の教科書に据えたい。

なお、最期のシーンでは時間感覚を無くし寝た。
「愛情」とは名ばかり、3人とも何か欠落していて虚しい… 納骨堂のシーンいいなぁ、マンションの一室と男女3人でこんなドラマが作れるとはね。今まで見たところミンリャンの作品はどれも何かしら共通するポイントや一貫した世界観があって、その世界は脆く、悲しくてやりきれないけれど好きなんだなぁ
なやら

なやらの感想・評価

3.8
ラストの泣き演技モニタリングがめっちゃしんどいが後は最高。
前半の食堂みたいなとこの雰囲気とかヤバい。
YutaroY

YutaroYの感想・評価

3.9
少し前衛的な人間ドラマ。台灣新電影の恐ろしいほどの完成度の高さに、驚かされる。作品には隠喩的に多くのものが登場するけど、どれも難しくて僕の頭には少し早かった。あとで読んだけども、彼の作品には、この作品もそうであるように「水」が多く登場するらしい。水はどこにでもあって、人間に必要なもの。それを愛の象徴だと捉えている。それを知ってから観るだけでも作品の奥深さを感じることができる。
nickname

nicknameの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

黒いジャケットの男 と 女のシーン 一言も喋ってないのに持つ

お風呂に入る前に水飲んで
上がって飲むとき 減りすぎ 何があった?

どこ行きたい?
・・・
どこでもいい
(ない、とか地獄とか言うのかな?って思ったらどこでもいいって言う答えがすごく良かった)

音楽が無くてもいいのが凄い

ジャグジー風呂で洗濯いいなあ

孤独をしつこく、丁寧に

このレビューはネタバレを含みます

スリルある。手に汗握るアドベンチャーものといえる。
最後のいくつかの長回しはぐっときた。足音、光、風、、、。
風が顔に当たる感触とか、鼻の奥の痛み、朝の弱い太陽の眩しさまで感じた。
Nishmarra

Nishmarraの感想・評価

4.2
3人の憂鬱やそれを取り巻く空間がいちいち生々しい。
孤独を内に秘めて生きてる人は愛らしいよな。ああ人間みんなか。
かす

かすの感想・評価

5.0
DVDが存在していることに驚いた
初めて見たときはフィルメックスの特集上映
完璧にやられた作品でみなおしても
やはりやられた
物語ではなくそれぞれのキャラクターと
状況だけが存在してそれぞれ動いていく
狂っている人間だがなぜか納得がいく
僕が愛してやまない西瓜への橋となる
西瓜のショットも性欲とカニバリズムへの
衝動がはっきしとフィルムにこびりついている
ラストシーンは映画を信じるという
ツァイミンリャンの行為として存在している
>|