新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君にの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に」に投稿された感想・評価

Nagisa

Nagisaの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます


頑張ってるのに誰も優しくしてくれない。やめたい。"じゃあやめれば?"と言えば、でも、あの子が辛い思いをするからやめられない。やめたらあの人が褒めてくれない。仕方ないからやる。"自分はどうしたいの?自分がないの?"と言えば、本当は自分のことが好きじゃないから、そんな事を行う価値は自分にないと思うから、死にたい。
と、同じことを繰り返す病み期真っ盛りイライラしてしまうこともあれど、"じゃあ死ねば?"って言えるほど冷たくもなれず、自分だって心の隅にそういう自分が隠れている気がしたりしなかったりしている。未熟さに共感している自分がいて、でも甘えんな!って説教したい自分もいて大変ですね。

人と人が手を取り合って生きていくのは難しいけど、互いに分かり合えるかもしれない、それは見せかけで、自分勝手で、祈りみたいなもので、いつか裏切られるかもしれないけど
もう一度会いたいという気持ちは本物だと思う。

庵野秀明~気持ち悪い!

映画が公開した頃、わたしはまだ小学校にすら通っていなかった。凄いアニメーションが既にあった。
かっぱ

かっぱの感想・評価

4.8
中学生以来に観たけれど、これはまさしくメンタルヘルスの心情をつまびらかに描いてるのではないかしらと思う程にシンパシーを感じました。(もちろん全ての人に当てはまるというわけではありません)

自分がどうしようもなく嫌いで、助けてほしくて、でも他者に近付くのが怖くて、近付かれるのが怖くて、自分は愛される資格も愛する資格もないと思ってて、他者に理解されたくて、でも他人なんかに自分を理解できるはずもないと思ってもいて。奢りと疑念と恐怖と困惑と偽りにまみれた、少しの希望がない混ぜになった自分。世界。

こと、アスカには共感する部分が多く…これは母親と自分の境遇が似ているからかもしれません。

昔はさっぱり分からなかった性描写、心理描写が今回はグサグサーっと胸に突き刺さってまいりました。
これは私が大人になったということでしょうか。
それとも病気を発病したが故に感じ取れたことなのでしょうか。

なんにしても、やっぱり映画って何度観ても新しい気付きを、感動を与えてくれるものですね。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.7
勢いと難しい言葉とちょっと気持ち悪くも格好いい絵と演出で、壮大に魅せている気がしないでもない。わざと分かりにくく、多様な解釈を生むような作風にしている気がしないでもない。背伸びしたい時期に通ぶって見ると取り返しがつかないことになりそうなアニメ。後半、とにかく否定されまくり、自己肯定が上手にできなくなった。
アニメ版の総集編みたいな感じ。
全体的によくわからなくて逆に気になってくる。

使徒に巨神兵みたいなやつとやたら洗練された現代アートみたいなフォルムのやつと2種類あるのが気になった。
そもそもナウシカの巨神兵が庵野監督が夜徘徊している姿をモデルにしたものらしくてちょっとうける。
Netflixにて鑑賞。

今の時代にここまで人間のダメなところから目を逸らさなかったアニメがあるだろうか。

良い意味で観た人を傷つける作品だと改めて思った。
Gam

Gamの感想・評価

4.0
「エヴァンゲリオン」って世界観への評価。
映画としては好きなとこも嫌いなとこも入り混じってる。アダム(渚カヲル)とリリス(綾波レイ)の神の声を借りて、庵野秀明が説教してくるみたいな感じがちょっとイヤ。「甘き死よ、来たれ」とかの終末観の演出はすごいけど。個人的には漫画版の展開の方がキャラクターが生きている感じがして好きだ。

それでもこの作品が沢山の人の心を救い続けてるのはすごく分かった。人類補完計画を否定することで、みんなの存在を肯定している。存在に不安を感じたとき、人はこれをまた見るのかもしれない。

ただシンジくんが前向きに人類補完を止めたくせにすぐアスカの首を絞めてるのは笑った。人は分かり合えない、別々の存在だからこそ寂しくないんだ!とか言っておきながら。たしかにきもちわるい情緒だ。
やっぱりみんな漫画を読むべき。ゲンドウのシンジへの想い、冬月のゲンドウへの僻み、加持さんがシンジに入れ込む理由、シンジとカヲル、シンジとレイの関係とかとか。主人公周辺の深掘りがすばらしい。
しゅう

しゅうの感想・評価

3.9
Netflixに追加されたので久しぶりに観た。新劇場版たのしみ
得ることと失うことを経験したTVシリーズの完結編として、自分の意思でその世界を選択したことに感動した。細かい設定は理解できないが、完結編として納得できるものだった。
アニメ、新世紀エヴァンゲリオンの総集編になっています。
うまくまとまっていたし、音楽に合わせてストーリーが進んでいく心地よさがあります。
絶対見る価値なかった。新カットも全く不要。アニメ見てない人には何が何だか分からないだろうし、アニメ見てる人は同じことの繰り返しだし。時間の無駄……。