理想の女(ひと)の作品情報・感想・評価

「理想の女(ひと)」に投稿された感想・評価

723

723の感想・評価

3.0
登場人物のウィットに富んだ会話のやり取りがおしゃれ。特におじ様達の男と女に関する名言連発。粋。
ヘレン・ハントが冒頭のイメージと相反して、最後ひたすら良い人だったのが拍子抜けしたけど、娘の存在がそうさせたのか、と思うと納得できない事もない。
大々的にスカ子さんが
ポスターに写っていますが、
ヘレン・ハント主演のようだったと思います。

「キャロル」が好きな方は
好き・・・かなあ・・・
(話は全然違う、舞台も時代も違う、完全な直感)

オスカー・ワイルド原作なのですが、
何かそう知ると妙に納得する。
完全に女性向けの映画です。
まあポスター見た感じからしてそんな気はしますが。

また機会があったら
見直したいなと思っている作品の一つです。
「もっかい見たい!」というのとは違う。
ErikoTaki

ErikoTakiの感想・評価

4.0
〜イイ女は2種類しかいない〜
全てを知り尽くした女。
何も知らない女。
ん…まさにでしたね!

私のお気に入りは
ヘレン・ハントと
トム・ウィルキンソンの
大人の気品溢れる会話。
詩的な表現がまた
ふたりの雰囲気にぴったり。
素敵すぎるし憧れますね❤︎

ストーリーも進むにつれて
意外な展開に…
思わず惹きこまれましたね。
優雅で上品な素敵な映画でした♪
スカーレットヨハンソンってこんな綺麗だっけ。服装好き
戯曲が原作って良き、高貴な映画。美しい人だなぁ
文字におこしたくなる台詞
-昼間から飲むのか?
世界のどこかは夜よ
-聖人に過去あり罪人に未来あり
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
なんとなく、古典ものっぽい雰囲気だと思ったら、オスカー・ワイルドの『ウィンダミア卿夫人の扇』という原作でした。男に貢がせ、人の夫を寝とったりという噂が絶えず、女からとことん嫌われているアーリン夫人(ヘレン・ハント)と、幼く純粋で貞淑な妻(スカーレット・ヨハンソン)。嫌な女を醸し出していたアーリン夫人が、後半からちょっと印象が変わっていく。その"裏切り"が上手いお話だなぁ~という感じ。スカーレット・ヨハンソン綺麗だけど、化粧すると口元がちょっとだらしなくてアホそうに見えたり…。ヘレンの声が素敵。
misa

misaの感想・評価

3.7
エルンスト・ルビッチ監督の方も観た。原作の小説も読んだ。
ルビッチの方がサイレントだからだろうけど、こっちのアーリン夫人は“大人の女性”って感じの声とかゆっくりとした話し方とかが本当に素敵で(噂とかよろしくない過去とかもあるけど)魅了されるのもわかるな〜って思った。
kumiporo

kumiporoの感想・評価

2.0
空っぽ。

旦那さんの友達の顔が危険。悪人顔。

主人公も美人だけど、役柄の清楚感より悪女感が…。
それは母の血??

とにかく何が言いたいのか分からなかった…
終始お洒落な世界で目にご褒美をあげた感覚。
スカヨハを始めキャストが美しく、街並みもお洒落で衣装も豪華絢爛。
ストーリーも分かりやすくハッピーエンド。
ただ綻びがあるとしたら、母がなぜ子どもを手放したのか、嘘をついたままで本当にいいのか、という点が納得できず疑問が残ったこと。
そこまで描く必要はないと考えたのか、それともそういうことを考えてすらいないのかは分からないが、ハッピーエンドを手放しに喜ぶにはそういう問題を全て解決すべきだったように思う。
nana

nanaの感想・評価

5.0
すごい良かった~好き!
最後まで予想外の展開に
どんどん引き込まれた。
ここ惜しいなぁ、残念だなぁと思うところが見つからなかった。
容量がいっぱいになってきたから
録画してたのを見て消そうと思ってたけど、消せない…。これは保存かな。
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.3
男をたぶらかす嫌な女が最後に見せた母の顔。同じドレス、似たヘアスタイルの意味は?
>|