レアエクスポーツ 〜囚われのサンタクロース〜の作品情報・感想・評価

「レアエクスポーツ 〜囚われのサンタクロース〜」に投稿された感想・評価

期待してみたけど
盛り上がりに欠けた。
よくこの企画が通ったなと感心しました
サンタクロースが赤い衣装でトナカイの引くソリに乗ってやって来るってお話はどこから湧いて来たんだろ。
プレゼントをたくさん持って、良い子のいるおうちに真夜中にやって来る🎄

よく考えたらエラい怖いわぁー。
真夜中に知らないじいさんが部屋に入ってくる…笑

私のサンタクロースに対する夢は小学校2年生の時、隣に住む同級生の女の子にぶち壊されました☆
今もその子は親友です 笑

この映画、サンタクロース発祥の地のフィンランド産!
ある意味、子供たちのサンタクロースに対する夢を壊しちゃうお話だったから意外!

「サンタクロースは実は悪魔だった?!」
遥か昔のフィンランドではそう思われていたんだって〜!
そんな悪いサンタの墓を掘り起こしに来た外国人集団。
悪魔サンタが復活して山を降りて来る!と不安でたまらない主人公、ピエタリ少年の
奮闘アドベンチャーファンタジーホラー?
↑よく分かんないっ 笑

途中ウトウトしちゃって〜!
ハッと目を開けた時に飛び込んで来たのが、全裸のじいさん数百人が雪の中、ピエタリ少年を追いかけている迫力シーン!!

もちろん全員モザイク有り!
モザイクがこんなにも有り難く感じたのは今日が初めて!笑

大量のじいさんたちが何処から来たのかは見逃しましたが、どうやら妖精らしい。
そのじいさんたちを教育してサンタに仕上げ、世界に出荷する。。

新しいサンタクロース誕生説☆


イヴは朝から映画館のハシゴ♪
それが自分への最高のプレゼント🎁
てか、最近は欲しい物もないなぁ〜^^;
終わってるなぁ〜w
元

元の感想・評価

-
サンタの本場のフィンランドがこういうオチを作ったって考えると、なかなかブラック。
horahuki

horahukiの感想・評価

3.5
明かされるサンタの真実!!
数百人の小汚いお爺ちゃんたちがフィンランドの雪山で、全裸かつチ◯コ丸出しで少年を追いかけるホラーコメディ。

とっても楽しいクリスマスホラーです♫
去年は『暗闇にベルが鳴る』を見たので、今年は楽しいやつにしようと思ってこれを!

あらすじ…
雪山に囲まれたフィンランドの田舎町。父親と2人で暮らす少年ピエタリは、近くにある隣国の山で発掘作業をしている集団を目撃する。その山の中にはサンタの墓が眠っているというのだ。サンタが子どもを襲う怖いものだと知った少年は山からサンタが降りてくることを恐れるようになってしまう。そしてついにクリスマスイブになり…。

サンタ=悪魔で、それが復活してくることに気づいた少年ピエタリがサンタを怖がりつつも、大人たちを引っ張る勇敢さを見せつけてくれるキッズアドベンチャー要素が強い作品。

だから家族でクリスマスに見るのにピッタリかな〜と思って見てましたが、ち◯こにモザイクかかった小汚いお爺ちゃんたちがズラッと並んだ絵面をキッズに見せる羽目になってお茶の間が凍りつくからダメですね。そもそもサンタなんていないとかいう会話から始まるし、サンタ=悪魔な時点でもうアカンね(笑)キッズの夢がぶち壊しになっちゃう…(^_^;)

山の中にたくさんいたトナカイたちが何者かの手によって一夜にして惨殺されていたり、主人公の少年の部屋へとまっすぐ続く足跡が残されていたり、主人公以外の子供たち全員と連絡が取れなくなったりと不穏な雰囲気を漂わせつつも、大人含めてキャラたちみんなどこか気の抜けた感じがあって、のほほんと最後まで見れるユルさが堪らなく好き。

内容的にはそんな大したことないB級ホラーなんだけど、独特なクリスマスムードとブラックさとアホらしさがうまくマッチしていて楽しかったです。少年がヘリにぶら下がって滑空するシーンはキッズアドベンチャー的高揚感とクリスマス映画史上サイコーに汚い地上の絵面が相まって何とも言えない面白いものになってて大好き。

ちなみに昨日はホラー版ホームアローンこと『ベター・ウォッチ・アウト』を再鑑賞しました(笑)やっぱり好きだわ。同じくネトフリ限定だった『アンダー・ザ・シャドウ』の公開も決まったことだし、『ベター〜』の方も劇場公開してほしい!というか『アンダー〜』が劇場公開するから来年の年間No. 1ホラーが既に決まってしまいましたね。『アンダー〜』以上は絶対に出てこないと思う…。

このレビューはネタバレを含みます

【トロール・ハンター】の公開によってノルウェーに巣食うトロールの恐怖の実態が明かされ、子供の夢がぶち壊された2010年!時を同じくして公開された本作によってフィンランドに巣食うサンタクロースの恐怖の実態が明かされ、またしても子供の夢がぶち壊されていたのだった…

サンタクロースは実は悪魔だったというアイデアと氷漬けにされた巨大な角の生えた巨大なサンタクロースや全裸のジジイというサンタクロースの下僕のビジュアルは素晴らしかったのですが、サンタクロースの下僕とのファーストコンタクトも戦闘シーンも演出がユルユルで全くアガらないし、巨大なサンタクロースを出しておいて巨大なサンタクロースとの戦闘シーンを描かない演出は不誠実としか言いようがありません!
子供を全力疾走で追い回し、子供を八つ裂きにした返り血で衣装を赤く染め上げる血塗れのサンタクロースを期待していたのでガッカリ!中途半端に子供向けにしないで、鮮血と肉片と臓物が宙を舞う、大人向けのエクストリームなエンターテインメントに仕上げて欲しかったです!

とりあえず、子供にライフルを持たせたり、自分の仕掛けた狼用の落とし穴で人を殺してしまったと勘違いして解体&隠蔽を画策したり、サンタクロースを人質に身代金を要求したりする主人公の父親が一番あぶない奴だと思いました…
チェケ

チェケの感想・評価

3.5
何とも言えん作品やったから見てから5年以上その存在を忘れ去ってた。ホラーなのかファンタジーなのかコメディなのかよう分からんかった記憶がある。オチは結構キレイやった。この映画をサンタ大国フィンランドが作っとるというのが面白い。
ユウ

ユウの感想・評価

3.5
フィンランドの先生にオススメされて、フィンエアで観たやつ✈️

クセ強!っていう印象だけど、なかなか面白い

本当のサンタこうですけど。っていうちょっと嫌味なメッセージを受け取った気分😂

でも寒い国ってたまに、暗いよな〜😂
酷い(サイコー)ブラックコメディでした。「貴重な輸出品」だってさ。終わってからタイトルの意味が分かります。まさにフィンランドならではの映画。オチが読める人はなかなか居ないと思う

山に埋まったサンタを「重機で」発掘する…という時点で私が知ってるおじいさんと違う。かわいくないジャガイモ少年がルーツを調べていく間は恐怖と笑いが止まらなかった。中学生が妄想で思いつくやつを迫力ある壮大なBGMに乗せて真面目に実現した様でした

カメラワークは落ち着いていて、でも後半は怪獣映画の様にダイナミック!光の当て方、見せ方がいちいち上手いんだよ。夜の場面で暗くてもしっかり明るく見せてくれる。色彩も地味なのに埋もれない様に考えてあるのが伝わります。サンタの(違うけど)赤い服がクッキリ映えて絵画みたいに綺麗

もう少し派手さが欲しかったところだけど少年覚醒にはドキドキしてしまった。叫んだ時のフィンランド語の響きって勇壮でカッコイイです
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
いや、いやいやいや、なかなか面白かった!ホラー調に転びつつも、SFダークファンタジーコメディ少年成長譚が盛りだくさんに詰め込まれてました。裸のジジイが頑張ってる映画です!
映像が悪くないから始まって暫くは中々当たりだなんて思ってたらやられました笑

普段あまり観ないフィンランドが舞台なだけあって、フィンランドってこんな感じなの?!って事が多かったです。

ロシアと近いから主人公の男の子はちょっとアジアな顔してたし
銃に関して意外と緩いってことも初めて知りました。

内容としては
サンタを悪魔だと信じる子供が取っ捕まえて人身売買をする話。
裸のじいさんが大量に出てきて走らされてる衝撃シーンなどが見ものでした。

ダークファンタジーな感じ??

子供が言うこと聞かなすぎてムカついた笑
>|