海辺のポーリーヌの作品情報・感想・評価

海辺のポーリーヌ1983年製作の映画)

PAULINE A LA PLAGE

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

4.0

「海辺のポーリーヌ」に投稿された感想・評価

Yoshmon

Yoshmonの感想・評価

3.6
『君の名前で僕の名前を呼んで』公開記念特集上映企画"すべて恋しき若者たち"の一本。

なんだかしょうもない気持ち。

愛に関して後付けの理由というか、自分の欲求に正当化を持たせる努力ととれる愛の哲学を語り、次元の低い欲求の下僕に成り下がる。それで良いのか?

ポーリーヌは可愛らしく、フランスの片田舎の爽やかなビーチで繰り広げられる人間の愛のやりとり。

他の異性と肉体で愛し合い続けてる相手に対して求愛するかな?

"フレンチキッス"の本当の意味は舌を絡めたディープキスと言うし、フランス人の標準的な恋愛の仕方を描いているのかしら?

普段は観ないタイプの作品で色々新鮮。
窓辺、海辺、車の中、映し方がきれいだった。
wienerdog

wienerdogの感想・評価

5.0
何回かみてアンリのかっこよさがどんどん分かった。大事なのは余裕だと学んだ。
ルー

ルーの感想・評価

3.5
何気ない日常のひとこまの映画です.
海辺で知り合うポーリーヌ、マリオン、アンリ、ピエール達.
各々の恋愛観を持っています.
危ない相手にこそ魅力を感じるマリオン、心配しながら嫉妬心が強いピエール、女にだらしないアンリ….
だけど誰が誰をすきになろうとその人自身がどう思うかが大事.
一番若い15歳のポーリーヌの「人は他人の選択を認めない」にはドキッとしました.
各々追い掛けたり、遊ばれたり、すれ違いますが、恋愛の価値観が垣間見える内容です.
紫陽花、海辺、緑、モン・サンミシェルが美しい映像です.
び

びの感想・評価

-
なんだかちょっと悔しいけど、全然たのしんで観た、、!
純粋に海でのんびりしたいな〜
ジャックロジエといい、
こういうひと夏の映画に弱い。
今日みたいな暑い夏の午前中、ソファに部屋着で寝転んで妹と、途中から父と観た記憶とともにまた思い返して何回も観るんだろうな。
ストーリーにメッセージ性がなくアップダウンもなくただ流れていくような作品だったので私は特別好きなわけではないが、大人たちが恋愛に振り回されお互いに翻弄されていく中でポーリーヌだけが意志を曲げず凛としてるのが素敵だった
どんな素敵な大人になるのかなあ
終始映像がおしゃれでうっとりした
Timewalk

Timewalkの感想・評価

4.0
2018.4.8 Bunkamura ル ・シネマ

エロい
tomyam

tomyamの感想・評価

4.0
バカンスの空気感もよかったし、ちゃんと内容のある作品だったのもよかった。
サスペンスっぽくて面白かった。
嘘の駆け引きが面白かった
>|