冬物語の作品情報・感想・評価・動画配信

『冬物語』に投稿された感想・評価

Aix

Aixの感想・評価

3.7
ベルリン国際映画祭で批評家連盟賞を受賞したエリックロメールの作品。運命的な出会いをした男性と別れてしまった女性の話。

徹底した会話劇と神への信仰を交えたロメールらしい作品でした。主人公のフェリシーがアホな上にわがまま過ぎる女な一方で、そこがとてもリアルだし、彼女からフランスの恋愛映画的な面白さが出ていたのが良かったです。お馴染みの会話劇もちゃんと中身があり、人物像を的確に描いていました。まあ若干500日のサマーっぽかったですが。。。ただ正直今作はもう5分から10分くらい短い尺でも成り立った気がします。今作も良い映画だけど、個人的には緑の光線の方が好きでした。

ミニシアター系の作品や、フランスの恋愛映画が見たい人にはオススメの作品です。
ko

koの感想・評価

3.7
まぁまぁやば女(笑)
久しぶりのロメール🤍また他のも見返したい
きのこ

きのこの感想・評価

4.0
感性で行動する女は扱いにくいけど魅力的。彼女にとってシャルル以外の男は結局は枝葉。凄い女だ。奇跡のような再会も必然のように感じさせる。秀作。
祝日

祝日の感想・評価

-
ほんとうに愛する人と一緒にいることが“自分”になること。神への祈りから導かれる“自分”としての選択にも似ている。「あなたとは違う」と言えちゃう明快さが好き。
わたしはそこまで博識ではないので全部は理解できないけど、ロメールの映画に出てくる哲学の会話がやっぱり好きだ。特に今回はフェリシーが生きながらに学んでいるからこそ湧き出てくる会話、という感じでとても良かった。

クリスマス後の年末にもういちど観たい!
344

344の感想・評価

-
うまくいかないことが続いた日にやけ酒で他のことをしながら見るという、ある種ロメールの作中人物みたいな鑑賞方をしたので、伏線としてのモチーフをただ漫然として見逃したが、ラストシーンの子供置いてけぼりのショットは、部屋間の移動に置いてけぼりのいつものロメールの強化版という感じで、ハッピーエンドに残るしこりして良かったなと思った。作中に映るものを見ていた人としてはラストシーンには不安しかない。そこからの新しい物語である。
主人公みたいに思い切って行動出来る女性っていい!しかも男を何人も振り回す小悪魔なんて、もう可愛すぎるでしょ😈🎀
実際にいたら微妙だけど、ロメール作品で観るとそういう女性も魅力的✳︎
ハッピーエンドでよかったよかった🥂
 これも良かった。奇跡的だが、クリスマスの奇跡にはしない(わざわざ日付を刻み宗教性を排除している)ズラし方もスマート。パスカルの賭け→プラトンの想起説の話も巧いのでフツーに感心した。
 あとこれは別にロメールが凄いわけではないが、フランス語のフィルターを通すと、他愛のない話も洒落て聞こえるから面白いなと思った。
ゆー

ゆーの感想・評価

3.4
奔放な女性に振り回される男性陣。
シェイクスピアを見たり、プラトン語ったりというシーンも。

エリックロメール作品にしては、まだ良い終わりなのかな。
mam

mamの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

四季の物語シリーズ②

バカンスで出会い恋に落ちたシャルルとの別れ際、肝心な住所を間違えて伝えてしまい(呆れるほどの間抜けさ)再会できぬままに。そして5年後。

子供みたいなあどけなさで無邪気に男を振り回し、図書館員の彼氏がいながらも、勤め先の既婚者の美容院経営者と暮らそうとするし2人の男の間を行ったり来たり。でも心では娘の父親であるシャルルを待ちわびている、とういう何とも身勝手なフェリシー。お互いの彼氏や母親にまで、浮気・不倫してることやシャルルの存在を伝えてるのマジかって思うし、受け入れてる方もすごいなって思う。

嘘みたいなバスでの偶然の再開でハッピーエンドなんだけど、中盤あんなにモヤモヤしてたのが不思議なくらいスッとなってしまった。娘のエリーズちゃん(可愛い)が嬉しそうだから、もうそれだけで良かったかな。

2022-465
面白くて、好きかもしんない。
「可能性は極めて高い」わ。

ちなみに、この映画を次に観たのは、演劇に関する批評を読むため。
>|

あなたにおすすめの記事