ケロッグ博士の作品情報・感想・評価

「ケロッグ博士」に投稿された感想・評価

"What is going on?"という言葉がぴったりの、シニカルすぎて何がしたいのかさっぱり分からない一本でした(笑)。
アラン・パーカー監督の作品は今のところハズレがほとんど無い中『バーディ』を観たときはあっけにとられたけど、今回もその感覚に近いです(笑)。

コーンフレークの開発者として有名なケロッグ博士。彼は様々な欲求を抑制し、真の健康を得るためのサナトリウムを建設して巨万の富を築いていた。体調が芳しくないライトボディ夫婦もここに入院し始めるが...。

なんの信憑性もない健康増進法で、多くの支持者を集めるケロッグ博士。本作はフィクション要素の方が強いですが、それにしても博士の考え方ブッ飛びまくりです(笑)。
本作はそれを滑稽に、シニカルに描こうとしているようなんですが、ちょっとあまりのブッ飛び具合に全然笑えなかった...。行きすぎた下ネタもなかなか受け入れ難く...(笑)。あのサナトリウムにいる患者や看護士みんなが変態に見えてめちゃくちゃ気持ち悪かったなぁ...。
でも理解不能なマッドサイエンティストを演じたらやっぱりアンソニー・ホプキンスの右に出る者はいないし、この摩訶不思議な世界観で魅せられるパーカー監督はやっぱり天才!!
マシュー・ブロデリックもブリジット・フォンダも体当たり演技でスゴかった!ジョン・キューザックは小ずるい役でしたが、良い人のイメージが強いからものすごく違和感がありました。(笑)

ラストは結局博士が孤独な人だった、ってことを言いたかったのかなあ。事実とは異なる最期で、不謹慎だけどちょっと笑っちゃいました(笑)。
アラン・パーカーが手がけた作品、変な作品か、渋めの名作の二択に分けられるので本当に分かりやすい...。

このレビューはネタバレを含みます

健康のためなら死んでもいい!って感じのブラックなオチに爆笑でした♪
こう

こうの感想・評価

3.6
シリアルでおなじみのケロッグの生みの親の実話を基にした小説を映画化した作品。

お肉もダメ、セックスもダメ、自慰行為なんてもってのほか…
そんな療養所で巻き起こる様々な出来事がぶっ飛んでいますが観ていて楽しかったです笑
そんな生活でも実際本人は長生きしてるみたいなんですよねぇ笑

ブリジットフォンダが可愛すぎて可愛すぎます。
kaz

kazの感想・評価

3.1
シリアル食べるたびに思い出す
アンソニー・ホプキンスがマンガっぽい

よく考えたらこの映画で描かれてる健康志向って今時のグルテンフリーやら変な体操とたいして変わらないね
原作を読んでなかなかぶっ飛んだ人だと思っていたら映画はもっとぶっ飛んでいた ホプキンス、キレッキレである
青二歳

青二歳の感想・評価

5.0
最高シニカルコメディ。ラストシーンは笑えるけれどよくよく考えると笑えない…ケロッグ(シリアルのあの有名な牛乳かけるやつです)の生みの親、ケロッグ博士の物語。

舞台はケロッグ博士が主宰運営する療養施設…一歩間違うと自己啓発セミナーのような…そんな施設。みんなが博士の標榜する健康法に従う…一歩間違うとカルト教団のような…そんなカリキュラムがとにかく滑稽で面白い。
また主人公?の乗り気でない男性以外は、まぁ〜皆さんまじめに取り組んでらっしゃるのですよ。セックスの抑制もケロッグ健康法、食事療法もケロッグ健康法、呼吸法もケロッグ流!さぁみんなでin and out!
Taka

Takaの感想・評価

3.4
療養所を舞台とした「セックスと健康」に関する奇妙なお話。
何が言いたいのかはイマ一つ判らんけど流石は アラン・パーカー。
オープニングから結構しっかり掴んでくれた。
コーンフレークの発案者ケロッグ博士の療養所に集まる不健康な人たちが織りなす絡み合い^^; 咀嚼、浣腸、菜食、セックス禁止の勧め´д` ; などなど。博士ご本人は91歳まで生きてらしたので間違いない!? 正直細かい話はあまり覚えて無いんですが…いろんな健康器具が出てきてなんだか面白かったことは覚えてますよ。ブリジット・フォンダも可愛いかった。
また観たいな〜。
健康は人類の永遠の願望だけど、不健康は人類の止められない楽しみ。ブリジット・フォンダのおっぱいも健康的にポロリ。@VHS