殺人幻想曲の作品情報・感想・評価

「殺人幻想曲」に投稿された感想・評価

仕立て屋のじいさんが画面の奥でちゃんと弁当食べてるところに感動した。
yadakor

yadakorの感想・評価

3.0
この時代の映画はまだひとつひとつの会話のお芝居っぽさがあるなあ
セリフとセリフの間にあまり間が無く、次から次へとベラベラ喋るのがちょっと疲れる
カメラも話してる人をただ画面内に収めたという感じが
コメディとしてもまあそんなに笑えないかな
イギリス人の指揮者が若妻の不貞を疑い、殺人計画を練るが…というサスペンス的な題材を使ったコメディ。意外に笑える。序盤はグダグダしてるしレックス・ハリソンの高圧的なキャラがイラッとするが、コンサート中のロッセリーニのセミラーミデ以降は曲の盛り上がりと脳内犯罪のリンクがとても気持ち良い。コンサートでエネルギーを発散させた後のズッコケコントが、前半の高血圧演技との落差が効いていて粋な構成になっている。
2017.9.17 DVD(字幕)
mingo

mingoの感想・評価

4.1
こーれも面白い!!ダンディに振舞ってるレックスハリソンがアホすぎて可愛い。まさにギャップ。
スタージェス後期の、クラシック音楽と犯罪妄想の突飛な組み合わせで笑わせてくれる大人のサスペンス喜劇。サスペンスとコメディは紙一重いや一緒ということが痛感できる。虫歯を痛がるワニによるスクリューボールコメディ。スタージェスの映画は「マンガ」である。
妻が浮気していると知った天才指揮者。嫉妬の炎を燃やせながら、コンサート中に復讐の算段を練っていた…。

「レディ・イヴ」「サリヴァンの旅」「パームビーチ・ストーリー」などハイテンション・コメディの名手だったプレストン・スタージェスのキャリア後年の作品(といっても全盛期が本当にちょっとしかない)。

序盤は「レディ・イヴ」の頃からすると少し切れ味(髭剃りだけに)が無くなったような気がしたが、コンサート終了後からギャグが俄然冴え渡っている。

それにしても主人公、不器用すぎ。
なかけ

なかけの感想・評価

5.0
最高。フィルムノワールとコメディを同時にやれるのはオーソン・ウェルズだけかと思ってた。ノワール風の暗い絵面からレックス・ハリソンが自分で照明をつけてコメディに持ってくのが上手い。
t

tの感想・評価

4.1
スクリューボールサスペンス?な映画自体素晴らしいのだが、オケのリハ風景がとても活き活きしておりそれも良い。シンバル奏者が好き
フィルム・ノワールとスクリューボールコメディのハイブリットの様な映画。
崇高。
<映画史上の名作15> 18:20開映(20:15開映『オセロ』併映)
2016.8.30@シネマヴェーラ渋谷
《映画史上の名作15》

なるほどオセロと併映されるわけだわ。
笑いながら回帰するシーンが良い。
元祖ループ物と呼んでも差し支えなくてよ。
>|