狼やくざ 葬いは俺が出すの作品情報・感想・評価

狼やくざ 葬いは俺が出す1972年製作の映画)

製作国:

上映時間:85分

2.5

「狼やくざ 葬いは俺が出す」に投稿された感想・評価

mash1966

mash1966の感想・評価

2.5
東映チャンネルで放映していたので視聴。
池玲子の『雨がやんだら』!
YosinoLee

YosinoLeeの感想・評価

2.4
カネと銃を横取りされた組織に復讐する為千葉ちゃん。ひとりでは心許ないのでスカウトに走る。一人目は刑務所仲間の藤竜也。二人目は藤竜也の元相棒、渡瀬恒彦。三人目は酒場で暴れていた堀田真三。四人目は堀田の舎弟で腕も半人前の誠直也、ポジション的にはミドレンジャー。アカレンジャーになる前に元刑事の殺し屋成田三樹夫に銃殺。藤竜也もマヌケな死に様。結局千葉ちゃんのレンジャースタント一発勝負が最大の見所で後は刺身のツマ。クライマックスは『男たちの挽歌Ⅱ』と変わらないのに何故か残尿感の残る仕上がり。その他特記事項として悲劇のヒロインを演じるは池玲子は容姿100点、歌0点の出来ばえ。