神々のたそがれの作品情報・感想・評価

神々のたそがれ2013年製作の映画)

Hard to Be a God/Трудно быть богом

上映日:2015年03月21日

製作国:

上映時間:177分

3.8

あらすじ

人間が、神になる惑星 舞台は、とある惑星の都市アルカナル。地球から800年ほど遅れ、中世ルネッサンス期を迎えているかのようなこの地に、地球から科学者・歴史家らの調査団が派遣された。しかし彼らが目にしたのは、権力を持った商人たちによる圧政、殺戮、知的財産の抹殺であり、20年が経過しても文化発展の兆しは全く見られない。地球人の1人、ドン・ルマータは、知識と力を持って現れた神のごとき存在として惑星の人…

人間が、神になる惑星 舞台は、とある惑星の都市アルカナル。地球から800年ほど遅れ、中世ルネッサンス期を迎えているかのようなこの地に、地球から科学者・歴史家らの調査団が派遣された。しかし彼らが目にしたのは、権力を持った商人たちによる圧政、殺戮、知的財産の抹殺であり、20年が経過しても文化発展の兆しは全く見られない。地球人の1人、ドン・ルマータは、知識と力を持って現れた神のごとき存在として惑星の人々から崇められていた。だが、政治に介入することは許されず、ただただ権力者たちによって繰り広げられる蛮行を傍観するのみであった…。

「神々のたそがれ」に投稿された感想・評価

川本凌

川本凌の感想・評価

3.5
177分、一応ほとんどの時間観ていたはずだけど、あまりにも画面から伝わるエネルギーが大きすぎたからか、自分が何を観ているんだかさっぱり分からなくなってしまうことがあった。
この映画、地球で撮ったのか疑問に思う。本当にこういう惑星が宇宙のどこかにあって、そこで生きる者、動く物、煙、光、雨、泥、血、汚物、あらゆるものを縦横無尽に撮ったのではないか。それほどまでの密度と実在感があった。
映し出された映像がいわゆる一般的な映画の第三者的な映像なのか、人物の主観としての映像なのか、それともドキュメンタリー的な、そこにカメラがあるということを前提とした映像なのか、その境界もよく分からなくなってくる。
「神よ、いるなら俺を止めてくれ」本当に魅力的な台詞。
Uknow

Uknowの感想・評価

4.5
神はつらい

_
ところで 聞きたい
仲間にを土地与えても
奴隷のいない土地など誰が喜ぶ
そんな土地を誰が欲しがる
奴隷無しだ
結局は新しい奴隷が現れる
新しい処刑台も
新しい抑圧者もだ
全部 繰り返される
新しいアラタも現れる
だが神は無力なまま
滅入る

無力な者は
力なく腕を垂れ
タコの心臓の場所も
心臓の有無も知らず

_
混沌と無秩序、雑踏の響き、未開の汚さ。
全てが薄汚い。
 汚濁に清浄な水を一滴垂らしたとて大した変化は見られない。水を浄化するには一滴一滴土を浸透して濾していかなければならない。混沌の中にありて己だけが清浄であり崇高であろうとすることは恐ろしいほど成し難いものだ。

・鎧の肩口に載っている竜っぽい飾りがなんだかお間抜けさ満載でとったほうがいいんじゃないかと思ったり
・お尻プリプリ
・いろんなタイミングで志村後ろーってなる
・KOE-DAME
・甲冑とボウガン
・ソプラノサックス

_
確実にその場所が存在しているかのような世界観作り。
群衆に混ざっていく視点、思わぬほど近い距離から向けられる視線。
映画というより何だかタイムスリップでもして混沌の中に身を置いているかのような現実と非現実の間。

合間合間で演奏されるサックスの音がいい。サックス弾けるようになってみたいなあと思い続けて早数年。
中庭

中庭の感想・評価

3.8
吐き出した唾や咀嚼物の飛び散る方角の平面的な配置も、口の中にひらりと飛び込む白羽も、何かを刺す度に漏れ出づる空気の音の汚さも、「未開地」へ向けられるドキュメンタリー的なカメラの視線の周到な再現性など遥かに超えた存在としてただそこにあり、力強く過ぎ去っていく。ごく限定的に当てられる照明の光の輪を追うだけでカメラの背後にどれだけの計算と人員が息を潜めているかが判る。モノクロでより浮き出る透明な物体の一つに、雨と雨の線があることを忘れてはならない。
yukiottu

yukiottuの感想・評価

2.3
アレクセイ・ゲルマンに比べればタランティーノはただのディズニー映画だ。
ウンベルト・エーコ(哲学者、小説家)

だそうで非常に期待して見たんですが
個人的には2001年宇宙の旅を遥かに凌ぐ睡眠導入映画でした
yume

yumeの感想・評価

3.1
白黒だからこそ映える泥・汚物・血まみれの世界に放り出された3時間、面白くは無い…が凄かった
カメラワーク結構好み

このレビューはネタバレを含みます

・1964年のSF小説「神様はつらい」が原作、2013年映画化
・作品の難解さからタルコフスキー「ストーカー」やタルベーラ「ニーチェの馬」などを連想した
・日本版の予告で流れた「アレクセイに比べればタランティーノは只のディズニー映画だ」の文言に笑った
・環境音のみの世界で唯一流れる金管楽器の音色が音楽がもたらす文明的な役割を強く感じた
・異国の設定だが服装や村の雰囲気は中世ヨーロッパ
・カメラが出演者に近くてまるで密着映像のような、かと思えばこちらに話しかけてきたり一回だか天使がどうとか言ってた?から「え、カメラは宙を飛んでる天使目線?」とかよく分からず混乱した
・それにしてもおよそ3時間は何回か気が途切れるほど体力と気力を消費した
砂

砂の感想・評価

3.0
地球から800年ほど文明が遅れたとある惑星に地球から派遣された学者たちが目撃する暴政と虐殺の連鎖を映し出す、アレクセイ・ゲルマン監督の遺作であるSF作品。
SF映画となってはいるが、舞台はほぼ中世ヨーロッパを再現したものであり、進歩ではなく退歩を続ける世界である。
ゲルマン監督の作品は「フルスタリョフ、車を!」は観ていたし、本作は多方でけっこう色々な話を聞いていたが、想像以上であった。

ストーリーについては公式サイトの「物語」を鑑賞後に確認しなくては理解できなかったほど複雑。
プロット自体が複雑なわけではないのだが、モノクロでドキュメンタリーのような構図(登場人物たちがカメラに語りかけることも)、一見脈絡のない連続、なにより臭気すら漂ってきそうなほど汚らしく下劣な登場人物たちの生活が3時間もの尺のほとんどを占め、これらが絡み合うというよりは一体となって視聴者に襲いかかるため、非常に混乱し滅入ってしまう。「神様はつらい」を観客も体験する。

進歩や知性に対する反動の極みのような”知識人が狩られている”という舞台、映像から臭い経つような不潔な衣服をまとった下劣で動物のような登場人物たち(動物もそれらに放し飼い)、泥、糞、唾、辛気臭い雨、食べかけの食べ物、などなど汚いもののオンパレードがとにかく情報量の多いショットで延々映し出されて中々しんどいが、モノクロで撮られていることでそこまでの映像的な負荷はなかった。
それどころか霧、影、光、雪などは絵画的な美しさがあり目を奪われた。
ただ本当にストーリー自体を追うことができなかった…

映画の訴えかけるもの、意図なども考えたが、けっこうタフな映画鑑賞でありかなりの気力を要した。たぶんもっと上手に観るにはまだ早かった。
もう少し時間をおいて、準備してから挑戦すればよかった。
充分な評価をするためには、軽い気持ちで観られる作品ではない。

このレビューはネタバレを含みます

あんな動物みたいな知性を取り払った動きが演技でできるものなのか………

とにかくずっと疲れるけど、疲れるからこそ最後の殺戮が見せ場になりすぎてる
神がいるなら止めくれ…ってなるわ
観てる間はストーリーをほとんど追えず、とんでもなく混沌とした外国を観光旅行するような映画だった。
画面に映ってるものは汚くてグロいものばかりだが、映像は絵画のように美しい。
観ていて楽しいという映画ではないが、重厚で凄いものを観たという達成感はやたらある。

この映画は評価を数値で表せなず。
オールナイト明けで観たので爆音上映ならぬ爆睡上映。
ほとんど寝てたので何もできず。
>|