神々のたそがれの作品情報・感想・評価

神々のたそがれ2013年製作の映画)

Hard to Be a God/Трудно быть богом

上映日:2015年03月21日

製作国:

上映時間:177分

3.8

あらすじ

人間が、神になる惑星 舞台は、とある惑星の都市アルカナル。地球から800年ほど遅れ、中世ルネッサンス期を迎えているかのようなこの地に、地球から科学者・歴史家らの調査団が派遣された。しかし彼らが目にしたのは、権力を持った商人たちによる圧政、殺戮、知的財産の抹殺であり、20年が経過しても文化発展の兆しは全く見られない。地球人の1人、ドン・ルマータは、知識と力を持って現れた神のごとき存在として惑星の人…

人間が、神になる惑星 舞台は、とある惑星の都市アルカナル。地球から800年ほど遅れ、中世ルネッサンス期を迎えているかのようなこの地に、地球から科学者・歴史家らの調査団が派遣された。しかし彼らが目にしたのは、権力を持った商人たちによる圧政、殺戮、知的財産の抹殺であり、20年が経過しても文化発展の兆しは全く見られない。地球人の1人、ドン・ルマータは、知識と力を持って現れた神のごとき存在として惑星の人々から崇められていた。だが、政治に介入することは許されず、ただただ権力者たちによって繰り広げられる蛮行を傍観するのみであった…。

「神々のたそがれ」に投稿された感想・評価

公開当時に映画館で観ました。

血と泥と糞と歌が嗅覚に訴えてくる。
唯一無二の重厚な体験を味わえる超弩級の傑作SF映画。
水の街

水の街の感想・評価

4.6
秋雨にうたるる抑制。我々に似た姿形も、似て非なるもの、己の持つちっぽけな知力などは泥と唾と糞に塗れ、半分あたりで溶けてなくなる。激動に、粘りを加え、「あっちいけ」という台詞が何回出てくることでしょう。未来永劫唯一無二、圧巻の傑作。と言いながらも、かつてこの惑星にもいた、シュメール文書の異星人の様。
プハラ

プハラの感想・評価

4.0
ボスとかブリューゲルと言われたら、ああたしかに!です。

とにかく最初っから最後まで、終始ぐっちょぐちょのべっしょべしょ。
パゾリーニとか見たのを思い出したり。
「なんかすごいもん観た!!!」っていう気にはなるけれども、あそこまで長い必要があったのかは、正直わからない。

細部まで凝りまくってるし、ウエットな質感といい、嗅覚に訴えかけてくるほどの徹底的な汚物描写。
の中で、唐突に射抜いてくる強烈な視線。
圧倒されたことだけは間違いないです。


うん。すごいもん観た。
おすすめかっていうと…まぁ人を選ぶとしか言えない。

何度も見たいものではない。
けど、絶対に忘れられない映画だと思う。



nkym

nkymの感想・評価

4.5
3時間と言う長丁場にも関わらず集中して観ることが出来た稀有な作品

何の知識も無しに観てはいけない、その置いてけぼりに拒絶反応がある方が多いのは理解しているが、SF作品である事と設定を理解していると本当に面白い。

ただ残念なのは原作が手に入らないこと、図書館で探してください。
「雨はザーザー降ってるし、霧はモヤモヤ出てるし、地面は泥まみれだわ、血は出るわ、生卵割るわ、スープ飲むわ、唾吐きまくるわ、おしっこするわな怒涛の177分間。例えるならば、新宿ゴールデン街で先輩と呑み始めたら、先輩がべろんべろんに酔っ払い始めて、めちゃくちゃ泥酔しながら暴れまくり、そのまま呑み屋のハシゴに無理やり付き合わされて、店先で更に頭のおかしな人たちと出会い、身体も脳も肝臓もカオスな領域へと達して、もはや意味不明な会話に意味不明に笑いつつ、朝までオールさせられる、ような映画。雨+ぬかるんだ地面+馬は『七人の侍』だし、死体に突き刺さる弓矢は『蜘蛛巣城』かなと思えば、ゲルマンが最も尊敬する監督が黒澤明らしい」
なんだこれ!?なんだこれ!?な映画だった。しかもSFとは…wとにかく汚らしい映像満載。ねちゃねちゃ、びちゃびちゃ。モノクロでよかったわこれ…と思っちゃったし。美男美女出ないし、もうひたすら修行のようにあの映像を観たのでした。巨匠の感性は凡人にはよくわかりませぬ…
kappadokia

kappadokiaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

地面は常にぬかるんでるし、天井にはなにかしらぶら下がってて顔に当たりまくるし、いつも奴隷が必要以上につきまとってくるし
普通の地球人だったらイライラし過ぎて耐えられない日常がある世界
鎧の肩にはオブジェが付いてたり、下半身には鍵をかけてたり、いろんな拷問器具とか
小道具のディテールが細かくて非日常の中の日常のリアリティがすごい
説明は最小限に抑えて、作り込まれた設定とセットと映像表現で完全に異世界をつくってる
なのでセリフが多い訳ではないが画面の情報量が多くてずっと目が離せない
たぶんこの映画最大の特徴の長回しと神様的なカメラワークが
画面酔いして途中休憩せざるを得なかった…
それがなかったら何度も観たい、残念
湿気と臭気がすごい。ブリューゲルとかボッスみたいな画面。
pa

paの感想・評価

5.0
無人島に一人で行ってきなさい、ただしDVD再生するやつと映画1枚だけ持っていってもいーよ、と神様に言われたときに、選ばざるを得ない1枚。
MAAI

MAAIの感想・評価

5.0
ゲルマンの演出は『神々のたそがれ』のこの惑星のために。病み付きになるような感じもあるな。
>|