インナースペースの作品情報・感想・評価

「インナースペース」に投稿された感想・評価

MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
勝手に「ミクロの決死圏」のリメイクだと勘違いしてましたが、全然違う! ミクロ化して人体の中に入っていくという設定だけ共通してて、ハードSFの要素は薄く、内側から人間を操って悪者と戦うという、スピルバーグっぽいドタバタアクションでした。視覚と聴覚にアクセスして、内側から人間を操るという着想が抜群。主役のデニス・クエイド(若い!精悍!)に操られる男がいい味出してるなと思ったら「サボテン・ブラザーズ」の彼でしたか~。

ヒロインは若きメグ・ライアン。誰かが「メグ・ライアンが一番可愛いのは『インナースペース』」って言ってましたが、これには同意。「恋人たちの予感」の前だから、まだ駆け出しの頃なんですけどねー。
劇場鑑賞済み ... その後、何度か地上波でも

「ミクロの決死圏」と同列の内容で、確かデニスとメグがくっついて結婚した作品だったかと?

(^^)/
犬

犬の感想・評価

3.6
ヘアスプレー

ミニチュア化実験より身体が縮小したタック
ウサギに注射される予定が、ひょんなことから冴えないレジ係のジャックの体内へ
さらに、ある陰謀が巻き起こり……

マイクロチップでミクロサイズになった探査艇を打ち込まれた青年の奮闘を描いたSFコメディ

バトル勃発

発想がスゴいですね

クスッと笑える
アクション感あって楽しめました

青年の成長も見所
終わり方も好きかな

体内の映像がお見事!

いろんな機械がいっぱい
いろいろ進化してますね〜

中と外の温度差w
脈が早いってww

キャスト陣も地味に好き
『ミクロの決死圏』をベースにしたSFコメディ。
展開も小気味よく、笑かしてくれる。
M・ショートの振り回されっぷりが実にいい。
田中田

田中田の感想・評価

3.0
なぜか親戚のおばさんと見に行ってキスのシーンが気まずかった思い出
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.3
「ミクロの決死圏」のリメイク。研究室で縮小されたデニス・クエイドの役が、誤って人間の体内に注射され入り込んでしまう。その体内での冒険(?)と、外での陰謀劇の二重ストーリー。昔ちょろっと観たきりだけど、単純に面白かったはず。
父と映画を観に行くというレアなイベント感もあって、とても楽しかった記憶。親子で楽しめるって大事。
87年の映画!?ってのがまず思った😂
確かリメイクやけど
メグ・ライアン、デニス・クエイドと豪華やし

確かリメイクやけど、アイデア良いし

まぁ多少 古さが目立つけど
この時代の映画て良い笑

スピルバーグが確か製作に入ってるから
オモロイんかも?笑
YM

YMの感想・評価

3.8
メグライアン出演ということで、
レンタル鑑賞。
1987年の映画とあって、
コンピュータ画面の古くささが
非常に良い。
内容はコメディとあって軽く
見れました。掘り出し物です。
ミクロキッズ以来、久しぶりに人が小さくなる映画をみたけど、そこそこ面白い。躁鬱の男とスチャラカ軍人のバディー物。80年代のアッパーな感じがでてる。
>|