情婦マノンの作品情報・感想・評価

「情婦マノン」に投稿された感想・評価

青二歳

青二歳の感想・評価

3.2
いきなりアメリカ行の船じゃなくてイスラエル行の船からスタート。え?どういうこと?(;゚∀゚)オペラともバレエとも違う演出…原作18世紀の騎士と美女の出会いをどう読み直すか…これをまさかの現代劇にしたんですか。48年公開、そのまま戦後が舞台?ひえ〜うそでしょ。
パリ解放前後…ナチに"性的に"協力したとリンチされるフランス女性をマノンに置き、それを助けたレジスタンスの男をデ・グリューに置いたと。さらに金に汚いゲスな兄貴を、闇市で荒稼ぎする裏社会の人間にしている。(この時点で“マノン”の世界観からぶっ飛びすぎてて中々物語に入り込めない…)

48年。既にホロコーストが映画の素材になるほどだったんですね。パリ解放の時点でナチの悪行が明らかになっているような描写がありました。デ・グリューが殺人を犯したあとの逃避行がユダヤ人に同情を寄せる船長のイスラエル行きの密航船という。うーん、そこを"マノン"に絡ませるかあ〜(-ω-;)
沼地のパドドゥ…じゃない、破滅のシーンはどうなるの?と思ったら…そこもユダヤ人の受難とからめるのか…何故だかは分からないけれど、親ユダヤ作品になっているようです。

まぁ現代劇に置き換えたのはいいのかも知らんが…うーん…マノンはオペラだと本当に贅沢の似合う美女って感じで、バレエのマノンはとにかく考えなしですごく可愛くて、デグリューが離れられない気持ちがよくわかるし、破滅に向かうくだりの痛ましさもよいんですよね。この映画以外の様々なマノンのキャラクターを色々考えると…やっぱりマノンを現代劇に置くのはムリがあるんでないかと。ただのダメなクズ女になってまう…
KAYUPAN

KAYUPANの感想・評価

4.0
ビッチを愛して全てが狂ってしまった男の話、ショッキングな最後は心をえぐられる。
欲にまみれた情婦マノン。金の為なら誰にでも体を売り、男を騙す。そんな女を愛してしまったロベール。女が売春をしても、金策の為に他の男と結婚しても許してしまう。そして、愛を成就させるために殺人まで犯してしまう。典型的なファムファタールモノ。

かと思いきや、終盤かなり衝撃的な展開。
あの恐ろしい告白はトラウマになる。
ekn

eknの感想・評価

3.5
アンリ=ジョルジュ・クルーゾーとマルセル・カルネは芸人や情婦など当時の身分の低い女性の恋愛を描く作家なのね。これはジョセフ・フォン・スタンバーグの影響なのか時代の流れなのか分からないけど、描くテーマは非常に似ている。
本作のラストの身ひとつで砂漠へ向かう男女はスタンバーグ『モロッコ』(1930)と同じで、靴を脱ぐシーンまで丁寧に真似ているので“オマージュ”なのだろうか。
古い作品にしては人を殴る演出の思いっきりが良い。ガラス越しに見せたり役者の演技もよかった。ラストに関しては『モロッコ』の方が好き。風の吹く音が聴こえるあの余韻は切ない。
yuki

yukiの感想・評価

3.3
イスラエルへと向かう船にしのび込んだ、密航者の男女。モデルとして働いていた筈の妻が、どこぞの馬の骨とも知らぬ男共に身体を売っていた事実、それを行け入れて女に尽くす男の異常とも呼べる愛の強さ。そもそもナチ相手に商売していた女に惚れてしまう時点で、男の選択が根本から誤っている。そのために殺しまでやってしまうのだから、憐れでたまらない。列車の中で人をかき分けでロベールの元まで駆けてくるシーンの熱量は確かに良いけれど、それで騙されていれば世話が無い。どうでも良いけど、マノンみたいな女マジで嫌い。H・G・クルーゾーってどれもこれも過大評価されてない?
フランスにてレジスタンスに参加している青年が、ナチス兵を相手に商売していた若い娼婦に惹き寄せられていく。第2次世界大戦下のフランスを舞台にして、青年と娼婦の逃避行を描いている、ラブ・ロマンス。

頭の中が抗ナチスのことで一杯だった青年が、娼婦の気質を抱えている少女との交流を通して、自己実現に目覚めていくというパターン。有事にともなう混乱期において、安定した生活を手に入れることの難しさが切実に描かれている。

日活ロマンポルノで活躍した脚本家・桂千穂が霊感を得た作品ということだけあり、ロマンポルノの基盤となる要素が凝縮されている。とりわけ、「人間を人間と思わない行為」が主題となっており、それがポジティブにもネガティブにも転がることを示唆させている。

娼婦時代に培った能力を活かして、「ずる賢く生きていくための手練手管」を諭していく展開が愉快痛快。映画的演出も冴えたるものであり、すし詰め状態の客車シーンと終局のユダヤ人亡命シーンが白眉となっている。

このレビューはネタバレを含みます

脚本も音楽もファッションも全部好き。
ラストのマノンを足から担いで背負うのはおおお!?!?ってなった。
たく

たくの感想・評価

3.2
男の性(サガ)として魅力的な女性に翻弄されるよねっていう話かな。
主演女優さんにあまり惹かれなかったのでイマイチ説得力が‥(汗)
rock

rockの感想・評価

3.6
記録。
>|