赤い風船の作品情報・感想・評価

赤い風船1956年製作の映画)

LE BALLON ROUGE

製作国:

上映時間:35分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「赤い風船」に投稿された感想・評価

フランス語の授業でみました。
音声はほとんどない。童話でかわいかった。
最後の終わり方いいな〜。
主役の子すごくかわいい。
50年代にこんなに素敵な映画があったのか。という気持ちです。
フランスの街並みもすごくいい。
まる

まるの感想・評価

3.5
赤い風船と少年の物語。
セリフもなく物語も無いのに風船が愛らしく自分で物語性を描いてしまう。
結末に向かうほどに手に汗を握り、とても悲しい感覚に。
とても素敵な作品で、客観視も移入もできる、面白い視点の初めての作品でした。

短編のピクサーを思い出す。
扇

扇の感想・評価

5.0
キュートな色彩を裏切るようにイノセントは無慈悲に打ち砕かれる。
ラストは美しいが同時にやり切れなさも内包している。この世界に彼らの居場所は最早ないのだ。
この作品の感性に相応しい自分でありたいと思ったのは珍しい体験だったかも。
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.8
最初の後ろ姿からもう可愛い。
観終わってますますしみじみ効いてくる。
台詞がほとんどないから、登場人物の動きと表情と風景をたのしむ映画、 ハラハラもドキドキもワクワクもする童心に帰れる映画。
真夜中

真夜中の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こんな素晴らしい映画があったんですね。
幼いころに母に絵本を読んでもらっているような感覚になりました。
将来自分の子供にぜひ見せてあげたい
可愛いけどほっこり切ない
少年と風船の友情ストーリー

風船がまるで感情あるようにふわふわしてて、ペットっぽくて凄く可愛かった。
あれはどうやって撮影したんだろう。。

赤い風船と青い風船が惹かれ合うシーンが好きだったなあ。
のん

のんの感想・評価

4.5

昔ビデオで観たのが初。

今作が1956年の作品って今回改めて知ったのだけど、これはもう、日本人がフランスに憧れるのも無理ないって思う。

少年と風船の友情という、日本人に親しみやすいファンタジー。
風船の、鮮やかな赤。
灰色っぽいスウェット姿の少年。石畳。

モノに魂を宿らせた世界観を見せる演出、素晴らしい。
ナレーションは一切なし。
セリフも少な目だからなのか、
ヨーロッパの街並み。
画面の中に赤い風船が一つあるだけで
なんだか絵本を見てる趣き。

少年と風船の友情物語。

この映画の主人公は、
少年と赤い風船と
個人的には大勢のエキストラの人々。
本当に自然な反応で、ほっこりしました。
カメラ目線の人もいたので、何も知らされないで撮影された人が多いと思うw

小さなお子さんと観る時は、
絵本風なナレーションを声にしてつけてあげるのがおすすめ。



1956年フランス。
34分短編映画。
アカデミー賞 脚本賞(すごw)
カンヌ映画祭 短編パルムドール受賞。
M

Mの感想・評価

5.0
少年と赤い風船が出会い、友情を深めていく物語。まるでその風船には心があるようだ。風船は少年に寄添い、どこへ行くのも一緒。時に赤い風船は青い風船に心惹かれたりもするが、やはり少年の元に戻り....
台詞は殆どないが、趣きあるヨーロッパの旧い街並みの中、色鮮やかな風船が青く晴れ渡った空に映える 美しい絵画のような印象を与えるフランス映画🎈🇫🇷
>|