赤い風船の作品情報・感想・評価

赤い風船1956年製作の映画)

LE BALLON ROUGE

製作国:

上映時間:35分

ジャンル:

4.0

「赤い風船」に投稿された感想・評価

のあ

のあの感想・評価

4.0
久々のLDディスク。

最高~~~にメルヘン!
ジャンコクトーが「妖精の出てこない妖精の話」と評したそうですが、まさに。
赤い風船も少年も可愛くて可愛くて、心が洗われました(笑)
ちょっと悪戯好きそうな風船と、小さな少年がただ戯れているだけなのに、延々と見ていられます。
台詞が極端に少ないぶん、可愛らしい音楽が効いています。
視覚的にも、1950年代のフランスの街並みに赤い風船はよく映えますね。
どこを切り取っても絵本みたいでした。
ラストのカラフルな風船たちと青空なんかもとても綺麗。

お気に入りのシーンは、青い風船を連れた女の子に遭遇するところです。
andrew

andrewの感想・評価

3.5
芸術仕掛けの童話。
純粋さを伝えるために
凝らした工夫はどれほどか。
純粋に見れない自分は
その苦労を想像せざるを得ない。
製作陣の撮ろうという決意に拍手。
森下

森下の感想・評価

3.7
まるでペットのような赤い風船。
終盤の無数の風船が舞うシーンは美しい。
がく

がくの感想・評価

4.2
子どもの妄想のような作品。チャップリンのサイレント喜劇的なシーンも笑える。

風船、確かに生き物に見えるかも。赤が映える無機質な街並みも綺麗。ラストシーンすってき〜!
『赤い風船』鑑賞
素晴らしかった。35分という短さにストーリーがぎゅっと詰まってる。電柱に絡まっていた赤い風船🎈を助けたあげた少年は風船に優しくしてやりいつしか少年と風船は大の仲良しになっていた。少年と風船はいつも行動を共にしていたが周りの少年たちもそれに興味があり奪おうとするが。。。
風船が途中から人に感じた。少年が恋すると風船も恋をする。何という素晴らしい映画か。最後も最高だったけど最後埋めてあげるくらいしてあげようぜ😅
29回アカデミー賞の脚本賞も受賞している
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

3.8
可愛い。
また灰色な街並みに赤い風船が映えるのが良い。
カールじいさんを思い出させる。
sasamidori

sasamidoriの感想・評価

3.9
灰色の空、灰色の街、冬色の服を着た人達の中、まあるい赤い風船がよく映える
かわいい
パスカルくんといる時のイタズラっぽいのもかわいい

これ最後、絵本だったらめでたしめでたしって、思えたかもしれないけど実写だとなんか悲しい
好きだけど
メメ

メメの感想・評価

4.2
赤いまんまるの風船。
毎日一緒に学校に行って、雨の日には一緒に傘に入る、大事な大事なおともだち。

一番最初のシーンから絵画かと思うような美しさで、一瞬でこの映画の虜になった。
少年と風船を見守る大人たちの目線。
少年と風船を包む柔らかな太陽の光。
これは、癒し効果抜群。
心が洗われるような感覚。
いつまでもいつまでも空高く飛んでいく風船の行く末を見ていたかった。
てん

てんの感想・評価

4.0
色々と込められたメッセージはあるんだろうけど、ただ風船と少年が戯れるのを眺めてるだけで満足。
青みがかった街の様子に丸い風船の赤が映える。
絵としての完成度が抜群。

いないないばあか何か、NHKの子ども向け番組でやってた(今もやってるのかな?)、ボールが意思を持ったみたいに街中を転がっていくコーナーを思い出した。
少年の友人としての、意思を持った存在。
風船に限らず、子ども時代というのはすべてのものに命があるようにみえてぬいぐるみが友達になりえたりするように、子どもたちには風船も1つの生き物だったんだろうな。
vinotinto

vinotintoの感想・評価

3.6
風船の赤色だけがモンマルトルに映えて、フランス絵画のよう。ファンタジーなので、小さい子供と観ても面白そうです。
>|