赤い風船の作品情報・感想・評価

赤い風船1956年製作の映画)

LE BALLON ROUGE

製作国:

上映時間:35分

ジャンル:

4.0

「赤い風船」に投稿された感想・評価

美しい童話の世界。
初めて観た時、感動のあまり芯から身震いしたのを覚えています。
50年代の古いパリの街並みを背景に、少年と風船の不思議な絆を描いた不思議な物語。
将来、自分の子供たちと一緒に鑑賞したい映画。一生涯大切にしたい映画。
けんと

けんとの感想・評価

4.7
男の子のタートルネック上品で可愛いし、仕草もめっちゃ可愛いな〜
しかも、風船が集まってくるシーンがめっちゃいい

セリフの数が少なかったけど物語が理解できたってのもすごい
EBI

EBIの感想・評価

5.0
ふと思い出した♪こんな気分でずっと生きていたいな。
赤い風船が無邪気な子供たちから逃げる話。
『白い馬』をそのまま赤い風船に置き換えてるようにも思えるけど、ラストの終わり方はどちらも切ないことには変わりないものの前者はしっとり、後者はスッキリって感じ。
『白い馬』では脳みそ筋肉バカの大人が明らかに物語上は悪として機能して生死の扱いが生々しいのに対して、『赤い風船』ではコントロールの効かない子供たちの純粋さと無垢さが結果的に危険な動きへと結びついてしまうことの誰が悪いとか言い切れないモヤモヤがある分、終わり方としてはもう少しファンタジー色が強くて楽しげに描かれてるのかな。
風船っていう物体の中にあるフラフラしてゆらゆらしたある種のゴースト的な身体性が観ていてとてもユニーク。
RyoS

RyoSの感想・評価

3.6
こどもがメインの映画は不思議と生き生きしている!
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
こちらもデジタルリマスター版で再鑑賞だが、こちらは輝きを増してる様に見えて驚く。

次々に進化しているVFXにCGなんかが足元にも及ばない、約40分の映像マジック・・・シンプルな美しさは素晴らしいの一言に尽きる。

しかし、ラストはどう解釈しましょう・・・♪悲しみにさよならって感じに見えたが、大人の今でもあんな風船が欲しくなってしまった余韻。
rii

riiの感想・評価

2.2
絵本を見ているような気持ちになれます。可愛らしさ満点
Rena

Renaの感想・評価

3.7
上下ともいい感じのグレーだし、あのサイズ感。背景が朝だったこともあり 遠目から眺めていたらパジャマかと思ったのですが、ちゃんとした服でしたね。
その後 同じ系統のジャケットも着こなしていたので、きっと主人公のパスカルはグレーが大好きな少年なのですね。

パスカルが風船に 真剣な面持ちで言い聞かせるところがとても可愛いく きゅんとする。このシーンは何度観ても飽きないし、観るたびについほほえんでしまいます。

出会いは 街灯に引っ掛かっていた風船をパスカルが助けた?事が始まり。
どこに行くにも一緒で仲良し。たまにふわ~っとそれる時もあるけれど、基本従順で、パスカルの心配までするとても友達思いな風船です。悪いやつにはちょっとした攻撃もしちゃいます(笑)

風船のまん丸な感じ
鮮やかな赤 に 表面の艶
観ていて本当に魅力的で、パスカルが宝物のように大切に、心から大事に大事にしたくなる気持ちもわかります。

どうやって撮影したのだろう?本当に不思議でスゴい!でもなんだか楽しそうだし、こういう夢のある作品 いいですよね。大人の私が観ても心を掴まれるので、こどもならもっと目を輝かせると思います。

男の子って残酷...と思うところもありましたが、こういうシーンも必要ですよね。
赤い風船と青い風船のやりとりもよかった!

ラストは、やはり心が通じ合っていたのですね。風船からの "ありがとう" がたくさんつまった 最高のプレゼント。

こんなに素敵な作品をのこしてくれた アルベール・ラモリス 監督に 心から感謝です。
tiimi

tiimiの感想・評価

4.7
とっても可愛い映画。風船に心があるような動き。
少年と風船の友情物語で癒される。
>|