ケンタとジュンとカヨちゃんの国の作品情報・感想・評価 - 50ページ目

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」に投稿された感想・評価

カヨちゃんは健気だけど、自分は女としてああいう人生は送れないし、送りたくない。
ryoooko

ryoookoの感想・評価

5.0
この年いちばんの傑作だと思った。見ている間ずっと苦しかった。映画館で3回見た。
主演の三人はもちろん良かったけど、宮崎あおいのお兄ちゃんの表情が忘れられない。
frfrkana

frfrkanaの感想・評価

3.8
絶望的で、救われない。ロードムービーだけど、青春ストーリーみたいに爽快感はないし、美しくもない。逃げ場のない感じを上手く表現していた。
amanda

amandaの感想・評価

4.0
絶望的過ぎて、見終わった後のどんより感凄い。三人の演技がリアルで良かった!
cineman

cinemanの感想・評価

2.1
3人の演技がよかった。内容はよくわからなかったから、見直したい。
普通のようで普通じゃない登場人物を、3人が普通に演じていた。
みず

みずの感想・評価

4.0
鬱映画。松田翔太はどんな役もこなせるんですね。すごいです。高良くんはこういう馬鹿っぽい役が好きです。安藤さんもじわじわ良さが分かりました。観終わったあとの虚無感…。
rikako

rikakoの感想・評価

3.0
カヨちゃんが、愛のむきだしにも出てたサクラさんってこともあり、「え?殺すのかな?」って何度も思ってしまう。笑 お互いがいないと、生きていけないから、ケンタとジュンとカヨちゃんの国。私にはこんな国が存在するのかなー。共感できないけど違うわけではないっていうヌルい気持ちになるのは、やはり私は孤独でありながら孤独ではなく、常に誰かに愛され愛していることを実感としてもってるのかしら。んうー、とにかく俳優がイケメンでまぶしかった。
ナツミ

ナツミの感想・評価

2.3
最初は男同士の友情的なものに憧れてた。だけどケンタとジュンは、そんな心地良い関係ではなかったかもしれない。ケンタもジュンもカヨちゃんも、それぞれが孤独な戦いを自分の壁に向かってしてた。振り向かずに、前を塞ぐものを壊そうとしてた。これからのこと、自分のこと、生きることを、真剣に考えてる時に馴れ合いはできない。随所にある核心をついた台詞や描写はとてもよかったしギクッてなった。しかしケンタとジュンのキャスティングがなー。イケメンって人生勝ち組じゃないのかと思ってるわたしとしてはリアリティに欠けて見えて、冷めちゃう時もある。演技云々ではなく。カヨちゃんは満点。大好き。
さゃ

さゃの感想・評価

3.1
予告で気になり借りました♪

演技派若手!!だったのでとーっても
映画の中に入り込んでしまいました♪

内容は、身近に感じる思いや葛藤など
困惑する部分も多いですが、嫌いぢゃないです!!