ザ・ブルード/怒りのメタファーの作品情報・感想・評価・動画配信

『ザ・ブルード/怒りのメタファー』に投稿された感想・評価

5

5の感想・評価

3.5
身の回りの得体の知れない殺人事件と、怪しい精神科医の治療を受ける妻という前提条件の元に話が進み、想像せぬ展開や結末が衝撃的。クローネンバーグらしさ全開の初期作。

2024|26|9,17
spike

spikeの感想・評価

-
デヴィッド・クローネンバーグ監督作で観ていなかった映画ということで鑑賞。緊張感が続くクローネンバーグの初期作で、90分程度の簡潔にまとまっており見易かったです。

フランクの周囲でばかり殺人が起こるため、彼が犯人だと疑われて追い詰められるニューロティックスリラーな展開になるかと思いきや、素直に怪物の正体探りや最終対決に向かうのが意外。終盤は母体から生命が血に塗…

>>続きを読む
Rovin

Rovinの感想・評価

3.7

人体を気持ち悪く表現するのが“ボディホラー”。そのジャンルを確立したクローネンバーグ監督の初期作品。見ると思わず顔を歪ませてしまうようなシーンもあり、気色悪さが病みつきになりそう。

また、見た目の…

>>続きを読む

これはちゃんと怖いしグロいし面白い。監督自身の離婚と親権争いをここまでどストレートにホラーに落とし込む狂気。カナダの雪の風景の中、子供を誘拐して歩く「子供」のシーンが印象的。あとこれ、「怒りのメタフ…

>>続きを読む

怒りの具現化

◆あらすじ
 フランクは、妻ノラが医療センターでラグラン博士の手によって、精神疾患の治療のモルモットにされているのではないかと疑いを持つ。
また、娘キャンディの背中に赤いただれを発見…

>>続きを読む
監督一作目なのかな?みたいな感じだった。意外性もなく、淡々と終わった。
監督は女の怒りというものに一家言ありそう。
無VS有

無VS有の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

疲れてるし観なくてもいいかなーと思ってたけど、やっぱり興味あって観てみたら以外にも面白かった!みてよかった!
想像してたより見やすくて楽だった。なんかまたもっと意味不明で混乱するようなやつかと思って…

>>続きを読む
MASH

MASHの感想・評価

3.5

監督のデヴィッド・クローネンバーグ自身の離婚経験を基に作られた作品。監督は『クレイマー・クレイマー』を観て、「離婚はこんなに甘くない💢」と思い作ったのだとか。じゃあリアルな泥沼離婚劇を描くのかと…

>>続きを読む
monkey

monkeyの感想・評価

3.8

50年前の映画とは思えないようなクオリティ。面白さより恐怖とグロさが勝つ。
展開が読めん。中盤までのモヤモヤしてた部分後半で全部理解できた。巧みな怒涛の展開がマジで衝撃やった。最後でやっとタイトルの…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事