道中の点検の作品情報・感想・評価

道中の点検1971年製作の映画)

TROVERNA NA DOROGAKH

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.8

『道中の点検』に投稿された感想・評価

3.8
312件のレビュー
kabaya

kabayaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

7番目の道づれよりも分かりやすく味がしたので、しがめばもっと楽しめそう
討伐隊がやってきた時の逃げるシーン、船に乗る大量の捕虜のシーン、ラストの列車逃すためのシーンあたりが特に面白かった
ストーリー…

>>続きを読む
tych

tychの感想・評価

3.8

1971年 アレクセイ・ゲルマン監督作品 モノクロ 97分。第二次大戦中、独軍占領下のロシア北西部、ロコトコフ隊長(ローラン・ブイコフ)率いるパルチザン隊にラザレフ(ウラジミール・ザマンスキー)が投…

>>続きを読む
mfg

mfgの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます



ロシア映画 アレクセイ・ゲルマン映画好き

芸術性
哲学
台詞
雰囲気

思想
(全面的に肯定はできないけど…(共産主義 マルクス主義における不幸平等の思想とか 嫉妬心の正当化とか…自分の不幸を…

>>続きを読む

凄い映画だ。

先づロングショットが抜群に美しい。
其の雪と遠景とには、思はず目を見張る。おゝ、ロシヤよ──。
極め付けは、クライマックスの列車が去ってゆくカット。映画の歴史上、列車が此方へ到着する…

>>続きを読む
米

米の感想・評価

-
意外にわかりやすくてびっくり 村が砲撃を受けて人々が逃げ惑うシーンで聞こえる女性の息遣いが印象的でした

このレビューはネタバレを含みます

はあー…画力つよー😳めっちゃ良き✨
やっぱゲルマン監督、すごいんだね!(爆)

こういう感性と表現欲を支えているのは、おそらく監督の『原風景』なんだろうな…

フルスタリョフを観てからだと、とても素…

>>続きを読む
UE

UEの感想・評価

3.5
フルスタリョフ見たあとだから微妙に感じるけど構図とか撮影は本当にセンスだなーと。
「クローゼットの中でヒトラーが怯えている」

このレビューはネタバレを含みます

地獄というべき環境下で悲劇でありながら、メロドラマに絶対させないという意思を感じます。リアルな戦闘シーンと常と会話シーンとモノクロコダックフィルムが印象的でストーリーはわかりやすい良作だと思います。
FeMan

FeManの感想・評価

3.8
正直人が多くて登場人物たちの区別ができず、今何が起こっているのかもよく分からなかったが、それでも面白い。
カメラワークや構図、舞台演出などが巧みなおかげだろう。
bluetokyo

bluetokyoの感想・評価

3.5

戦争スペクタクルというほどではないが、なかなかスペクタクルなシーンがある。戦争に翻弄される一人の男を描いている。結局、なにが言いたいのかわからんが、人間は、善悪、イデオロギー、主義主張、宗教では、割…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事