動くな、死ね、甦れ!の作品情報・感想・評価

動くな、死ね、甦れ!1989年製作の映画)

ZAMRI, UMRI, VOSKRESNI!

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじ…

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじみの少女ガリーヤ。 二人に芽生えた淡い想いは次第に呼応していくが、学校を退学になっ たワレルカが町から逃亡することで、彼らの運命はとんでもない方向へ転じていくのだった・・・。

「動くな、死ね、甦れ!」に投稿された感想・評価

KnI

KnIの感想・評価

3.0
うーん、成る程分からん。

この作品に内包されたエネルギーの凄さは分かるけど、ここまで高評価される理由はよく分かりませんでした。

最後のあの演出は個人的には好きじゃない。
Anomalisa的なクセになる日本語は好き。
動くものが捕らえられる捉えられる撮らえられる。
美脚

美脚の感想・評価

4.0
2017年10月鑑賞。
20歳の誕生日に選んだ映画。
大島渚の「少年」をオマージュしているようなところをどことなく感じる。
強盗殺人の時の男の子のショットと強盗団からがリーヤと逃げるショットはすごい。
小さな恋のメロディ以上に恋愛映画。好きとか全然語らないのに。
名作だって言われても、戦争映画はなんとなく眠くなっちゃう
映画じゃなくて本物を見てるみたいにリアルな感じがした
reephan

reephanの感想・評価

4.0
なんだかやばいぞ、この映画!
ロシアの極東スーチャンに生きるワレルカという男の子とその子の幼馴染みでM1グランプリで気合い入りまくりのツッコミのようにどつき回す天使ガリーヤのお話。
白黒だからこそなのか寒々と、荒涼とした風景や戦後で日本人捕虜がいたり、決して裕福とは言えない住民の生活、ワレルカのシングル母ちゃんの子を愛する気持ちと女として生きていきたい気持ちと、ワレルカのワルでいたい気持ちとやんちゃな気持ちと女の人を大事にしたい気持ちと大人はわかってくれないの気持ちなどなどいろんなものが映し出されている。混沌。そして容赦ない感じ。こどもだからとか全然関係ない世界。みんなとにかく声が大きいし、意味のわからない歌詞の歌を歌ってたりで、なんかまあ映画だけど、夢みたい。ちょっとした悪夢。
霧がかかってているところを駆け抜けるシーンや機関車の上でどつき回し天使じゃなく女の子らしいガリーヤとワレルカが話すシーン、線路を話すのは二人でにこにこしながら歩いてふざけるシーン、美しい悪夢。そしてラストシーンの狂気。
あとは表情。特にこどもたちのなんだけど、演出とかしてるのかな。ほんとに映画の中の時代を生きているみたいだった。
今後のワレルカが心配。
全編通して不快感がすごい。
最後の急展開がちょっと緩和してくれるけど。

たまにカラーに見えた。
大傑作。
なにもかも素晴らしく、次に続く2作への序章でしかないのもまたよい!
もうとにかくすごいんだから!
ストーリーも子役たちもカメラワークも、そしてラストも。

これも見た後しばらく動けなくなっちゃた作品の1つです。
MAAI

MAAIの感想・評価

5.0
気狂い級の傑作。ゲルマンにはなかったものがカネフスキーにはある。
あや

あやの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最後の駆け足気味の展開に「え!?」となったまま、映画の幕が閉じる。

戦後の荒れた炭鉱地だろうが、平和で物に溢れた時代に生きようが、子どもたちの無慈悲さとか無鉄砲さは同じやなぁ、て思った。
特に、万年筆が盗まれたときに先生が犯人が見つかるまでみんな帰させないシーンはふつうにあるある〜てなった。

ただ、あるあるな子どもたちの言動と当時のソ連の環境(片足のない人が白い目を向けられずに普通にいたり、街から逃げたいと列車に飛び乗ろうとする女がいたり、女囚が自由になるために男にせがんだり、、、)が今の時代から見るとミスマッチで、ときどきハッとさせられた。

いつの時代も小学生は男の子より女の子のほうが大人びていて、ガーリヤがこの映画をより魅力的にさせていた。

最後の線路をふたりで歩くシーンは、子どもたちの淡い恋がこれから生まれようとしている柔らかな空気があったのにも関わらず、いきなりそれを覆す展開。

歌をうたうワレルカに、続けてというガーリヤの笑顔が愛おしすぎた。

その危うささえも、この時代のソ連を物語っているのかな、と思った。

ドキュメンタリーを観ているような先の読めない映画やった。
>|