動くな、死ね、甦れ!の作品情報・感想・評価

動くな、死ね、甦れ!1989年製作の映画)

ZAMRI, UMRI, VOSKRESNI!/Don't Mov Die And Rise Again!

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじ…

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじみの少女ガリーヤ。 二人に芽生えた淡い想いは次第に呼応していくが、学校を退学になっ たワレルカが町から逃亡することで、彼らの運命はとんでもない方向へ転じていくのだった・・・。

「動くな、死ね、甦れ!」に投稿された感想・評価

星

星の感想・評価

4.8
少年少女の剥き出しの暴力性と生の輝きを刻印した一作。極東の地ソ連が生み出した「汚濁に塗れた青春映画」として記憶に残る。物語の背景にあるのは腐敗した独裁政権下で狂気とも正気とも言えない日々を過ごす労働者の退廃的過ぎる生活だが、主演の少年少女らは大人の腐った世界から離反して綺麗な世界に旅立とうとする。が、それですら最終的には自滅の一途を辿ることになる。全くと言っていいほど救いのない展開で、粒子の荒い白黒画面から発散される「死臭」が凄い。グランジロックみたいな映画である。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.4
みんなおかしい。主人公の母親も街の人たちも。
でもそれが普通だった時代。

主人公の些細なイタズラからだんだん転げ落ちていく感じ。こんなはずじゃなかったろうなぁ…

正直ずっと主人公はガキでどうしようもないけど、その度に主人公を追いかけて見捨てないヒロインに自分も救われる。

テメェそんな素敵な女性を無下に扱ってんじゃねぇよ!!!!

そんな鬱屈とした世界で唯一の天使だったヒロインのラストには救いが無いというね…

ヒロインの母親が完全に壊れた姿は怖かったっす。
犬

犬の感想・評価

-
少年ワレルカにとっては些細なイタズラだったとしてもそれが引き返すことのできない絶望への入口という展開が同じ製作国ソ連の『炎628』と重なる部分があって悪趣味すぎて面白い。

映画として奇跡的な表情やカットが多く見られ、傑作と呼ばれるのも納得。廊下で怒鳴り歌う青年や狂った博士など出てくるキャラクターが強烈というのも面白い点だが、特に驚愕的だったのがラストの少女ガリーヤの死に狂ってしまった母親。あれは演出なのかマジなのか。あまりの衝撃に笑ってしまうほどにビビる。
fumiso

fumisoの感想・評価

4.0
女の子が愛おしい存在。男の子の姿は見ていてこちらが辛くなる。誰一人として幸せそうな人はいない。いるとすれば、2人きりの時の少年と少女か。
カメラにも力強さがある。
谷中実

谷中実の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

<1>
主人公の少年ワレルカは、他の多くの子供達がそうであるように自分を持て余している。
自分の内側の有り余る活力と、感情の起伏に突き動かされ、およそろくでもない悪戯ばかりする。

母親を愛しているが、愛し方が分からない。例え頭で分かっているとしても、彼には出来ない。
母親は常に生活に追われ、夫を失った境遇に耐えている。ワレルカの乱暴と不器用を責め立てて嘆くばかりで、愛する余地を与えてくれない。
つまり彼はどこにでも居るような、母親の愛にありつけずに飢えている、ありふれた悪童である。

<2>
ワレルカは決して行いの良い子とは言えないが、心にどこか純真さを残していた。
その心を見つけて、どんな時でも守ろうとしてくれる存在が彼には居た。幼馴染の少女ガリーヤだ。
彼女はワレルカの知る誰よりも聡明で勇敢だ。人一倍働き者でもある。
暖かい思いやりを与えてくれ、助けが必要な時にはいつでも傍に居る。
まさしく彼の為に遣わされたかのような守護天使だった。

社会がどんなに暗く、退廃的で生存に厳しい場所であっても、ガリーヤさえ居ればワレルカは生きて行けるだろうと思われた。
彼女という救いの光があったからこそ、本作の根底には希望があった。

<3>
ラストシーンに映らないワレルカは果たして生き延びたのか、死んでいるのか。
どちらでも同じことかも知れない。
天使は去った。ワレルカのせいではないが、強いて原因を求めるなら彼の落ち度でしかないのだろう。
道標は失われ、狂気の吹き荒れる心と世界のただなかで、一人生きて行かなければならない。
知らず知らず誰かの手で守られていた、子供時代は終わったのだ。

・動くな、死ね、甦れ!
監督の本意は分からないが、魂を指して言っているような印象を受けた。
ワレルカが自分自身に言うのか、ガリーヤに言うのかは分からない。
あるいは両者を指したものだろうか。
素晴らしかった
と言える感受性も知識も持ち合わせていないけど
凄いものみた
という感覚だけはある

これがあの時代
あの場所での
現実
ロリコンになりそう!ロリコンそーすけちゃん、誕生!!バカな男子、精神年齢低めの男子、プライドだけ高い男子、ダンスできない男子。いつも見守ってる少女、お尻を叩いてくれる少女、女を知ってる少女、でも少女。この子が肩をたたいてくれると、ムスッと扉をあけるたび、笑顔で声をかけてくれるたび、心がときめいた。そうすけちゃん、春到来。
かす

かすの感想・評価

5.0
あぁ、傑作映画を観た。
カメラがとにかくすごい。
長回しの引き絵からドンとよったカットバック。
誰しもが声を荒げ踊り狂っている。
ガリーヤ、彼女を超える少女は金輪際誕生しないであろう。
人間が天使になるということは終わりがあることである。
あまりにも唐突な終わりはカメラにはおさめられない。
時たま映る日本人や身体障害者そして戦争負傷者達はこれでもかというほど差別的に描かれている。
いや差別的に描かれることが正しいはずだ。
なぜならその時代のリアルはそうであったから。
リアリズムとは醜悪なものも写さなければならない。
東欧らしいサウンドエフェクト。
多少の荒さを感じつつも、今まで感じたことのない余韻を残す作品だった。
hayashi

hayashiの感想・評価

3.0
絶望と恐怖をたくさん感じた。希望がまるで無い。生きてる人達がみんな希望なんて持ってないからそらそうか。大人は自分のことしか考えてなくてすぐ怒鳴るし子供のことを全然分かろうとしない。愛もない。微かに希望が感じられたのはラストシーン。汽車の隙間から微笑みあう二人。けどガリーヤはああなることを察して、ワレルカに歌ってと頼んだのか?そうだとしたら苦しすぎる。胸糞悪いしとても疲れる作品ですが、見といて良かったと思います。
>|