動くな、死ね、甦れ!の作品情報・感想・評価

動くな、死ね、甦れ!1989年製作の映画)

ZAMRI, UMRI, VOSKRESNI!/Don't Mov Die And Rise Again!

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじ…

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじみの少女ガリーヤ。 二人に芽生えた淡い想いは次第に呼応していくが、学校を退学になっ たワレルカが町から逃亡することで、彼らの運命はとんでもない方向へ転じていくのだった・・・。

「動くな、死ね、甦れ!」に投稿された感想・評価

初めて観た時の衝撃が忘れられない傑作。忘れないように定期的に鑑賞。戦後直後のロシアを舞台に問題児の少年ワレルカと、そのワレルカをそっと手助けする少女ガリーヤ。2人の眩くて危なげな描写が素晴らしい。モノクロなのに何でこんなに映像が美しいと感じるのだろうか。誰かが口ずさむ歌や周りの雑音すら絶妙で鳥肌立つわ。
kei

keiの感想・評価

-
ゲルマン監督の影響もあると思うけどとにかく強烈。人生の理不尽に対してユーモアやエゲツない映像で全力で対峙している。この頃のソ連の監督の作品はこういうテイストが多い。キンザザもある意味こういう反抗精神が入っているんだと思う。ユーモアの奥にある苦しみが痛いほど伝わってくる。監督自身無実の罪で刑務所に何年もいたんだとか…。
mas

masの感想・評価

3.4
未熟ゆえなかなか理解出来ず無念…。数年後またみます。ラストシーンは強烈だった。
s

sの感想・評価

5.0
閉塞的でじめっぽくて重い
まっすぐで無垢な子供も、分かってあげれない大人も居て

重くて生々しくて くらったなぁ
さりん

さりんの感想・評価

3.0
すごい作品だった
ガリーヤはほんとうに守護天使だった
最後線路を2人で歩くシーンよかったな
鬱屈した日常の結末がこれなのかと思うとやるせないけど、なるべくしてなったような気もする
差別暴力ヒステリー気が触れた人たち皆自分のことばかり、これが戦後ソ連のリアルなんだな~日本の戦後もこんなもんだったのかな
張

張の感想・評価

3.0
誰しもがああなる事は想定出来たとしても、最後がショックすぎる。
ちよめ

ちよめの感想・評価

4.2
1989年制作とは思えないほどの古めかしさ。まるで本当に実際の大戦直後のシベリア炭鉱町を撮ってるんじゃないかと……

12歳の守護天使ガリーヤ
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.8
タイトルの求心力にやられた
これは見たくなるだろう
蘇れ!



監督・脚本:ヴィターリー・カネフスキー
主演:パーヴェル・ナザーロフ/ディナーラ・ドルカーロワ


@早稲田松竹
後から考えれば、あういう結末にならざるを得なかった気がする


最後のシーンは強烈だった
じゅん

じゅんの感想・評価

3.4
みんなおかしい。主人公の母親も街の人たちも。
でもそれが普通だった時代。

主人公の些細なイタズラからだんだん転げ落ちていく感じ。こんなはずじゃなかったろうなぁ…

正直ずっと主人公はガキでどうしようもないけど、その度に主人公を追いかけて見捨てないヒロインに自分も救われる。

テメェそんな素敵な女性を無下に扱ってんじゃねぇよ!!!!

そんな鬱屈とした世界で唯一の天使だったヒロインのラストには救いが無いというね…

ヒロインの母親が完全に壊れた姿は怖かったっす。
>|