動くな、死ね、甦れ!の作品情報・感想・評価

動くな、死ね、甦れ!1989年製作の映画)

ZAMRI, UMRI, VOSKRESNI!/Don't Mov Die And Rise Again!

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじ…

ソビエトの極東にある炭鉱町スーチャンに生きる 12 歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている 彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返 したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親とその愛人への反発と相まって、 悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってく れる幼なじみの少女ガリーヤ。 二人に芽生えた淡い想いは次第に呼応していくが、学校を退学になっ たワレルカが町から逃亡することで、彼らの運命はとんでもない方向へ転じていくのだった・・・。

「動くな、死ね、甦れ!」に投稿された感想・評価

s

sの感想・評価

5.0
閉塞的でじめっぽくて重い
まっすぐで無垢な子供も、分かってあげれない大人も居て

重くて生々しくて くらったなぁ
さりん

さりんの感想・評価

3.0
すごい作品だった
ガリーヤはほんとうに守護天使だった
最後線路を2人で歩くシーンよかったな
鬱屈した日常の結末がこれなのかと思うとやるせないけど、なるべくしてなったような気もする
差別暴力ヒステリー気が触れた人たち皆自分のことばかり、これが戦後ソ連のリアルなんだな~日本の戦後もこんなもんだったのかな
張

張の感想・評価

3.0
誰しもがああなる事は想定出来たとしても、最後がショックすぎる。
ちよめ

ちよめの感想・評価

4.2
1989年制作とは思えないほどの古めかしさ。まるで本当に実際の大戦直後のシベリア炭鉱町を撮ってるんじゃないかと……

12歳の守護天使ガリーヤ
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.8
タイトルの求心力にやられた
これは見たくなるだろう
蘇れ!



監督・脚本:ヴィターリー・カネフスキー
主演:パーヴェル・ナザーロフ/ディナーラ・ドルカーロワ


@早稲田松竹
後から考えれば、あういう結末にならざるを得なかった気がする


最後のシーンは強烈だった
じゅん

じゅんの感想・評価

3.4
みんなおかしい。主人公の母親も街の人たちも。
でもそれが普通だった時代。

主人公の些細なイタズラからだんだん転げ落ちていく感じ。こんなはずじゃなかったろうなぁ…

正直ずっと主人公はガキでどうしようもないけど、その度に主人公を追いかけて見捨てないヒロインに自分も救われる。

テメェそんな素敵な女性を無下に扱ってんじゃねぇよ!!!!

そんな鬱屈とした世界で唯一の天使だったヒロインのラストには救いが無いというね…

ヒロインの母親が完全に壊れた姿は怖かったっす。
蹂躙

蹂躙の感想・評価

4.5
不穏な笑みを浮かべた浮浪者のドアップと日本兵と女の子のお茶をけなすシーンと最後の魔女が頭に残っている。あと、女の子が死ぬシーンのオフ。
ShotaTerai

ShotaTeraiの感想・評価

5.0
「真の芸術を創造するためには奴隷が必要だ」という台詞を村上春樹だか誰かの小説で読んで、ふーんそういうものかしらとそのころまだヤングだった僕は届きもしない崇高な場所まで思いを巡らそうとしたものだけどその台詞を座頭市よろしく0.3秒で切り倒すようにこの作品は全否定をしてくれた。芸術という神輿に担がれた概念を2トントラックくで100回くらい轢き倒してそれでもまだふらふらと立ち上がってくるボロ雑巾のような、不死鳥のような芸術が「動くな、死ね、甦れ!」なのだと感じる。
犬

犬の感想・評価

-
少年ワレルカにとっては些細なイタズラだったとしてもそれが引き返すことのできない絶望への入口という展開が同じ製作国ソ連の『炎628』と重なる部分があって悪趣味すぎて面白い。

映画として奇跡的な表情やカットが多く見られ、傑作と呼ばれるのも納得。廊下で怒鳴り歌う青年や狂った博士など出てくるキャラクターが強烈というのも面白い点だが、特に驚愕的だったのがラストの少女ガリーヤの死に狂ってしまった母親。あれは演出なのかマジなのか。あまりの衝撃に笑ってしまうほどにビビる。
>|