僕の村は戦場だったの作品情報・感想・評価

僕の村は戦場だった1962年製作の映画)

IVANOVO DETSTVO

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.9

『僕の村は戦場だった』に投稿された感想・評価

8Niagara8

8Niagara8の感想・評価

4.3

母や妹との思い出の美しさは皮肉なやるせないコントラストである。
水の撮り方はやはり一級品であり、彼の美的センスは既に確立されていて、後の飛躍が想像に難くない。溝口的な構図の美しさを感じることが多く、…

>>続きを読む

タルコフスキー長編第1作。日本公開時はATG映画として封切られたという。今見ると前衛的な感じはしないがイワンが見る母親の夢のシーンなどは後年の幻想的な作風に通じるものがあるように思う。看護師マーシャ…

>>続きを読む

CGを使えば簡単に戦争を表面上は表現できてしまう現代に比べて、戦争を人物の台詞や表情や美しい情景との対比だけで戦争の本質である不条理を描くことに見事に成功している唯一無二な作品

子供が戦争に加担し…

>>続きを読む
oji

ojiの感想・評価

4.1

タルコフスキー作品
ヴェネツィア金獅子賞!

タルコフスキーの幼少期を投影しているとか。長編一作目だからか、ストーリーが割と明確な作品で、少年の入りから行く末を見届けられる。
随所に、のちにタルコフ…

>>続きを読む
ntm

ntmの感想・評価

-
アンドレイルブリョフを観た後だったので、そうだったタルコフスキーは水を印象的に撮る人だったってなった。
音楽の鳴り方?がローラーとバイオリンからの流れを感じたし、アルベールラモリスを思った
美波

美波の感想・評価

-

子どもがあんな大人びた表情をしてはいけない。
だからこそ母とりんごの夢で見せるあどけない表情が堪えがたい。

意図的なのか分からないが戦場の画が美しいことへの違和感。
でもその違和感に人間のどうしよ…

>>続きを読む

おそらく、文明批判の映画。
おそらくとエクスキューズを付けたのは、タルコフスキーがそんな単純な映画を作るはずがない、というつまらない信仰心がためである。
母妹と過ごす、イヴァンのハッピー•チャイルド…

>>続きを読む

タルコフスキーの長編デビュー作品。
あらすじに難解な部分は少ないながら、水しぶきの描写と白樺林の異界感が際立ち、既に作家としてのスタイルが確立されていることが伺える。

とは言え、難解でない理由は故…

>>続きを読む
ねね

ねねの感想・評価

3.3

冷戦下のソ連の国策会社モスフィルムのスタジオ内のセットで撮影されたのでしょう。戦争映画なんですが手法は非常に自由でその後世界の巨匠となる道を歩む土台になるものだとわかります。タルコフスキーの他の作品…

>>続きを読む

若い頃自分にはまだ早いと、見逃してきたタルコフスキー監督作品。
ようやく鑑賞できた

つらすぎた…
戦争で母や友だちとの優しい日々を奪われた少年の運命。
その辛さは、私たちにはわかる術もない。
孤児…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事