イルカの日の作品情報・感想・評価

「イルカの日」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

2.0

1973年の作品。

イルカに人間の言葉を理解させるべく研究を重ねていた海洋動物学者。その成果が見え始めた時、イルカを利用して大統領暗殺を企てるという陰謀が動き出していた……(T-SITEより)

そもそも人間の言葉を“理解させる”発想が気持ち悪い。
昔観てたら違うと思うけど。

会話できたら…
イルカとなにをはなすかな



バンドウイルカすき❤️

伊豆でいたずらイルカにお尻ペンされたっけ

おばあちゃんになるまでに
うみでイルカと🐬心ゆくまで泳ぎたい
子供の時にテレビで観て以来、久々に観たら大傑作だった!イルカが喋るSFというのは話題になったが、イルカを暗殺に利用しようとする醜い人間と純粋なイルカを対比する事によって鋭い文明批判になっている。イルカの名演技と撮影が凄く、本当にイルカが喋ってる様に見える。「人間ない事言う」人間が嘘つくとイルカがいうのが悲しい。ジョージCスコットやボールソルビーノがいい。音楽が素晴らしいがトリュフォー映画で有名なジョルジュドルリュー。
KNaraki

KNarakiの感想・評価

3.7
調教された賢いイルカが暗殺計画の陰謀に巻き込まれる変な映画。撮ったやつ誰だよ……と思ったら「卒業」の監督でなんか納得。あの映画、名作とか言われてるけどマジでトチ狂った映画ですよね
ファ- とはいえグッときました
何なんだーこの変な映画は!基本的に変な映画は変な映画なりにそこそこ楽しめる方なんやけど、これはちょっとキツかった💧めちゃめちゃ長く感じた。まず前半、イルカに人間のことばを教えようとしてるおっさんの研究が延々と描かれていく。生まれた直後に人間としか触れ合わない研究施設に隔離されたファーという名のイルカは、おっさんと奥さんの調教により、ちょっとずつ人間の言葉を話せるようになっていくんやけど、さらなる能力開発のためビーというメスイルカを入れてみたら、そいつらだけでイルカ語を通してコミュ取り始めたもんだから、逆に英語を話さなくなってしまった。と言うわけで、怒れるおっさんは2人を隔離、するとファーは寂しくなって暴れまわった挙句、ようやくふたたび人間語を話し始めて、ビーと再会。何かえぇ感じの話のように描いてあるが、何たる人間の傲慢!と思うスキも与えないくらい、まったりした展開なので、眠くて眠くて感覚麻痺。そうこうしてたら、その研究に資金援助してる組織の人々が絡んで来て、そいつらがあるとんでもない陰謀のために、イルカの研究成果を狙っている、というサスペンスちっくな展開になっていく。しかーし! 眠いのもあったかもやけど、どれがだれでどの名前がどいつなのか興味を失ってしまうくらい緊張感のないモタモタした展開で、しかも、え? それは何が何でもありえなくね?っていうくだらない陰謀…。わざわざそんな成功するのやらしないのやらまったく見通しのたたないことに資金援助し続ける意味がわからない。で、まぁ最後の辺は、イルカくんたちとヒューマンとのやりとりに涙を誘われたりするべきなのかもしれないが、どっちの側にもまったく感情移入できないため、大変どうでもよい感じで、苦痛の鑑賞時間でした。ただ、普段から動物に対してほぼ何の感情もわかない私に問題がある可能性が大きいですね。まぁ眠かったのもあるし。イルカたちがラブリーなのはわかるけどねぇ。映像とか演出が特に心に刺さらず、音楽も言われてるほどじゃなかったよーな…。すんません、もう一回見てみるべきなのかもしれません。そしたらすげぇ傑作だった!って言ってるかもしれん笑 んー。どうかなー。わからんなー。
夏ですね~23

動物ミステリー映画の秀作☆

本国上映から44年経つのですね~
私が観たのは確か37~8年前。
本作を観ると、近い将来間違いなく人間はイルカとの会話が可能になるのだろうと思わせるような非常にに説得力のある作品でした(今観たらどうかは謎ですが…)。
しかし未だに、公式には(どこかで実現されているのでは…と期待している私がいます(笑))実現されていないようですね。

人間と会話を交わせるようになったイルカを暗殺の武器として利用しようとするとんでもない内容なのですが、調教されたのであろうイルカ君がハンパなく可愛い!
このレビューを書く前に、イルカを飼う(飼えないという法律はないようです)としたらどのくらいの金額がかかるのだろうと調べてみたところ…
調べた私は宇宙一バカではないかと反省するほどの超高額な個体価格に超高額な維持費(特大プール・循環装置・エサ代など)でした^_^;

「不思議惑星キン・ザ・ザ」鑑賞後、大抵の方が一度は真似したくなる【クー!】という言葉がありますが、本作鑑賞後には【ファ~】('◇')と言ってみたくなるでしょう♪
因みに私は、妹と一緒に観ながらファ~ファ~言ってました☆彡
あの方

あの方の感想・評価

3.7
人間の自然に対する愚かしさとか、全体的に良くも悪くも手塚治虫っぽかった

イルカが言葉を話したり機転がききすぎたりとファンタジー色は強いのに、一方で妙なリアリティもあって不思議な印象

ただ前半で話がこの先どう転ぶかと期待していた割に、後半がただの陰謀ものに小さくまとまってしまったのは残念
たかぱ

たかぱの感想・評価

4.0
前半ちょっとのんびりしすぎなように感じたけれど後半の展開は勢いがあったのでのめりこめた。
そしてとてつもなくイルカがかわいい。本当にかわいい。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.4
イルカに言葉を教える研究をしている、学者のジェイク。
言葉を覚えた2頭のイルカと共に、大統領暗殺の陰謀に巻き込まれていく…。

かなりのスロースターターで序盤は話の起伏が少ないものの、どうなるのか全く読めない展開に徐々に引き込まれた。
イルカとの絆と、「人間 よくない」という嫌な現実のバランスが悲しい。
動物もののアメリカンニューシネマは初めてでした。
アメリカンニューシネマを重視して観ようと思っていましたが、イルカが可愛くて🐬🐬
最後は胸がぎゅっとなる映画でした。
>|