尻啖え孫市(しりくらえまごいち)の作品情報・感想・評価

『尻啖え孫市(しりくらえまごいち)』に投稿された感想・評価

AONI

AONIの感想・評価

3.0
伝説的スナイパーは足フェチだった!? 大映時代劇にもかかわらず、錦之助&賀津雄の兄弟がメインを張ってるのが驚き。

「もとは雷蔵のための企画」「錦之助×勝新の夢の競演」とか言われたら、そりゃ観ないわけにはいかないでしょう。ということで。これは、これは。んもう、大映にとってはモツレク(Mozart/Requiem)…

>>続きを読む
Jimmy

Jimmyの感想・評価

2.5

司馬遼太郎の原作は傑作であるが、この映画は「原作を端折り過ぎ」と「無理のある改変」によって原作の足元にも及ばない残念な作品である。

キャスティングも、小みち=栗原小巻はグッドであるが、そもそもの雑…

>>続きを読む

戦国時代の雑賀衆の頭目孫市を主人公にした時代劇作品

まず内容どうこうよりも関心があったのが中村錦之助と勝新太郎の共演!!
なんか昔「待ち伏せ」っていう4大スター出演作見たことあるけど(内容は覚えて…

>>続きを読む

だから日本映画は面白い!って言ってんじゃないスか! 三隅研次「尻啖え孫市(しりくらえまごいち) 」

合戦ものとしては黒澤ならぬクロサワの「影武者」よりもはるかに作家的余裕があります。

中村錦之助…

>>続きを読む

☆☆☆★★

東映時代劇の大スター中村錦之助と、大映時代劇の大スター勝新太郎夢の組み合わせ。

天才的な戦術を誇るが、豪放磊落にしてへそ曲がり。鉄砲隊長の雑賀孫市に中村錦之助。
織田信長には勝新太郎…

>>続きを読む

戦と酒と女が大好きで束縛が嫌い…普段なら勝新が演じそうな孫市役だが、錦之助もかなりハマっている。
勝新が信長を演じているのもビジュアル自体は迫力満点だ。ただ「人格ある悪党」というよりは「単なる権力者…

>>続きを読む
アノ

アノの感想・評価

2.5
特に目を見張るシーンもなく(茶室で加乃と見合う場面の画面くらい?)、三隅にしては凡作の部類。
中村錦之介の豪放磊落ぶりは大変気持ちが良い。

三隅作品といえば女性の手や脚への執着だが、ここでは主人公の人物像のレベルにそうしたフェティシズムが取り入られているのがおもしろい。
しかし映画自体は芳しくない出来。前半は寄りすぎたカメラが画面の活気…

>>続きを読む

織田信長(勝新太郎)とその家臣木下藤吉郎(中村嘉葎雄)が、鉄砲使いの名手にして暴れん坊の豪傑雑賀孫市(中村錦之助)を味方に引き入れるため、彼が京都を通りがかった際に一目惚れしたという女の偽物を用意し…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事