ミッドナイト・イン・パリの作品情報・感想・評価・動画配信

ミッドナイト・イン・パリ2011年製作の映画)

Midnight in Paris

上映日:2012年05月26日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

「ミッドナイト・イン・パリ」に投稿された感想・評価

kuma

kumaの感想・評価

4.4
お洒落なタイムスリップ映画

あらすじ----------------
売れっ子脚本家のギルは、作家への夢も捨て切れずにいた。1920年代の黄金期のパリに憧れていたギルは、夜のパリで不思議な体験をする。
------------------------

・とにかくパリに行きたくなるぐらい綺麗な風景の数々。今、自由に海外へ行けない時代だからこそ観てると心がキュッとした。

・最初は何も思わなかったけど、だんだん観ていくうちに、ギルが今までずっと周りに合わせ、我慢してたのが分かってきてちょっと切なくなった。

・タイムスリップの仕方がお洒落過ぎない...?

ラストのギルの名言とても心に染みた...!キャストも豪華だし、ストーリーも良いし、最後の展開も意外で面白かった!(オーウェンあなた本当に『ロキ』に出てた人と同じなの?)

------------------------

・字幕で鑑賞
・監督:ウディ・アレン(代表作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』『アニー・ホール』)
音楽とパリの風景がとにかく素敵。惜しむらくは、映画に登場する著名人に対する知識が自分に全然足りてない所。勉強して再チャレンジしたい。

オーウェン・ウィルソンの喋り方や、表情の演技がとても好みなのがわかった。著名人に出会ってアニメみたいな驚き方をする表情がすごいツボ。

シンプルにタイムループものとして見ても面白い。時代を超えて恋をするなんて素敵。
ID

IDの感想・評価

3.8
主人公の暢気な感じがパリに合ってた。
あんなにみんなを惚れさせるパリに自分も行ってみたいと思った。
その時の思いつきでパリに住めるくらいの財力を持ちます。
はやま

はやまの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

フランスの芸術家達に知識があればもっともっと楽しめたんやろうな ヘミングウェイとダリとドガしか知らんかった しかしこの婚約者の女はなんなん 映画冒頭1秒目の会話から最後に至るまでずっとずっと否定しかせん あげく浮気逆ギレイカレ扱い とはいえ主人公も浮気したんでもうどうしようもない 雰囲気と画面の色はめっっちゃ良かったけど、それ以外は好きくない。ヘミングウェイ役の人の顔だけ一時間半見てたい
ほみー

ほみーの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

どれもこれも最高案件🌛🌃🧳🎨🎩
今まで見ようとしてこなかったのが悔い!
ゴーギャン、ロートレック、ピカソ、ダリ、ドガ、、巨匠達と夜な夜な巡り会うこんなSFロマンティック・タイムスリップコメディだって聞いてない!好きだ〜🎭
中盤からアール・ヌーボー、デコの時代に憧れ持つギルと語り合えそうJanっていうテンションでしか見てないから一周回って楽しい。
どの時代の人間もどこかしら懐古主義で、
何時の人間にしてもウィーラブパリなのに変わりないのはわかった。パリ行きたい〜!
ズキ

ズキの感想・評価

4.3
夢の中にいるような感覚だった。
派手な展開はないけれど、会話が面白くて最後まで飽きずに見れた。
しずえ

しずえの感想・評価

4.5
西洋の美術とか歴史詳しくないけどめっちゃ面白かった!雨の日に観たいかも
hanaco

hanacoの感想・評価

3.5
この2人の関係がちょっと意味わからなくて好きではなかった気がする
雰囲気はいい

このレビューはネタバレを含みます

ダリの存在感w
あとルイス・ブニュエルさんの困惑♡え、この物語の世界線では1920年から'62年に至るまでブニュエルさんは40年間客間から客が帰れないことを考えまくっていたの????


ピカソさん…………。(><)
Fstereo

Fstereoの感想・評価

3.5
パリの風街並みが素敵。街並みそのものが一つの芸術作品。それだけで見る価値がある。

黄金時代思考という言葉が心に強く刺さった。この映画で最も伝えたいメッセージもこの言葉だろう。

1920年代に憧れる主人公が1920年代にタイムスリップし、その1920年代の人々もベルエポックに憧れている。

過去は学ぶものであって憧れるものではないことを知らされた。
>|