8 1/2の作品情報・感想・評価

「8 1/2」に投稿された感想・評価

kokimitani

kokimitaniの感想・評価

3.7
一度レンタルしたものの観きれず
最初の渋滞のシーンがとても印象的
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.2
最後まで見通せず。教養として、という意識抜きではなかなか観ようという気は起きないのではないか。スランプという普遍的なテーマと夢と現実が入り交じる映像表現は一見の価値はあるかもしれないが、似たような作品は多くあり、また、現代人は現代の監督がつくる同じテーマ、似たような映像表現の作品の方がすっと入り込めると思う。
nawy

nawyの感想・評価

3.8
スランプに陥った映画監督が周囲のプレッシャーなどによりパニックになり、崩壊していく様子が印象的だった。
直緒

直緒の感想・評価

3.9
正直に申し上げますと、途中まで何が何だかわからず周回遅れで映画に付いていってる感じでしたが、途中からきっとこういうことなんだろうなと漠然と感じながら観ていたら気持ちよくなってきて、ラストいえーいって感じでした。見返すのが楽しみ

またもう一度みようと思う映画でした。

コメンタリー?が付属していて、フェリーニがあれこれ語っているのを聞くと、ヨーロッパの文化の厚みを感じます。あと単純に面白いですおすすめです
ayumi

ayumiの感想・評価

4.0
映画ファン必見とか、あの映画のあのシーンでオマージュされてるとか、、観るのにハードル高い作品だと思っていたのですがやっとGYAOにて初鑑賞。

とりあえず監督もひとりの人間だし色々大変よね、自己欺瞞、女性遍歴、、

2時間を越えた辺りの監督へ記者からの質問「自分の人生に他人が興味を持つと?何も言う事がないと認めては?」
「彼には話すことがないのよ!」
今で言うセルフツッコミというか、ここまでさらけ出すってすごい。そしてラストは人生賛歌に思えたのですが、どうなんでしょう。一度観ただけでは良さが味わえないような気もします。
ただ、こんなダメな自分でもいいのかなって少し楽になりました、私にとってはそんな映画。

混乱、矛盾こそが自分
「人生はお祭りだ。一緒に楽しもう」
ダンスシーンの振り付けがパルプフィクションの振り付けに影響を与えているそうです…。
個人的には、それを踊る女の人がミアにそっくりだなと思いました笑

「幸福とは誰も傷つけず真実を言うことだ。」というセリフ印象的。
sawak

sawakの感想・評価

3.5
「孤独」を静寂ではなく喧騒の中で描こうという試みが既に意義深い。

加速度的に面白くなって、ラストはもう究極の大団円!って感じ。
★★★★★it was amazing
『8 1/2』 フェデリコ・フェリーニ監督
Otto e mezzo

クランクインでフェリーニがテープに書いてカメラに貼った
”Ricordati che è un film comico”
喜劇だということを忘れるな

現在、過去、ファンタジーを絡ませた
シニカルな、ちょっとブラックな笑い

アート映画の目線で観ちゃうと”なんだこれ”になる
コメディ目線で観ると、ストーリー&全てのシーン
が微妙にずらしたネタになってニヤニヤ
マルチェロ・マストロヤンニ( as 女好きなスランプの映画監督)
のシリアスな芝居自体がおかしくなる

初見は”なんだこれ”だったけど
ウディ・アレンの映画のように観ると
スルーしてたシーン、セリフがボケに変わって
イケてる喜劇に大化けした
難しいようで分かりやすい映画だと僕は思った。
君はどう思った?
傑作である。
できないことはやらない。

50にもなる大人が、こんな状態で人に迷惑ばかりかけて、あのラストとは、、
想像できたけど、私はそういう人は、、、なので、この映画、本当に長かったですorz
>|