アルフィーの作品情報・感想・評価・動画配信

「アルフィー」に投稿された感想・評価

★爽やかクズチャラ男のアルフィーが、そろそろ潮時かな〜切るかな〜と思っていた女の子を妊娠させてしまう。結婚したくない。どうする?

#胸糞悪い話ではあるんだけど、アルフィーの悪びれなさが天下一なので、馬鹿だなあアルフィーはの感じで見守ってしまう

#この観客に向かってアルフィーが語りかけてくる演出、とても良い。ぱっぱと切り替わるハイテンポさも当時はめちゃくちゃアバンギャルドだったはず。

#「俺の名前は」「アルフィー!」題字、のところ洒落てるよね

#「俺なんてしょっちゅうチョロまかしてる」笑う

#アルフィーのクズぶり!

#病気かも?となったらめちゃくちゃビビり出すアルフィーの人間臭さよ

#この女医さんの何となく色っぽい目のやり方をする感じ、好きだ(笑)

#アルフィーが萎える度に、そこで萎える理由は何となく理解できるところが嫌だわ

#アルフィー役の俳優さん、どこかで見たことがあるイケメン……と思ったら、バットマンのアルフレッドだ!うわ〜〜〜!!となった

#アルフィーの避妊失敗回数の多さに笑った。お馬鹿さん

#みんなそれぞれに幸せになっていて、自分がしてきたような方法で最後はフラれるの、スカッとする

#お馬鹿さんだな〜アルフィーは
mei

meiの感想・評価

-
ノーランお気に入り爺マイケルケインが若い頃にプレイボーイをやってる映画。
マイケルケインは魅力的だが、アルフィーはクソ野郎。
Nishiumi

Nishiumiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

独身女、熟女、人妻、家出少女に看護婦と手当たり次第の色事師。結局誰にも相手にされなくなり哀れな末路。でも寂しい女性には必要悪なのかも。
kassy

kassyの感想・評価

2.8
勝手気ままに女性をたぶらかす男のドラマ。あまりにも身勝手な素行にへき易してきます。あまりにも最低な人間だなと。人生そう上手くいかないと思います。
maro

maroの感想・評価

3.5
マイケル・ケインが若い。昔からダンディーだったことを再確認。
ストーリーはなかなかにシュールでしたが、たまに出てくる凝ったカメラワークが印象的でした。
Ken

Kenの感想・評価

4.5
考え方がさいていなプレイボーイ、アルフィーが自身のイケイケ時代から翳りが差すまでをデッドプールチックに紹介してくれる作品でした。
人生で大事な物は何か
ネアカのアルフィー、闇深そう
マルコムが幸せそうでよかった!
あのお父さん人格者だわ。
B

Bの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

有名な名曲なんでしょう、そしてアーティストのTHE ALFEEの語源なんだそうですが、このしっとりした名曲に全くそぐわない人間的に厚みも何もない胸糞男アルフィーの話。

容姿スマートなマイケル・ケインが演じているのでなんか軽快でおしゃれ?な映画になってはいるけど。。。
お金無さそうだし、定職にも付かず、めちゃくちゃ性格悪いし何が魅力的なのか??顔?
他の方の口コミ同様不快感が半端ない嫌な奴。
でも、そんなアルフィーに絆されちゃう女が次から次へといるから成り立っていくストーリーなわけだから、女も女なんだろうね。

パッとしない人妻で中絶しちゃったあの女性にだけは全く同情は出来なかった。
あれは馬鹿な女の自業自得。
アルフィーは最後には金持ちで、煽情的なルビィに若くないという理由で振られてジ・エンド。
綺麗に描きすぎてない点とアルフィーが最後衰退して終わった点でまあまあ楽しめた映画。
mikanmcs

mikanmcsの感想・評価

3.0
先日、マイケル・ケインの書いた人生指南書「我が人生」を読みました。著名人との交流エピソードが綺羅星のようなものばかりですし、率直な物言いに好感が持て、本はとても面白かったです。ご興味あれば、ぜひ。ちなみにマイケル・ケインは「作品を選ばない」人で、ゆえに名作も駄作もたくさんありますが、選ばない理由は「どんな作品にも何か良い点はある」「声がかかる限り、何にでも挑戦する」という人生へのポジティブな姿勢にあるそうです。労働者階級の出身で役者として売れるまですごく苦労したので「事前にセリフを完璧に覚える」「時間に決して遅れない」などの「規律」を己に課す偉大な常識人であり、完璧なプロフェッショナルです。(ちなみに「サー」マイケル・ケイン=爵位をお持ちです)

でマイケル・ケインの出世作である本作。バート・バカラックのタイトル曲はもちろん知ってましたが、本作をきちんとみたのは今回が初でした。時代は1966年=スウィンギン・ロンドンの真っ只中で、手当たり次第に女性に手を出す労働者階級の自己中プレイボーイ アルフィーのお話です。マイケル・ケインは若くてスリムで一張羅っぽいスーツが決まってます。

映画が始まるといきなり「第4の壁」を超えてアルフィーが観客に語りかけてきます。「ALFEE」というタイトルが出ますが、「これ以上ダルいオープニングはないから安心して!」というところなど、監督のルイス・ギルバートのフレッシュな感性を感じます。

なので映画はコメディ・タッチの軽いものかな~と思っていたら、冒頭から彼女に妊娠させた子供を見捨てるわ、女医や人妻や金持ち女に手を出しまくるわ、「メシ食わせろ」など男性至上主義で言いたい放題、最後には自分の部屋で人妻に堕胎させる、と「地獄めぐり」の様相です。笑いどころがないので、アルフィーが単なる自己中にしか見えず、今の目で見ると、かなり胸糞悪いですね。

ただ、アルフィーが代表する若者像って、60年代というより50年代の「怒れる若者たち」のイメージのように思いました。「大英帝国の閉鎖的な階級社会に反発し、週末の楽しみに生きがいを見出す労働者階級の若者たち」のイメージです(例えばアラン・シリトー「土曜の夜と日曜の朝」の主人公もアルフィーのように、人妻に手を出しますね。)アルフィーはあれこれ経験して最後に「俺も少しは真面目にやらんと。。」と反省しますけど、60年代中頃のスウィンギン・ロンドンだったら女性側の意識も変わっているでしょうし、(まだヒッピーはいないけど)ピルもフリーセックスもアリ、でしょう。アルフィーも反省なんか、多分しないのではないかなあ。ファッションや車などの風俗は新しくても、主人公の心情や行動は当時でも一昔前の感じではなかったかなあ、と思うのですがどうなんでしょうか。まあ一般観客の反発を恐れて脚本としては最後はモラルに着地した、ということかもしれませんけれど、反省などしないほうが振り切ってて新しかったのでは?と思いました。

(ちなみに冒頭の本で読んだのですが、マイケル・ケインさんは22歳で仲間の女優と結婚して子供が出来たのですが、仕事がなく貧乏で育てることが出来ず、妻の田舎の両親に預けて育ててもらい、そのことを本当に後悔しているそうです。アルフィーの冒頭の妊娠エピソードは実は彼自身の体験でもあったのですね。。ただし「私がアルフィーと似ているのはコックニー訛りで女性が好き、という点だけで、それ以外は私はアルフィーとは全く違った人間だ」と仰っています)
ダオ

ダオの感想・評価

3.8
1967年にイギリス・アメリカでつくられたルイス・ギルバート監督作品。女たらしのイケメソ・アルフィーが行きつく先は……。

若かりしマイケル・ケインったらジョン・レノンに似てますね。あれ? ダメ? ってコメディっていう体裁ではありまするが、なんとも虚しいお話ですね。冒頭と最後に出てくる野良犬が象徴的。

ソニー・ロリンズの音楽があまりにかっこいいので星2個プラス。日本のアルフィーはここからとったのでしょうかね。
>|

あなたにおすすめの記事