シーズ・ソー・ラヴリーの作品情報・感想・評価

「シーズ・ソー・ラヴリー」に投稿された感想・評価

TAKUMA

TAKUMAの感想・評価

3.5
ショーンペンがすごい。
ぶっ飛んでるくらいの方が愛情が大きいということか。
個人的にはこのショーンペンが最も好きかも。ミルクのような演技派的な役もいいですが、どうしようもないクズをやらせるとホントに最高。
公開当時に劇場で観てるが、いまだに分からない。人生のようだ。
EBi

EBiの感想・評価

4.0
これは、知らず知らずのうちに、ショーンペン演じる破滅的な生き様の主人公が、近しい人に向けてスッと言い放つ強烈に愛が込められた台詞から、インスパイアされて、話が出来たのかもしれないと思うほどだった。観た人が その時に一番大切な人のことを いつのまにか想起させられる、という点で、素晴らしく優れた作品。
yukko

yukkoの感想・評価

3.4
ストーリーが大好物!
もしもこんな事態になったらってお題で酒の肴にもってこいなお話しだよね♪
Shizka

Shizkaの感想・評価

3.5
ほう、と感心する役振り。淡々と流れる時間なのに、ストーリーは過激で結末も気に入った!
超豪華キャスト。

こんなにコメディ寄りだったとは。

もっと続き見せて!
最高にぶっ飛んでる。ずっと暗いのに最後ドタバタするのも好き。
nanako

nanakoの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ショーン・ペン主演。
トラボルタも出ているので見ましたが、あまり感情移入できませんでした。あんまり好きじゃないかも…

ショーン・ペンはかなり危ない危うい男ですね。でもそんなに格好良くない!これで格好良かったらもうちょっとわかる気がします(話の言わんとする所が)。そんなロマンスに何もかも捨てて飛び込んで行きたい!って言うのかなぁ。一種の惰性に飽きた破壊願望のようなものですね。

ちょっとおもしろい演出もあって最後まで見ましたが、私の好みではないようです。
年数が経ってからまた見て見たいと思います。
●'98 3/21〜6/12単館公開
配給: アスミック
提供: アスミック/テレビ東京
ワイド(2.35Research/シネスコ) DOLBY DIGITAL
国内: DOLBY DIGITAL
6/11 12:00〜 シネマライズBFにて観賞
フィルム上映
パンフ購入