ミニー&モスコウィッツの作品情報・感想・評価

「ミニー&モスコウィッツ」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.8
「ミニー&モスコウィッツ」

冒頭、地下駐車場で仕事をする男。窓拭き、街を徘徊、バーで見知らぬ男と映画について語る。酒浸りの女、暴力を振るう男、子供、求婚、生活、母親。今、2人の奇妙な愛の物語が始まる…本作はジョン・カサヴェテスによる1971年の米国映画で、この度DVDで初鑑賞したが傑作である。脚本も彼が担当し、主演はカサヴェテスの妻であるジーナ・ローレンズとシーモア・カッセルである。この作品は結婚三部作の珠玉の一編であり、73年には最優秀コメディー脚本賞にノミネートされ、アメリカ脚本家協会からも絶賛を浴びた作品である。

インディペンデント派のカサヴェテスがジーナ・ローランズを主演にした傑作「フェイシズ」に続いて結婚を描いた貴重な一本として有名で、自らも本作に出演している。

さて物語は、駐車場係のモスコウィッツは、男に殴られそうになっているところを救った女性ミニーに一目惚れしてしまう。彼は求婚を繰り返し求めるが、妻のいる恋人と別れたばかりのミニーにはその思いを受け入れようとはしない。


本作の冒頭は、音楽と共にどこかの地下駐車場に車が入り、そこにいる男が車の窓ガラスを拭くシーンから始まる。拭き終わった男は駆け足で違う客の車に乗り、持ち主に返す。カットは変わり、夜の繁華街の露店で何かを見ているシーンに変わる。そして彼は1人でレイトショーで映画を見る。男の名前はモスコウィッツ。彼は近場のバーに行き、そこにいる男と映画の話をしながらホットドックとビールとコーヒーを注文する。

その店にいる男は何も注文しないのでウェイトレスが何か注文してくれと言う。だが金をそこまで持っていなかったため、モスコウィッツが代わりに出す。そして彼はお店を出て行く。残ったその男はウェイトレスとトラブる。続いて、外に出たモスコウィッツが道路を渡る。どこかのレストランへと到着する。知らない客の嫁に対してジンジャーじゃないかといきなり話をかける。どうやら知り合いだと思って勘違いしているようだが、その女は知らないと言う。

そうした中、モスコヴィッツは他の客にも絡み始めて嫌がられる。その中の黒人男性を挑発して、殴られそうになるが何とか回避する。そして違うバーへと行く。そこでもバーのカウンターに座って飲んでいる女性にちょっかいを出し、男たちが現れ彼を店からつまみ出す。翌日、人混みの中1人街をさまようモスコウィッツ。途方も無く歩いては止まりを繰り返す。

続いて、彼の母親の家にバラの花を持って現れる。母親は大喜びしながら彼に抱きつく。そして一緒に食事をしましょうと中に入る。カットは変わり機内の中へ。食事を取らない娘に対して母親が激怒する。その隣にはモスコウィッツの姿がある。彼は黙ってその一部始終を見る。彼はバックスバニーのものまねをしてその場を和ませる。新しい街に到着し、すぐに入居できるかを不動産の人に尋ねる。

カメラはバスから降りる1人のブロンド女性を捉える。彼女の名前はミニー。ミニーと歳のとったフローレンスと言う女性はボガードが出演している映画を見る。そしてフローレンスの家に到着して、酒を飲み引き続き映画の話をする。そして女は酔いながらタクシーを使って帰宅する。家に到着すると電話がかかり、どうやらフローレンスが無事に帰宅したか確認したそうだ。そしてその部屋には1人の男がいる。その男は酒を飲んだミニーに対して怒りながら何度も暴力を振るう。

男は水を用意して酔いが覚めるから飲めと言うが、彼女は逆に男を何度も泣きながら殴り始める。男はよせ、わかったよと言う。そして2人は深刻な話し合いをする。カットは変わり、ミニーとどんくさい眼鏡をかけた男とのデートシーンに変わる。その男は低俗なブロンド女と彼女を罵り、いきなり怒り始める。それを駐車場で見ていたモスコウィッツが彼女を慰める。一旦車に乗って帰ったその男は再度戻ってきてモスコウィッツを殴ろうとするが、彼女が間に入りその隙に男をモスコウィッツがぶん殴る。2人は慌てて車に乗り逃げる。

2人はどこかのカフェテラスで食事をとり、色々と悩み事等の話をする。そうした中、2人は繰り返しデートをする。そして様々なトラブルや葛藤を経て…と簡単に説明するとこんな感じで、ジーナ・ローランズが若くて美しい。アメリカンニューシネマ、キチガイ映画、カサヴェテスらしい映画で、狂った求婚相手を見てるだけで微笑ましくなる。ハッピーエンド好きな方にはお勧めできる。
まーゆ

まーゆの感想・評価

5.0
人生ベスト。中年の心境に沿うかのような往来とUターンの映画。内面と外面の相克をこれほどまでに画面へと提示、接近できた映画はあるだろうか?カサヴェテスの築き上げたひとつの方法論の集大成。だからこそ次作からは壊す作業へと移行する。

おばさんだからと言って年甲斐にもないことを拒否し続けるも結局は寂しさに負け最後には流されちゃうなジーナ・ローランズがクソ可愛い!劇中でも言及されるがジーナ・ローランズはローレン・バコールに確かに似てる。全シーン大好きだがクラブ?の駐車場での一連のシークエンスは最高すぎる。早いとこバズバンズも観なければ、、
zhenli13

zhenli13の感想・評価

3.8
今はなきシネ・アミューズにて
夢物語だね。こんなふうに年甲斐もなく狂ったようにドタンバタンできたら楽しいだろうなー。それを見守るカサヴェテス家の母とローランズ家の母(実)
シーモア・カッセルは天使みたいだ。あ、だから『イン・ザ・スープ』ができたのかな。
https://cinemanokodoku.com/2020/04/25/minnie/

かけがえのないものを失ってしまったのか、それとも最初から何かの欠損を抱えているのか、登場人物達は皆一様にどこか欠けている人々ばかりです。病んでいると言ってしまってもいいくらいに。
と言っても彼らは映画のためにわざわざ選ばれたわけではありません。

彼らは殴られれば血を流し、傷つけば声をあげて泣き、ときには大声で喚き散らし合います。そこからは、映画から飛び出してしまいそうなほど人間臭い一人一人を、極端に情に流されることなく、それでも暖かい眼差しで見つめているカサヴェテスの視線を感じることが出来ます。
彼は知っています。人は誰でも欠損を抱えていて、いつも誰かのことを求めていて、でも出会いがいつも必ず欠損を埋めてくれるわけでなく、人を癒してくれるばかりではないということを。
そして、それでも憧れ続け、求め続ける人に「まるで映画のような」出会いが訪れることもあるということを。

表現者としての彼はそうした感慨に殊更に浸ることをせず、見るものに出来合いの人間ドラマを押し付けることなく、自分の愛する人々を見つめる暖かい眼差しそのままに人々の表情を写し取ろうとしています。
そしてギリギリの方法で観客と自分の接点を見つけ出そうとする真摯な姿勢も併せ持っています。

冒頭のカフェ(バー?)でモスコウィッツに絡む男、ミニーの同僚の孤独な老学芸員、二人が出会った新米の駐車場係。
映画の其処此処に「もう一人のモスコウィッツ」「もう一人のミニー」がさり気なく配置されています。

そして(今ここにいる僕たちのように!)いつも素敵な出会いに憧れてスクリーンを見つめる「ミニーとモスコウィッツ」

「映画はありもしないことを思い込ませる幻想よ!」

ミニーはそう言います。でも彼女にはありもしないことを信じられる力がありました。そしてこの映画には「信じたくなるもの」が確かにありました。
この映画は僕にとって「ミニーとモスコウィッツ」と「もう一人のミニーとモスコウィッツ達」のお話だったのでした。

チャーミングで逞しく、したたかで暖かいモスコウィッツの母親(最高!)と、おずおずとミニーの付添人を努めた老学芸員と、沢山の子供たちに囲まれたミニー。
最後には女性の可愛さと強さに一番の希望を感じさせられました。
00/04/26(水) 23:13
アサギ

アサギの感想・評価

4.4
4度目。
カサヴェテスの映画っていつも始まった瞬間に「あ、わたしはこの映画を好きだ」とわかる。
主演のシーモア・カッセルとジーナ・ローランズによるユーモラスなやり取りが面白い大人のラブストーリー。カサヴェテス監督らしい生々しい演出が随所に溢れ出ている佳作。💐

前作『フェイシズ』と『ハズバンズ』がやや重苦しかったのに比べて、今回は良い意味でラフな一作。人を愛すことや結婚とは何なのだろう?と思わせる深いテーマが根底にある。ほぼ人間関係のみに重点を置くやり方は如何にもカサヴェテスらしいアプローチだな、と思う。

この作品の後『こわれゆく女』で再び重苦しい作風にシフトチェンジするわけだが、こういうアッサリとした雰囲気もまた捨てがたい。💐
2019.5.2
物語の記憶はうっすら。ジーナ・ローランズはこの頃から貫禄がすごいことが分かった。
KaoruS

KaoruSの感想・評価

2.8
わたしにはまだちょっと理解するには早かったのかもしれない、、
あんなにも感情爆発させて、怒りまくったり愛し合ったりできるのが羨ましい。
miyagi

miyagiの感想・評価

4.5
登場人物のほとんどがキチガイ。
まともな奴なんか一人もいない。
でも、案外現実世界もこんなもんかもしれない。
「君とデートをして愛の存在を教えたかった。」
と、どう考えてもモテないおっさんが直角ぐらいの鋭角で突き刺す上から発言には呆れかえるしかない。
でも、人が自分のことをどう見てるか、ということと、自分が自分のことをどう見てるか、は必ずしも一致しないということの裏付けであるようにも感じた。
フェイシズの恋愛特化verとも言える今作でも、感情とセリフの内容が一致しないシーンが多々あったし、でもそれが単にひねくれてるとか素直じゃないのフェーズをとっくに突き破っていて、そこには人間の本質があるのでは。とさえ錯覚してしまう。竹中直人のニコニコしながらキレる芸の逆バージョン。
唯一カサヴェテスがヒントとして落としてしまったセリフが、
「生きるのは厄介だ。言葉が通じても気持ちが通じない。」これに尽きる。
ミニー&モスコウィッツの二人に関しては"言葉は通じないけど気持ちが通じた"のだと思う。

歩道のトラックでの暴走、駐車場でのダンスシーンなど、ぶっ飛んでるようでこの二人なら当たり前に起こりうるだろうと思わせるシーンに仕上がってるのが奇跡。
このカップルは互いに罵り合い、かと思えばいきなり情動にかられて愛を告白し合う。カサヴェテスは愛し合う姿も喧嘩する姿も同じシーンの中で繰り返し、観客に相反するはずの罵声と愛の告白を同じものとして示す。
故にカサヴェテスの登場人物たちはいかに自分が相手を思っているかをひたすらに叫び、言葉で伝わらないなら逆立ちをするし壁に向かって頭をぶつける。
ラストに自分の両親に4日前に出会ったばかりの相手の魅力を説得する言葉も何も持ち合わせてはいない。
別に相手の男が誰だって構わない。
サングラスを外し、駐車場でラジオから流れるBGMに合わせてダンスを踊り、階段を共に登ること。見ている世界を共有するだけで、あとはたまたま居合わせている。
特別なことなんてハナから存在しないと宣言してるかのようだ。
>|